見つめられているのはなぜ?猫からのメッセージ!

見つめられているのはなぜ?猫からのメッセージ!

大きな目が特徴の猫に、じーっと見つめられたことはありませんか?猫のアイコンタクトは愛情表現の意味がありますが、他にも猫からのメッセージがあるんですよ。

936view

猫とアイコンタクト

目を閉じた猫

見つめ合って何かを伝えるということを人間はしますが、猫同士のコミュニケーションはニオイや音がメインです。猫同士でも見つめ合うことはありますが、それは敵意を表していて穏やかな状況ではありません。ですが、人間に対しては敵意以外にも見つめる理由があります。よく知られているのが、瞬きによる愛情表現です。猫と目が合うとゆっくり瞬きをして視線をそらしたり、目を細めたりします。これは、「あなたに敵意はありませんよ。」「あなたを信用していますよ。」という意味です。猫が見つめてくるという行動には愛情やその反対の敵意などの感情が込められています。

猫が見つめてくる理由

見上げる猫

猫がじーっと見つめてくる理由は、愛情表現や敵意以外にもあります。飼い主に対して「要求」という理由で見つめてくるのです。

ごはん

この経験をした飼い主は多いのではないでしょうか。朝起きると見つめられていた、夕方のごはんの時間が近づくと後ろでじーっと見ているなど、ごはんが出てくるまで見つめている場合があります。

トイレ

トイレに連れて行ってほしいのではなく、「トイレを片付けて。臭いよ。」「トイレに行きたいけど、きれいになってないよ。」などの理由です。猫はきれい好きなので仕方ないですよね。

遊ぼう

テレビや本を見ていて、視線を感じたことはありませんか。猫からすると「何もしていないなら遊ぼう」と言っているのかもしれません。

この他にも、「ドアを開けてほしい」「窓から外を見たい」「寝る時間だよ」など猫の性格や生活環境、飼い主との関係などによって様々です。

こんな理由もある

覗く猫

警戒しているときも見つめてくるのですが、飼い主に対して警戒するとはどういうことなのでしょうか。それは、怒られると分かっていることをしたときです。例えば、物を落として壊したときです。もしかすると、寂しかったのかもしれませんね。

猫を迎え入れたばかりの時は、飼い主を観察するために見つめることがあります。自分が安心していい相手なのかをチェックしているのです。照れ屋さんな性格の猫も、人間に期待して見つめていることがあります。どちらの場合も人間から近づくと逃げてしまうので、猫から近づいてくれるまで待ったり、話しかけてあげるのが仲良くなるポイントです。

まとめ

足元で見あげる猫

猫がじーっと見つめてくる理由は、愛情表現以外では飼い主に対して要求をすることがほとんどです。そして、猫は頭の良い動物で、「ごはんをくれる人」「遊んでくれる人」など要求をするために見つめる相手をちゃんと分けています。

見つめられている理由はすぐには分かってあげられずに困ってしまうこともありますが、猫がメッセージを伝えてくれていると思うとうれしくなりますよね。

人気のキーワード