猫と三味線の関係。ニャンコの皮は良い音色が出る最高級品!?

猫と三味線の関係。ニャンコの皮は良い音色が出る最高級品!?

日本古来の楽器である三味線には、猫の皮が使われることがあるのはご存知ですか?愛猫家からすると「やめて~!」と思わず叫びたくなってしまいますが、三味線の音色にとって、皮はとても重要な部分です。三味線に猫の皮が使われるのはなぜなのか、その他三味線と猫について、みていきましょう!

525view

猫と三味線について

琉球三味線

三味線は元は中国から室町時代に琉球へと伝来した「三絃」が「三線」となり、その後改良が加えられて三味線となったと言われています。三線の頃は蛇の皮を使っていたようですが、三味線へと改良されていく段階で猫のお腹の皮が使われるようになりました。乳首が4つ出るように皮を張ると、よりよい音色となるそうです。

ですが実は今は、犬の皮が主流となっています。猫皮ももちろんありますが、犬皮よりも高価です。音色は猫皮の方が繊細で柔らかい音がします。人工皮もありますが、まだ動物皮の音色と比べると遜色があるようです。

三味線用猫皮の仕入れ方

横たわっている猫

江戸時代から猫皮の人気が高まっていったようで、猫を捕まえてなめし業者へと販売する、「猫捕り」なる職業も発展していったようです。昭和の猫捕りは新聞にも掲載されました。

今では体裁からか中国など、猫を食べる習慣のある国から仕入れている、と言及している三味線業者も多いですが、実は日本で作られているようなのです。猫も犬も、保健所で殺処分された犬猫から作られていることもあるそうです。実はこの部分はあまり公にされることではなく、(なぜかはお分かりですね)正確な情報が極端に少ないのです。

もちろん、海外から輸入されていたこともあるのですが、世界的な動物愛護運動の高まりから、輸入がほぼストップしているとか。その代用品にカンガルーの皮を三味線に使う事が検討されているという話もあります。カンガルーとなるとそれこそ、「どこから仕入れるの?」と疑問に思います。オーストラリアからでも、仕入れるのでしょうか?

猫皮を三味線に使うことの難しさ

動物の権利を主張した看板

1900年代なのでかなり前の話にはなりますが、猫を捕獲する猫捕りが動物愛護団体に通報され、逮捕されるという事件がありました。問題となったのは、捕獲した猫の中に飼い猫がいたことです。その猫は無事に飼い主の元へ戻りましたが、猫捕りは窃盗未遂で書類送検されたとの事です。

この事件により、当時は様々な論争が繰り広げられました。猫捕りはもちろん、猫から皮を取る解体業者や、皮を作るなめし業者なども批判の対象となる一方で、三味線奏者には人間国宝がいる、というややこしい状況が生まれました。

それでも今も変わらず、三味線に猫の皮が必要とされているようです。その理由は、猫皮の音の良さにあります。猫の皮は毛根を取り除くと目に見えない位のデコボコができ、これが何とも言えない良い音を鳴らすそうです。人工皮ではもちろん、犬皮でも出せない音だそうです。本番は猫皮の三味線でないとダメだという意見が業界では主流です。

猫を何かの目的で使うのは違法ではないようですが、飼い猫を捕獲するのは止めて欲しいですね。日本の伝統文化を守るのか、それとも猫の命を守るのか…。答えが出る日は、来ないのかもしれません。

まとめ

抱っこをされている猫

猫でも犬でも、今や家族として飼っている人が多い時代、三味線に使うためとは言っても、皮を取るのは可哀想だ…と感じる人が大半でしょう。人工皮が使えれば一番良いのでしょうが、現状ではまだまだ人工では動物皮の音色には敵わないようで…。非常に難しい問題です。

どこかで、「三味線の音は人工皮の音だ!」と切り替えが出来れば、動物皮を使うことに歯止めが掛かるのかもしれませんが、やはり反対する人も多いでしょう。猫が長生きして猫又になる、と恐れられていた時代は猫皮を使うことにそれほど罪悪感がなかったようですが、長生きしても猫又にはならない、と分かった現代では、やはり罪悪感の方が先に立ってしまう気もします。猫も伝統芸能も守れる方法が早く見つかることを、祈るばかりです。

人気のキーワード