猫よけの効果的な方法とその注意点

猫よけの効果的な方法とその注意点

さまざまな方法で猫よけをしている家は数多く見かけると思います。猫好きな人も多いですが、もちろん猫嫌いな人もいます。ましてや、飼ってもいない猫に毎日、庭や花壇にふん尿をされたらたまったものではないですね。実際、猫のふん尿被害や猫よけ方法に悩む人は多いのです。猫よけに効果的な方法はあるのでしょうか?

559view

猫よけの方法

争う2匹の猫

猫よけの方法の前に、まず猫の習性について知っておきましょう。猫は縄張り意識の強い動物です。ゴハンを食べる場所や寝る場所、そして排泄をする場所などをしっかりと決め、絶対にそこでする!という執着が強いのです。「猫は家に付く」と言われますが、それは紛れもなく猫の縄張り意識の強さを言い表しています。

猫が排泄をする場所は、掘りやすい砂場が多いですが一旦快適な場所を見つけると、そこに猫が嫌がるものを置いても、しつこく排泄をしたり、場合によってはそれ以外の場所でまるで嫌がらせをするかのように、お土産を置いていったりします。

猫の尿は濃縮されているので非常にニオイが強いですし、糞のニオイもかなり強烈です!窓が開けられない位になってしまったら困りますよね?猫よけの方法にはさまざまなやり方が取り上げられていますが、本当に効果的な猫よけの方法とはどんなものなのでしょう?

猫よけで本当に効果的な方法

木壁の前にいる白猫

筆者が調べた限り猫よけの方法として効果的なのは、市販されている猫が嫌がる超音波や光を出す器機を、猫のトイレ場所の近くに設置するのが良いようです。そのような機械は沢山販売されていますが、猫が慣れてしまわないように変則的に超音波などを出すものがベストでしょう。

猫もバカではないので、最初は驚いても単調な動きをする猫よけにはすぐに慣れてしまい、この方法もすぐに効果がなくなります。ネット検索をすると、猫慣れ対策をしている猫よけ機械がいくつかあり、使用方法にもコツがありますので、効果が及ぶ範囲や費用などご自身に合うものを導入してみると良いのではないでしょうか?

飼い猫でもないのになぜ、手間とお金をかけなければいけないのか、と疑問に思うこともあるかもしれません。ですが、しっかりとした機械であれば半永久的に効果が持続することもあるようです。納得いかない部分はあるでしょうが、これも快適な暮らしを守る為です。無駄な投資にならないよう、十分に比較検討して、ベストだと思われる機器を購入されてくださいね!

猫よけのさまざまな方法をまとめて紹介

猫よけ用ペットポトル

猫よけには民間療法的な方法もあります。代表的なものではペットボトルに水を入れたものを置く、コーヒーかすやトゲトゲ、猫よけネットを利用する方法など。ペットボトルやコーヒーかすは、残念ながら効果がないと言われています。トゲトゲは猫により効果があることもありますが、トゲの上にされてしまうケースもあります。猫よけネットも、弱いものだと破かれてしまう可能性が。

市販されている忌避剤や薬品などは、どれも効果は一時的だったり、雨で流れてしまうので継続しての使用が必要だったりします。また、クレゾールや灯油を撒くとある程度の効果は期待できるようですが、人にも臭うのでご近所トラブルに発展した例もあるようです。なかなか難しいですね。

また、防犯用の砂利は敷き詰める広さによってはそれなりに費用と手間がかかりますが、猫よけの方法としてもそこそこ効果が期待できるようです。

猫よけの方法のまとめ

ドアの前にいる猫

愛猫家からすると、猫が人に迷惑がられている、猫よけの方法を知りたがってる人がいるという話を聞くと心が痛みます。飼い猫の場合は、猫が外で用を足さないように飼い主さんが気をつける必要がありますが、野良猫の場合はそうも言っていられません。また、猫よけ方法を駆使して自宅に猫がより付かなくなったという事は、他での被害が起こるということでもあります。地域全体で見れば、猫よけの方法を探るだけでなく、できるだけ野良猫をなくする事が課題なのだと思います。

女性 百日紅

野良猫が来てしまうとうんちやおしっこをして嫌だなと思いますよね。外に野良猫がいると、室内の猫が落ち着かないということがあるので、猫が好きでも追い払わないといけないこともあると思います。猫を飼う前は庭や畑にうんちをされるのが嫌で、私の両親は追い払っていました。追い払う以外では、ツンツンと枝が伸びた枯れ木を、猫がうんちをする場所に置いていました。するとそこではうんちをすることはなくなりましたが、耕したばかりのふわふわした土の上にうんちをしていました。木酢液をまいたこともありますが、2日くらいすると効果がなくなっています。猫除けアイテムはお金がかかるというのが正直な感想ですね。見かけたら追い払うというのを繰り返すと、「ここは安心できない」と覚えてくれるような気がします。

20代 女性 ぱふぇ

野良猫(放し飼い猫も)の糞尿被害や花壇を荒らしたり・・などは社会問題にもなっていますからね。
玄関などに水の入ったペットボトルをズラーっと置いてるお家も見かけますが、当人は猫の被害に悩んでいるんだろうなーと思います。
ペットボトルはあまり効果がないと聞きますが、置いてる家の方は多いですね。

私自身は猫被害で悩まされた経験はありませんが、夜になると猫の鳴き声がうるさいなぁと思う日はあります。
ニヤァァァ!!!とびっくりしてしまう程の鳴き声の時は少し、いや、かなり?迷惑に思うこともあります。
野良猫にはダニやノミなどが付いている場合が多く、お隣の方が野良猫にご飯をあげていたんでマンションの廊下のところに常に数匹か日向ぼっこしてたんです。廊下は私も愛犬も通りますし、そのせいかノミが付いたしまった事がありました(><)
猫は嫌いではないですが、特別に愛猫家でもないですし、迷惑に思ってしまいました。
もし、自宅の庭など猫被害で悩むなら、お金はかかりますが超音波や光などで追い払うのが一番だと思います。
目をつけられてしまうと何度も来るといいますから・・・中には庭で子猫を産んでしまう猫ちゃんもいるそうで、、驚いてしまいますよね。

ボランティアさんが野良猫の去勢や避妊をしたり、保護したりして努力されていますが、去勢や避妊もせず外飼いをしたり、野良猫に餌付けをしたりで野良猫な中々減らないですから、問題はそこなんですよね。
飼い猫と違い、野良猫の寿命は平均2-3年だそうです。猫らしくて自由ならそれでもいいんじゃないと言う人もいますが、事故にあったり、人間に危害を加えられる場合もあります。野良猫は難しいですが外に出して飼っている方は周りへの迷惑になっているか?安全か?など、考えてみて欲しいと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード