猫がげっぷをするけど大丈夫?病気の兆候とは?

猫がげっぷをするけど大丈夫?病気の兆候とは?

猫もげっぷをするって知っていましたか?「クフー」と小さく息を吐き出すような感じですが、どんなときにげっぷが出るのでしょう?病気の可能性は?猫が頻繁にげっぷをするときには、危険な病気が潜んでいる可能性があります。ここでは、猫のげっぷについてまとめました。

300view

猫のげっぷはどうして出るの?

キャットフードを食べる猫

猫は食べ物を丸飲みすることが多いので、そのときに空気も一緒に飲み込んでしまうことがあります。そのため、余分な空気をげっぷとして外に出しているのです。水を飲むのがへたな場合も、空気を飲み込んでしまい、げっぷの原因になることもあります。食事のあとなど、1日1~2回程度のげっぷなら生理現象なので心配ありません

母乳を飲んでいる子猫も、母乳と一緒に空気を飲み込んでしまうので、母猫が子猫の背中をやさしくなめてげっぷを促します。人間の赤ちゃんと同じですね。

猫のげっぷはフードが原因のことも

掌のキャットフードを見つめる猫

毎食後に何度もげっぷをする場合は、フードを見直す必要があるかもしれません。フードに含まれる成分のせいで、胃の中でガスが発生していたり、消化不良を起こしていたりすることがあります。

一度にたくさん食べすぎて消化不良を起こしているようなら、食事の回数を増やして、1回あたりの量を減らしたり、早食い防止の食器を使ったりして、ゆっくり食べられるような工夫をしましょう。

また、フードによるアレルギーの可能性もあります。フードを変えてみて症状が改善するなら、フードが原因と考えていいでしょう。

猫がげっぷをするのは病気の兆候かも

レントゲンを見る獣医

たかがげっぷと、のんきに考えていてはいけないこともあります。げっぷに加えて、ほかの症状もあるなら、病気かもしれません。

胃の異常

頻繁にげっぷをするほか、吐くような仕草を繰り返したり、呼吸が苦しそうだったり、お腹の痛みで触られるのを嫌がったりするなら、胃捻転を起こしている可能性があります。

胃捻転とは、何らかの原因で胃がねじれてしまう病気です。悪化するとショック状態に陥ることもあり、治療が遅れると命の危険もあります。

食道の異常

食道は、食べ物や飲み物が、口から胃へと送られる通り道ですが、ここが狭くなっていたり、食べ物や異物が詰まったりすると、げっぷが出たり、食べたものを吐いたりします。これは手術が必要になることが多いです。

鼻の異常

鼻炎などが原因で鼻が詰まり、慣れない口呼吸をしていると、胃腸に空気が大量にたまってしまって、鼓腸症という病気になることがあります。息苦しそうに頻繁にげっぷをし、お腹がパンパンにふくらんでいることが多いです。放っておくと死に至ることもあります。

まとめ

床に寝そべる猫

猫のげっぷは音も小さいので気づきにくいですが、何度もげっぷをしていたら異常に気づくと思います。猫の様子を日頃からよく見ておいて、少しでもおかしいなと感じたら、すぐに動物病院で診てもらってくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード