子猫を守りたい!子育て中に母猫が引っ越しをする理由

子猫を守りたい!子育て中に母猫が引っ越しをする理由

引っ越しをするのは人間だけではありません。猫も子育てのために引っ越しをします。なぜ引っ越しをするのか、引っ越しの段取りはあるのかなど調べてみると母猫の愛情の深さが見えてきました。

1002view

猫も引っ越しをします

母猫と生後間もない子猫

人間は自立するためや転勤、結婚など様々なライフイベントで引っ越しをすることがありますが、人間だけがするものではありません。猫も引っ越しをします。猫にもいくつかのライフイベントがあり、その一つが出産です。安全な場所を見つけて出産をするのですが、ずっと同じ場所で子育てをすることはなく、何回か引っ越しをしながら子猫を育てていきます。

引っ越す理由

たくさんの子猫にお乳を与える母猫

安全に出産できると判断した場所なら、子育ても安全にできるのではと感じますが、引っ越さなくてはならない理由があるのです。

ニオイの問題

出産時には羊水や血が出ます。母猫は子猫についた羊水や羊膜を舐めてきれいにしてあげますが、どうしても出産の時の血や子猫などのニオイが残ってしまいます。そのニオイを嗅ぎつけて外敵に襲われる可能性があるのです。このニオイの問題で引っ越しは数回行われます。

暑さ、寒さ

子猫は生後2週間から3週間ほどすると体温調整ができるようになりますが、産まれたばかりの時は体温調整をすることができません。そのため、子育てをする場所は温度が重要です。母猫や兄弟猫が側にいると保温ができますが、そうでない場合は体温が下がってしまい命に関わります。子猫にとって暑すぎず寒すぎない場所を求めて引っ越しを行います。

明るさ

猫は外敵から身を守るために狭くて薄暗い場所に入りたがります。子猫を育てるうえでも同じような理由が考えられます。また、明るすぎると子猫が落ち着かないという理由もあります。

狭さ

猫は狭い場所が好きですが子育てを行う場合、狭すぎるのも問題です。授乳をするときは、母猫は横にならなければなりません。子猫の数が多いとさらに体を伸ばさなければ子猫全員がお乳を飲むことができないのです。また、排せつをさせたり、毛づくろいをするにもある程度の広さが必要となります。

狩りのため

子猫が大きくなり離乳が始まると、狩りをしている場所に近いところへ引っ越します。

室内飼育でもします

人の手で包まれる猫

室内で飼育されている猫も出産後に引っ越すことがあります。飼い主が用意した産箱で出産しても2日から3日経つと家の中で引っ越しをする母猫もいるのです。猫はそういうものだという見方もありますが、同居猫や飼い主が気になって子育てに集中できないのが引っ越しをする理由の一つと言われています。飼い主が気が付かない場所に引っ越しをするのは困りますが、なるべく手出しをせずに母猫に任せるという考えもあります。また、事故を防ぐためと、母猫が子育てに専念できるために、一部屋を猫親子専用にしてしまう方法などもあります。いずれにしても、母猫は引っ越しをするものと考えて部屋を片付けておいた方が良いでしょう。

引っ越しの段取りなど

子猫の首をくわえようとする母猫

母猫がウロウロしているときは引っ越し先を探している可能性があります。特に初めて出産した母猫は落ち着かないため、不安から何度も引っ越しをすることが多いようです。もちろん、引っ越しを繰り返して以前に寝床として使っていた場所に戻ってくることもあります。

母猫が引っ越し先を決めると子猫を運び出すのですが、元気で丈夫な子から順番に運ぶという特徴があります。なるべく多くの子猫に生き残ってほしいための行動です。ですが、体の小さな子から運ぶ母猫もいるようです。

まとめ

子猫を運ぶ母猫

生き物にとって出産と子育ては緊張が伴います。産まれたことにほっとしていても、子猫を守るためには安全な寝床を探して引っ越しをしなければならないのです。移動にも危険が伴いますが、子猫のために頻繁に引っ越しをすることもあります。飼い主に見守られながらの子育てでも母猫は子猫のために引っ越しをします。生き物が安全な場所を求めるのは自然なことにも感じますが、理由を見ていくと母猫の愛情を感じるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード