猫がタバコを誤飲!その時の対処法とは

猫がタバコを誤飲!その時の対処法とは

愛煙家の方は自宅にタバコを置いている人がほとんどだと思いますが、実は猫もタバコを食べてしまうことがあるのをご存知ですか?我が家も経験しています。今回は猫がタバコを誤飲してしまった時の対処法をご紹介します。

392view

猫がタバコを誤飲してしまう理由

タバコを吸う男性と抱かれる猫

元々猫はタバコのニオイが嫌いだと言われている為、犬よりもタバコの誤飲の心配はされていません。それでも、動かせば転がるタバコは猫にとって面白いオモチャです。

我が家でも、猫が主人のタバコを転がして遊んでいるところを目撃したこともありますし、実は1度タバコを誤飲してしまったことがありました。

十分に気を付けていたはずなのですが、猫は家の中のある程度の場所までは登ることが出来ます。ここなら届かないだろう、と寝る前に私たち飼い主が勝手に判断した高い場所に保管していたのですが、どうやら高い所に隠されたタバコはなおさら魅力的に感じたのでしょう。

朝起きた時にはタバコが床に転がり、1本だけ4分の1程ちぎられていました。どうしようかと悩みましたが、我が家には3匹の猫がいますのでどの子が食べたかわかりませんでした。

食べた量・そしてある程度の時間が経過していたと思われることから、様子を見ることにしました。その後何も問題はなかったので、ホッとしたのを覚えています。

では次に、猫がタバコを誤飲してしまった際、病院へ行くか行かないかを判断する為の大切なポイントをご紹介します。

猫がタバコを誤飲してしまった時の対処法

こちらを見る猫

猫がタバコを誤飲してしまったことに気が付いたら、

  • 誤飲したと思われる量
  • 猫の様子

をしっかりと確認しておくことが大切です。

猫がタバコを食べてしまうと、タバコのニコチンが全て体内に吸収されてしまう恐れがあるため、大変危険です。犬や猫等のペットの場合、ニコチンを20~100mg摂取してしまうとニコチン中毒を起こしてしまうと言われています。(11mg/kg)

一般的には誤飲後15~45分以内にニコチン中毒の症状が見られる場合が多く、

  • 興奮
  • 震え
  • よだれを垂らす
  • 嘔吐や下痢

等の症状が見られた時にはすぐに動物病院へ行きましょう。

猫がタバコを誤飲してしまった場合、すぐに吐かせることが有効です。逆に、誤飲から4時間~5時間以上たっていて、猫の様子がいつも通りの場合は、心配いらないことが多いです。

まとめ

煙草を吸う男性と猫

今回は猫のタバコの誤飲についてをまとめてみました。わんちゃんの場合タバコを誤飲するケースも多いと言われていますが、猫ちゃんはタバコ自体のニオイを苦手とする為か、わんちゃん程は誤飲が多くありません。

しかし、子猫のうちは思いがけず、オモチャにしてしまいちぎってみたり、かじってみたりして遊ぶことが多いので、愛煙家の飼い主さんはタバコの保管場所にお気をつけください。

スポンサーリンク

人気のキーワード