猫の目やにの見分け方と取り方

猫の目やにの見分け方と取り方

寝起きには、わたしたち人間も目やにが出ることがありますよね。猫も同じですが、けがや病気で出る目やにもあります。その見分け方と目やにの取り方について説明します。猫の目を清潔に保つため、目やにの取り方を覚えるといいですね。

347view

猫の目やにが出る原因

眠る猫

目の表面はいつも涙で覆われていて、ゴミや雑菌から守られています。起きているときは、余分な涙は自然に鼻腔から口に流れていき、目の表面には常にきれいな涙があります。しかし、寝ているときは、ゴミや老廃物の混じった涙が目頭にたまってしまい、それが固まって目やにになります。

猫の目やにで危険なものの見分け方

猫の目のアップ

目やにの状態と猫の様子で、病的なものかどうか判断できます。

心配のない目やに

  • 赤茶色や黒っぽい茶色
  • 乾燥している

このような目やにが猫が寝起きのときなどに少しついている程度なら、正常な新陳代謝によるものなので、心配ありません。

危険な目やにとそれに伴う症状

  • 白っぽい、または黄色~緑色
  • ネバネバしている
  • 涙がたくさん出ている
  • 目を痛がる
  • 片目だけ目やにがひどい
  • くしゃみや鼻水が出る

このような症状のときは、感染症やアレルギー、あるいは目に傷がついている可能性もあります。自己判断で市販の目薬などを使ったりせずに、動物病院で診てもらってください。エリザベスカラーがあれば、目をこすったりするのを防げますね。

猫の目やにの取り方

ガーゼで猫の目を拭く

猫は自分で目やにを取ることもありますが、放っておくと、固まって取れにくくなります。正常な目やにでも、そのままにしておくと衛生的にもよくないので、取ってあげましょう。

猫を膝に載せる

猫と向き合う形だと、暴れたり逃げたりすることが多いので、猫をむこう向きか横向きに膝に座らせたほうがやりやすいです。それでもだめな場合は、猫を床に腹ばいにして、後ろから覆いかぶさるようにすれば、おとなしくやらせてくれることが多いです。

ガーゼで拭く

ガーゼをぬるま湯で湿らせて、やさしく拭いてあげます。目を傷つけないように気をつけてくださいね。目やにが固まっている場合は、ガーゼをしばらく当てていると、ふやけて取れやすくなります。それでもなかなか取れない頑固な目やには、一度に全部取ろうとせずに、数回に分けて取ってあげましょう。

ペット用のウェットティッシュを使うのもいいですが、アルコールが含まれていないことを必ず確認してくださいね。綿棒やピンセットなどは、猫が動いたときに目に入る恐れがあるので使わないでください。

まとめ

飼い主を見上げる猫

猫と暮らしていると、食欲はあるか、ちゃんと水を飲んでいるか、おしっこやうんちの状態はどうかといった健康チェックは欠かせないと思いますが、ぜひ目やにの状態もチェックしてみてくださいね。目やにを取るときは、ストレスにならないように、すばやくやさしく行いましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード