【猫の多頭飼いを成功させる】気になるアレコレ!実際飼育費はいくら掛かるの?

【猫の多頭飼いを成功させる】気になるアレコレ!実際飼育費はいくら掛かるの?

今回は猫の多頭飼いについて、気になる飼育費用を筆頭に、多頭飼いを成功させるためのコツや気を付けたいポイントをご紹介します。

382view

猫の多頭飼いとは

沢山の猫

そもそも多頭飼いとは、複数の動物を飼うことを多頭飼いと言い、”特に同じ種類の動物を複数飼うこと”を表す時によく使われる言葉です。

元々1匹飼いだった私の家は、現在3匹の猫がいます。それに、これから子猫が生まれるかもしれません。緊張していますが、楽しみの方が大きくワクワクしています。

ネットの記事をのぞくと、「猫を飼育するには1匹あたり年間150万~200万円くらいかかる」等、現実的に考えるには難しい数字をよく目にします。いきなり何百万!と大きな数字を出されても、ピンとこないのが普通です。

そこで今回は、実際は月にいくらくらいかかるのか?と言う気になる点や、猫の多頭飼いについて成功させる秘訣やポイントを、まとめてご紹介したいと思います。

猫の多頭飼いでは、月にいくらかかるのか

お金を食べる猫

「これから猫の多頭飼いを考えている」という人が一番気になる点はやはり”金銭面”だと思います。実際に私もそうでした。

そこで、現在3匹の猫を飼育している私が、毎月猫に掛かっている費用をザックリまとめてみました!

主食のカリカリ :1000円前後(基本的によく与えるもの)
缶詰やパウチの餌:1500円前後(カリカリと混ぜて与えることが多いので少量)
おやつ類    :800円前後
砂       :1000円以下
ササミや魚   :人間が食べる時に少しおすそ分けするくらいなので、0円とします

合計      :4300円

計算してみた所、猫3匹で毎月必ずかかるお金は、4300円くらいでした。

このほかお水(水道代を調べるのは難しかったです、すみません。)や、ペット保険、そして体調が悪い時には病院代等が加算されますが、どうでしょう?高く感じますか?

私は決して裕福な家計なわけではなく、小さい子供もいますので、節約できる所は節約!といった感じで猫砂は安い砂に、ちょっとお高めの砂を混ぜて使っています^^

猫が好き!沢山飼いたい!でも月に何万も掛けられない・・・、という方は、私みたいなやり方もあるんだということを、知っていただきたいと思います。

猫の多頭飼いを成功させる秘訣

指をさす女性

猫を多頭飼いする場合、先住猫を優先するというのは絶対条件です。猫は縄張り意識が強い動物なので、それぞれが自由にくつろげるスペースを用意するというのも、成功の秘訣だと思います。

猫は高い所を必要としますから、部屋の至るところに猫が登れる高い場所を用意してあげると良いでしょう。

そして最も重要なのは、飼い主さんが何匹までならお世話を出来るのかという所。”体力の面だけではなく、経済面も含めて”です。

1匹のお世話でも大変な人もいれば、10匹くらい余裕だという人もいます。

ペットショップや、よく行くドラッグストア等で、必ず必要になるエサの金額・砂の金額をリサーチしておくと、この先に必ず掛かるお金の計算もしやすくなります。

猫の多頭飼いで気を付けたいポイント

棚の上の猫

私が猫の多頭飼いをする上で最も気を使っていることは、平等に可愛がることです。猫もやきもちを妬きますから、これも大切なポイントだと思っています。

そして忘れてはいけないのがトイレは多めに設置するということ。猫は綺麗好きですから、汚れているトイレを使うのを嫌います。

トイレが汚れていると我慢するようになり膀胱炎を引き起こしてしまったり、トイレ以外で粗相してしまったり、飼い主さんにとって困ることばかり起こってしまいます。

ですから、猫の数+1つを目安にトイレを設置しましょう。我が家は3匹なので、4つ置いています。

そして近頃ニュースでもよく目にする「多頭飼育崩壊」ですが、これらも猫の多頭飼いから発生する身近な事件だと考えています。

性別の違う猫を飼い避妊去勢手術を行わない=妊娠してしまいどんどん猫が増えていく、というのは当たり前の現象です。

ですから、猫の数をこれ以上増やしたくない、と考えている場合は性別が同じ猫を飼う、若しくは、必ず避妊去勢手術を受けさせることが大切です。

まとめ

2匹の猫と女の子

猫を多頭飼いすることで騒がしさや掃除の大変さは増しますが、もちろん可愛さや喜びも増します。

新しい飼い主さんを待っている猫ちゃんもまだまだ沢山いますから、猫の多頭飼いを考えている方は、ペットショップやブリーダーから迎えるだけでなく、飼い主さんのいない猫ちゃんの里親になってあげるという方法もありますから、是非参考にしてみてくださいね。

人気のキーワード