猫にできものが出来た際に注意すべき3種類のガン

猫にできものが出来た際に注意すべき3種類のガン

愛猫の体にポッコリとできものが!それがニキビやイボならば、きちんと対処すれば、大変な事態になることはあまりないでしょう。しかし、猫のできものの中には、ガンなどの怖い病気が隠れていることもあるんです。ここでは、ガンの可能性のある3種類のできものを解説していきます。

726view

猫の顔のできもの 「扁平上皮ガン」に注意

目を閉じる猫の顔

猫の目元や鼻すじ、そして口内のできものは、「扁平上皮ガンの可能性がある」の可能性が有ります。

初期の扁平上皮ガンは、猫の目の周りや鼻すじの脱毛やカサつき、小さなできものやカサブタができるなど、他の病気とまぎらわしい症状が出ます。そのため、「外でケンカでもしてケガしたのかな」「皮膚が荒れているな」と思って様子を見る飼い主さ:んも多いようです。

もしも、軽いケガや皮膚の炎症であれば、そのまま治まってしまうこともあります。しかし扁平上皮ガンの場合は、治るどころか段々と症状が悪化していきます。ひどくなると、ただれて潰瘍の状態になったり、膿を持って出血したりすることがあります。

猫の口の中に発生すると、膿や血混じりのよだれが出ることや、できものが邪魔をして、ご飯が食べにくくなってしまうことも。

扁平上皮ガンは、猫が長時間日光(紫外線)に当たっていると発症しやすくなります。毛の薄い(少ない)猫や、紫外線を防いでくれるメラニン色素に乏しい白い猫、毛に白い部分のある猫は特に注意が必要です。しかし、被毛が真っ黒の猫でも発病するリスクはありますので、油断は禁物!

8才~9才以降にかかりやすくなる病気ではありますが、小さな頃から紫外線に当たる時間が長くならないように、気をつけてあげましょう。

猫の頭と内臓のできもの 「肥満細胞腫」に注意

レントゲンを見る医師

猫の頭や内臓に発生したできものは、肥満細胞腫の可能性があります。

肥満細胞の役割は、アレルギー症状を起こすヒスタミンを発生させ、体にとって有害な物質を追い出すこと。もともと体内に存在していて、猫たちの体を守ってくれています。この肥満細胞がガン化すると、肥満細胞腫と呼ばれます。その病名から、おデブな猫さんがかかりやすい病気だと誤解されがちですが、発病のしやすさに猫の体形は関係ありません

肥満細胞腫の危険度は、できものができた部位によって、大きく異なります。

【頭、首などの皮膚にできる】危険度低

頭頂部にポツリとできものがある場合や、耳の周り、首周辺、足などの皮膚に発生したできものの場合、良性であるケースが多いです。

皮膚型の肥満細胞腫は、できものの状態に目立った規則性はなく、きれいな丸形のものから潰瘍状のものまでさまざまです。できものの数も、1つだけポツンとできることもあれば、全身の皮膚のさまざまなところに多発することもあります。

皮膚のできものといえば、脂肪や角質化が原因のものも多いです。目で見ただけでは、肥満細胞腫とその他のできものの区別をつけることは難しいでしょう。また、良性の「可能性が高いだけ」であって、必ずしも良性だとは限りません。気になる症状があった時には、一度獣医さんに相談することをおすすめします。

【腸や肝臓、脾臓などの内臓にできる】危険度高

肥満細胞腫が内臓にできた場合は、悪性のことが多く、転移のリスクも高いです。

皮膚と違って、内臓に発生したできものは、目視では確認できません。しかし、手で触ることによって、確認できることがあります。

お腹の中にできもの(しこり)を感じるのと並行して、次のような症状が見られる場合は、動物病院に行きましょう。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 体重減少
  • 活動量の低下
  • 発熱
  • 血便

できものの発生部位により、症状は異なります。

8才から10才くらいの猫に発生することが多い病気です。シャム猫の場合は、若くして内臓型の肥満細胞腫ができることも多く、発生確率も高めというデータもあります。

猫の乳房周辺のできもの 「乳ガン」に注意

授乳する母猫

乳腺のできもの、いわゆる乳腺腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。猫に乳腺のできものが発生した場合は、8割ほどが悪性、すなわち乳ガンだと言われています。これはかなり高い確率であると言えるでしょう。悪性のケースでは、肺などへの転移も頻繁に確認されています。

乳ガンの猫が増えてくる年齢、10才前後からはメス猫に特に注意してあげましょう。乳腺腫瘍も、シャム猫の場合は、もう少し若いうちから発生する可能性があります。

できもの(しこり)は乳房の周りだけでなく、猫の脇の下あたりから足のつけ根付近にかけても発生することがあります。広範囲をチェックすることを心がけましょう。

できものが大きくなるにつれ、猫が気にして自分で舐めることが増えます。ですが、仮にガンだとすれば早期発見、早期治療が大切。できれば、できものが小さいうちに発見してあげたいですよね。

まとめ

猫をなでながら体をチェック

ガンの可能性のある猫のできものを見てきました。当然のことですが、ガンは腫瘍が小さいうちに治療を始めたほうが、予後は良好です。治療開始が遅れれば遅れるほど、治療期間も長くなりますし、猫の体にも負担がかかってしまいます。愛猫とのスキンシップを兼ねて、撫でたりブラッシングをしたりしながら、できものができていないか、こまめに確認してあげましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード