猫ってどのくらいの高さなら落ちても平気なの?

猫ってどのくらいの高さなら落ちても平気なの?

猫は高いところに登るのが好きで、ちょっとの高さなら落ちても上手に着地できるため、平気だと言われています。しかし、猫の落下による事故も実は少なくありません。では、猫って一体どのくらいの高さまでなら、落ちても平気なのでしょうか?

389view

猫が高いところから落ちても平気な理由

木登りする猫

なぜ猫が高いところから落ちても平気なのかというと、その秘密は「内耳」にありました。

猫は落ちたり、飛び降りたりした時、手足を開き落下速度を調節できると言われています。この姿が”ムササビのようだ”と言われています。

ちなみに、たとえ頭から落ちたとしても、地面までの距離を計算し体をねじりながら着地することが出来るのです。

内耳にある三半規管が、脳に地面に着地するまでの距離がどれくらいなのかを伝えます。そうすることで猫は手足の筋肉を使い、更に肉球で衝撃を吸収しながらうまく着地できるということなんですね。

しかし、これはもちろん「自分で身構えて態勢を整えることが出来た場合(自ら飛び降りた場合)」に限ります。思いもよらず、ふいに落ちてしまった場合にはケガや骨折の恐れも十分にあるということですね。

猫が落ちても平気な高さ

マンション

猫が落ちても無事に着地できると言われている高さは、6~7メートル程。建物で表すと2階程度までの高さだと言われています。

そして8メートル以上の高さ、建物で表すと3階以上の高さを超えると、骨折どころか死亡してしまう可能性までもが高くなると言われています。

猫の落下事故

ベランダから下を覗く猫

しかし、なぜかそんなに高くない所から落ちた際に、骨折してしまったり、手足や下半身に麻痺が残ってしまったりするケースも少なくありません。

特に多いのが、マンションやアパートのベランダから外を見ていて、そのまま足を滑らせ落ちてしまうケース。

これは動物病院のテレビを見ていた時にも紹介されていた、猫の落下事故ですし、私が猫を動物病院へ連れていった時にも、猫がベランダの3階の高さから落ちた、と説明している方もいました。

なぜでしょう?猫は着地が得意なはずです。

実は、猫は「中途半端な高さから落ちることが苦手」だと言われています。例えば、3階から落ちた猫と7階から落ちた猫では、どちらも深刻な結果になってしまう可能性があるのは事実なのですが、なんと7階から落ちた猫の方が死亡率は下がるんだとか!

人間の場合、高ければ高いほど死亡率は上がってしまう気がしますが、猫の場合は最初にお伝えした通り、手足を開き落下速度を調節でき、体をねじりながら着地することが出来る為、高い程着地するための態勢を整えやすくなるんだそうです。

しかしながら、死亡率が下がったとしても、それだけの高さから落ちてしまえば、ケガ一つないとは到底思えません><

まとめ

ベランダからこちらを見る猫

「猫は高いところが好きだから落ちても大丈夫」というわけではなく、猫も身構えていなければうまく着地できないこともあります。

高いところに登るのは得意だけど、降りることが出来ない!という猫もいますよね。我が家の末っ子猫も、よく高いところには登ります。

しかし、降りるのが怖いようで「ニャー!」と鳴きながら私を呼ぶのですが、抱っこで救出できるような高さではない為、段ボール等の箱を用意し中に入るよう促して救出しています^^;

皆さんも「猫だから」と安易に考えず、猫の落下事故によるケガや骨折、下半身麻痺を防ぐためにも、

  • ベランダには出さない、若しくは網を張る!
  • 窓には必ず網戸を付ける!

等の対策をしっかりとしておきましょう!!

人気のキーワード