猫が虫を食べてしまったけど大丈夫!?

猫が虫を食べてしまったけど大丈夫!?

これからの時期、虫がとても多くなります。猫は大喜びで大興奮!時には虫を食べてしまうことも。今回は猫が虫を食べてしまうとどうなるのか、気になる点を調べてみました!

648view

猫が虫を食べたら

上を見つめる猫

猫が虫を食べてしまったところを見ると大丈夫かな?と心配になりますが、猫は昔からの習性で虫を食べてしまいます。猫にとっては当たり前の行動なんですね。ですから心配する必要はありません!

我が家でも、3匹の猫がいますが、ハエが飛んでいれば追いかけまわし、パクッと食べてしまうことや、ゲジゲジが出れば3匹のオモチャになってしまい、発見した時にはゲジゲジの手足がバラバラにちぎられている、何てこともよくあります。

猫より先に虫に気が付けば私が捕獲しますが、どうも猫に先に見つかってしまうようで、私が虫を発見する時には、すでにバラバラ事件になってしまいます・・・。

しかし、いくら本能とは言っても、どうやら調べてみると虫なら何でも食べてOK!というわけではなく、気を付けなければいけない虫もあるんだとか。

今回は猫が食べてはいけない虫をまとめてみました!

猫が食べてはいけない虫

虫を狙う猫

室内飼いの場合は抵抗力が落ちてしまいがちですが、抵抗力の落ちた猫は病原菌にかかると、重傷になるケースもあります。そこで気を付けておきたい虫についてご紹介します。

ゲジゲジ 危険度 ☆☆☆☆☆

あちこちで嫌われがちなゲジゲジ。私も大の苦手で、夏が嫌いという理由の一つにゲジゲジが出ることも入るほど。ゲジゲジには申し訳ないのですが、見た目が最高に気持ち悪いです。

しかし猫はゲジゲジも平気なようで、すぐにオモチャにして遊んでしまいます。そして不思議なことに我が家の猫たちは、ゲジゲジだけは食べません。手足をバラバラにちぎって遊ぶだけ・・・。

ゲジゲジは毒が少ないと言われていますが、食べても大丈夫なのかと調べてみたところ、何とゲジゲジを食べて猫が体調を崩した例はなかったです。なので危険度は0にしました。

しかし、容姿が似ているムカデは毒が強い為、猫がアナフィラキシーショックを起こす危険性もあり、注意しなければいけないようです><

ハエ 危険度 ★☆☆☆☆

大腸菌やO-157を持っている場合があるんだとか。ですが、昔かかりつけの獣医さんに聞いた時は、「確かに菌は持っているだろうけど、ハエのあの小さな体で猫が一度でグッタリするほどの菌の量を持っているとは思えない。」とおっしゃっていました^^

日ごろからエサは食べずに、ハエのみを大量に食べている!という場合は、気を付ける心配がありますが、そんな猫ちゃんは、ほとんどいないでしょうし、ハエもそんなに簡単に捕まってはくれません^^;

普通の生活を送っている猫ちゃんであれば、ハエに関してはそこまでの心配はいらなそうです。

蚊 危険度 ★★☆☆☆

猫が蚊に刺されると、まれにフィラリア症を発症してしまうと言われていますが、こちらに関しては、食べるのは問題ないという回答と、フィラリアを持っている蚊を食べるとフィラリア症を発症する、との回答2つに分かれています。

これに関しては確実な回答がわかりませんでしたが、

  • すべての蚊がフィラリアを持っているわけではない
  • フィラリア症を発症するのはフィラリアを持っている蚊に刺された時だと言われている
  • 猫でフィラリア症を発症するのはごくまれである

という点から、危険度は星2つにさせていただきました!

ゴキブリ 危険度 ★★★☆☆

私が住む地域ではゴキブリを見ることもありませんが、しょっちゅうゴキブリに悩まされているという方もいらっしゃいます><

あの見た目、私もどうも苦手ですが猫ちゃんはやっぱり大好きみたいです。ネットには、「猫がゴキブリを食べてしまうけど大丈夫?」という質問がたくさん。

ゴキブリを食べることで心配な点は、

  • 寄生虫
  • 殺虫剤

この2つ。

猫がゴキブリを食べることで小腸に虫が寄生することがあります。ゴキブリに限らず、ほかの様々な虫にも言えることだと思います><

このほかにも、殺虫剤のエサ等を食べているゴキブリを猫が食べてしまうと、その毒が猫にも回ってしまう危険性があるんだとか。しかし、毒エサを食べたゴキブリを1匹や2匹食べたくらいでは、猫も平気だとの回答も多くみられた為、危険度は星3つ!

猫が食べてはいけない動物

ネズミをくわえる猫

猫が食べると危険なのは虫だけではありません。次は動物で見てみましょう!

カエルやヘビ 危険度 ★★★★★

こちらも怖いのが寄生虫。マンソン裂頭条虫や壷型吸虫、どちらもカエルやヘビから感染して、腸に寄生する虫になっています。マンソン裂頭条虫は虫の量も多く、とにかく駆虫しにくい寄生虫だと言われています。

カエルを食べた猫がすごい量の虫を吐いたり、泡を吹いたりした、というケースが見られたことから、絶対に食べさせてはいけない動物!という意味もこめて、危険度は星5つ。

ネズミ 危険度 ★★★★★

やはりネズミといえば、不潔なイメージ。猫がトキソプラズマに感染したネズミを食べてしまうと猫も感染してしまい、更に人間にも感染してしまう可能性も。

人間がトキソプラズマに感染した場合、風邪のような症状が出て、ほとんどの場合が数日間で回復すると言われていますが、妊婦さんが感染してしまった場合は胎児への感染が恐ろしいです。最悪の場合流産に至ってしまう可能性も。

これらを踏まえてこちらも危険度は★5つ。

まとめ

カエルのニオイを嗅ぐ子猫

猫が虫を食べてしまうのは本能なので仕方ないことですから、やめさせるのは非常に難しいです。しかし、寄生虫が住み着いてしまったり、人間に感染してしまったりする病気もある為、注意が必要です。

特にカエルやヘビ、ネズミ等の動物には猫が病気に感染してしまった例が多く出ていますので、注意してください!

人気のキーワード