猫の顎にニキビが出来る理由と治療法

猫の顎にニキビが出来る理由と治療法

猫の唇から顎にかけて、黒いポツポツが・・・拭いてもとれないこのポツポツ、もしかしたら猫ニキビかもしれません。では、この猫の顎にできるニキビは、放っておいても良いものなのでしょうか?治療法は?今回は猫ニキビについて詳しくご紹介します。

711view

猫の顎にニキビ出来る理由

女医に顎を見てもらっている猫

猫ニキビとは、主に唇付近から顎のあたりにかけて発生する黒くポツポツした部分のことを指します。炎症を伴う重度の場合には「猫ざそう」と呼ばれる場合もあります。一見するとキャットフードなどの汚れがついたようにも見えますが、実はこれは猫ニキビです。

ニキビが出来る理由は、バクテリアが繁殖している事。早めに対処して上げましょう。

猫ニキビは老若男女、品種問わず!

この猫ニキビは年齢や性別などを問わず、どの猫でも発症する可能性があるものです。発症箇所の多くは唇や顎ですが、その他皮脂を分泌する皮脂腺のあるまぶたや、しっぽの付け根、またオス猫でしたら陰嚢や包皮などでも発症することがあります。

この猫ニキビは軽度でしたら、命に直接関わるようなことにはなりませんが、時折マラセチア菌などの菌が繁殖してしまうことがあり、これが悪化すると膿皮症(皮膚の上で菌が過剰繁殖して化膿し、膿を出している病態のこと)と呼ばれる状態に進行してしまいます。また、痛みやその違和感のために爪で引っ掻いたりすると、その引っかき傷から出血してバイ菌が入り、二次感染を引き起こしてしまうことがあります。

猫ニキビの症状

猫ニキビはぱっと見でわかる、黒いポツポツの、集合体のような状態の他、病状によっては脱毛、あごの下の腫れ・出血、触った時の皮膚の違和感・硬さ、また猫自身があごの下をしきりに引っ掻くなどの症状が挙げられます。いずれにせよ、普段と違う様子が見られたら、病院で一度診察してもらうことをおすすめします。

猫ニキビの原因

フードを食べる猫

それではこの猫ニキビ、一体どんな原因が考えられるのでしょうか。

プラスチック容器での食事

猫用の食器にプラスチック製の容器を使っている飼い主さんは、少なくないのではないでしょうか。確かにプラスチック製の容器は汚れが落ちやすく安価で非常に便利ですが、実はプラスチックは多孔性といって目に見えない小さな穴がたくさん空いている物質です。この小さな穴の中ではバクテリアが繁殖しやすいため、食事の際にこの繁殖したバクテリアが猫の顎に付着することによって、猫ニキビの原因になることがあります。

毛づくろい不足

体調が悪かったり、高齢になったりして毛づくろいが不足していませんか?猫の毛づくろいには身体を清潔に保つ大切な役割があります。ですのでこの毛づくろいが不足すると、バクテリアが繁殖してしまい、猫ニキビが発生してしまうことがあります。

フードの成分が体に合っていない

キャットフードの成分が猫自身に合っていない場合、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。これにより皮脂腺のある箇所に猫ニキビができてしまうことがあります。

ニキビダニ

ニキビダニは毛包虫とも呼ばれ、バクテリアよりもはるかに大きいダニの一種です。日頃、一定数常在しているニキビダニではありますが、不衛生だったり、湿度が高くなったりすることによって異常繁殖してしまうことがあり、これにより起きた炎症が、猫ニキビの原因になってしまうことがあります。

これらの他、不衛生な生活環境が続いたり、投薬の影響があったりするなども猫ニキビの原因となることがあります。

猫ニキビの治療法

タオル

猫ニキビの治療法としては、日頃の生活環境を省みて先に挙げたような原因のうち、心当たりのある箇所を改善することが何よりの治療法になります。直接的な治療法としては、軽く濡らしたタオルを電子レンジで人肌程度に温めて、ニキビの発生している周辺を優しくふき取る方法も効果的です。

この時にニキビを取り除こうとして強くこすったり、またブラシのようなものでこすったりすると角質層に傷をつけることになり、かえって悪くしてしまうことがありますので、絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

顎を撫でられている猫

こういった症状は重症化しない限り、直接命に関わることはありませんが、そのぶん非常に治りづらい状況になってしまうことが多々あります。特にニキビダニが原因の場合は、常在しているダニであるだけに完全な駆除が難しく、症状を緩和するまでには長い時間がかかってしまうこともあります。ですので、日頃から生活環境を清潔に保つことを心がけ、まずは猫ニキビを予防することを第一にしていきましょう。

人気のキーワード