猫を去勢する費用と手術の注意点

猫を去勢する費用と手術の注意点

猫の去勢手術、どうしようかな…と悩む飼い主さんは多いのではないでしょうか?費用の面はもちろん、手術をすることによる愛猫への影響も気にかかりますよね。結局、愛猫に去勢手術をするか否かは、飼い主さんの判断となります。最適な決断をするために必要なコト、お伝えします。

498view

猫の去勢費用

子猫と電卓

猫の去勢費用は、病院によって異なります。目安として1万円〜2万円程度ですが、平均で12,000円程度のようです。病院によっては、この他に薬代などが別途でかかることもあります。事前に確認をしておきましょう。

また、地域によっては猫の去勢に助成金が出ることもあります。大抵は数が限られていますので、先着順や抽選の場合があります。手術の際、こちらも併せて確認してみると良いでしょう。必ず助成金が貰える訳ではないので、貰えたらラッキーですね!

猫の去勢費用以外の問題

檻の中の子猫

ここで、猫の去勢手術について、費用以外の問題を詳しくみていきましょう。

去勢手術をする理由

健康な猫の体にメスを入れてまで、なぜ去勢手術をするのでしょうか?それはまず、不幸な子猫を増やさないことが挙げられます。猫は1回の出産で2〜5匹程度、場合によってはもっと多くの子猫を産みます。メス猫は生後半年位から、オス猫も1歳になる前から交尾・出産ができるようになります。だから、初めはたった2匹のオスメスだったとしても、爆発的な数で増えていくことが分かります。産まれた子猫を全て人間が飼うことができれば問題ありませんが、何百匹にも膨れ上がった猫たちを、一人の人が飼い続けることは不可能です。すると、結局産まれた猫たちは里親を見つけきれず、殺処分の対象となってしまうのです。

オス猫は自分の縄張りを主張するため、スプレーという非常にニオイの強い尿をします。それが外だろうが家の中だろうが、おかまいなしです。スプレーのニオイや汚れに困った飼い主さんが、猫を手放すという話はよくあります。さらに、メスが発情期を迎えると、オス猫はメスを求めて家の外に出たり、他のオス猫とケンカをしてケガを負ったりすることがあります。外に出ることで、事故に遭う、病気を貰う可能性があるのです。

去勢手術をすることで、不幸になる子猫を増やさないようにできますし、スプレーやケガ、事故などを防ぐことができます。また、去勢手術をして性衝動がなくなったオス猫は、ストレスを感じずに済むとも言われています。交配させる予定があるのなら別ですが、そうでない場合、特に完全室内飼いのオス猫は、交尾できないことで苦しみを感じてしまいます。それを防ぐことができるのも、去勢手術のメリットとされています。猫に去勢手術をするのは、費用だけが問題ではないのです。

去勢手術の注意点

去勢手術をすることで良いこともあれば、悪いこともあります。去勢手術の注意点は、手術の際の全身麻酔です。麻酔が覚めないことはあまりないとは言われていますが、ゼロではありません。去勢後は太りやすくなる傾向にありますので、体重管理には充分気をつかう必要があります。

他にも、犬の場合ですが、1歳未満で手術を行った場合、骨肉腫のリスクが増えたり、甲状腺機能低下症、前立腺がん、尿路がん、心臓の血管肉腫のリスクが増えたりするという話もあります。これは、アメリカにある大学が発表したものなのですが、米国獣医師会も認めているようです。猫に対しての発表は確認できませんでしたが、犬でこのようなデメリットがあるのであれば、猫にも同様のデメリットがあると考えることができます。

まとめ

聴診器を当てられる猫

猫の去勢費用は、平均で12,000円程度となりますが、重要なのは金額ではなく、猫にもたらす影響です。去勢手術を行うことで、オス猫のストレスや問題行動を減らし、望まない繁殖を避けることができます。反対に、人間には過ごしやすくなる一方で、猫は肥満や病気のリスクが増えるとなると、良く考えなければいけませんね。

人気のキーワード