猫がげっぷをする理由と病気の兆候

猫がげっぷをする理由と病気の兆候

猫もげっぷをするって知っていましたか?「クフー」と小さく息を吐き出すような感じですが、どんなときにげっぷが出るのでしょう?病気の可能性は?猫が頻繁にげっぷをするときには、危険な病気が潜んでいる可能性があります。ここでは、猫のげっぷについてまとめました。

550view

猫がげっぷをする理由

キャットフードを食べる猫

猫は食べ物を丸飲みすることが多いので、そのときに空気も一緒に飲み込んでしまうことがあります。そのため、余分な空気をげっぷとして外に出しているのです。水を飲むのがへたな場合も、空気を飲み込んでしまい、げっぷの原因になることもあります。食事のあとなど、1日1~2回程度のげっぷなら生理現象なので心配ありません

母乳を飲んでいる子猫も、母乳と一緒に空気を飲み込んでしまうので、母猫が子猫の背中をやさしくなめてげっぷを促します。人間の赤ちゃんと同じですね。

猫のげっぷの原因

掌のキャットフードを見つめる猫

毎食後に何度もげっぷをする場合は、フードを見直す必要があるかもしれません。フードに含まれる成分のせいで、胃の中でガスが発生していたり、消化不良を起こしていたりすることがあります。

一度にたくさん食べすぎて消化不良を起こしているようなら、食事の回数を増やして、1回あたりの量を減らしたり、早食い防止の食器を使ったりして、ゆっくり食べられるような工夫をしましょう。

また、フードによるアレルギーの可能性もあります。フードを変えてみて症状が改善するなら、フードが原因と考えていいでしょう。

病気の兆候として猫がげっぷする場合もある

レントゲンを見る獣医

たかがげっぷと、のんきに考えていてはいけないこともあります。げっぷに加えて、ほかの症状もあるなら、病気かもしれません。

胃の異常

頻繁にげっぷをするほか、吐くような仕草を繰り返したり、呼吸が苦しそうだったり、お腹の痛みで触られるのを嫌がったりするなら、胃捻転を起こしている可能性があります。

胃捻転とは、何らかの原因で胃がねじれてしまう病気です。悪化するとショック状態に陥ることもあり、治療が遅れると命の危険もあります。

食道の異常

食道は、食べ物や飲み物が、口から胃へと送られる通り道ですが、ここが狭くなっていたり、食べ物や異物が詰まったりすると、げっぷが出たり、食べたものを吐いたりします。これは手術が必要になることが多いです。

鼻の異常

鼻炎などが原因で鼻が詰まり、慣れない口呼吸をしていると、胃腸に空気が大量にたまってしまって、鼓腸症という病気になることがあります。息苦しそうに頻繁にげっぷをし、お腹がパンパンにふくらんでいることが多いです。放っておくと死に至ることもあります。

まとめ

床に寝そべる猫

猫のげっぷは音も小さいので気づきにくいですが、何度もげっぷをしていたら異常に気づくと思います。猫の様子を日頃からよく見ておいて、少しでもおかしいなと感じたら、すぐに動物病院で診てもらってくださいね。

女性 ケロキ

げっぷといっても病気が隠れている可能性があるとは考えたこともありませんでした。確かに猫はフードを丸飲みするので空気も飲んでしまいますね。我が家の猫はごはんを食べた後に水を飲むとげっぷすることがありますが、今のところ食後に1回げっぷするだけなので安心しています。ドライフードでげっぷが出やすい体質や、寄生虫がいるときもげっぷをするそうで、げっぷだけでは体調を判断するのは難しいですが、その後の様子も見ておく必要があると思いました。
母猫が子猫のげっぷを促していることは知りませんでした。やはり猫は愛情深い生き物ですね。子猫のお世話をするときはげっぷのさせ方も覚えないといけませんね。成猫になっても水を飲んだ後にげっぷをさせないと吐いてしまう猫もいるようです。

40代 女性 nekomic

猫は吐いてしまうことも多いですが、げっぷすることも多いですね。

特にフードの内容に気をつけた方が良いということ。
いわゆる安くてあまり質の良くないフードには、かさを増すために、膨張剤やあまり栄養に関係のないものが入っているかも知れないからです。良くないフードにより、消化不良を起こしている可能性もあるということです。

他にも、げっぷをよくする場合、寄生虫がいる可能性も考えられます。室内飼いでも、どこでどのように感染するかもわかりません。

そして食べ物によるアレルギーも怖いですね。ペットフードを食べていてもアレルギーになることはあるので、やはり良いフードを選ぶことはとても大切ですね。

他にも消化器系の病気が考えられる場合もあります。原因はフードでもあり、食べ物以外を飲み込んでしまう誤飲もあり、内臓に疾患があることもあります。

たかがげっぷ、という思いもありますが、普段から気をつけて見ていないと、異常には気付けないものですね。

うちの猫もげっぷをすることがあります。
大抵は食べたあとに、飲み込んだ空気を出すといった感じでげっぷをします。その場合にはまったく心配せず、吐かない限りは、いつものことだと思って見ていました。

気になるのは、食事とまったく関係のない時にげっぷをする時ですね。

まず遊んでいて飛び回り、ふと止まってげっぷをした時。遊びすぎて胃の動いたからかな?と思いますが、その後に吐いたりしないか、気になりますので注意して見ています。

あとは、眠っていてげっぷをする時です。休んでいてげっぷをするので、何か異常があったのではないかと思います。その時もやはり、その後しばらく注意をして様子を見ます。

今まで食事以外の時ばかり気にしていたげっぷですが、食事の後でもあまり回数が多いようなら、やはり獣医さんに診てもらったほうが良さそうですね。

げっぷひとつでも猫の不調の現れなので、気をつけて見ていきたいと思います。

30代 女性 にゃコロ

うちの愛猫はキャットフードを食べる時、勢いよくガツガツ食べる子です。

その反動で吐いてしまう事がちょこちょこあるのですが、
吐く前のサインの1つが「げっぷ」です。
”かふー”と1度ゲップを出した後、ケッケッケ!!!とキャットフードを吐く流れが多いので、家にいる時は注意して様子を見ています。

ガツガツ喰いは、体にも良くないので、キャットフードの切り替えにも挑戦してみたのですが、残念な事に、普段のフード9割、新しいフード1割で食べてくれないので、切り替え様に買ったフードがどんどん積みあがっているのが、悩みの種。

”おじいちゃん猫なので、食べてくれて、吐いても体重維持出来ているなら、良しとしましょうか!”

との獣医さんのお言葉に救われています。

たかがゲップ、と思ってしまいがちですが、重い病気が潜んでいるかも…と知ると、軽く見ていてはいけないのだなーと感じました。

スポンサーリンク

人気のキーワード