猫が蚊に刺された時の症状と注意点

猫が蚊に刺された時の症状と注意点

暖かくなると、気になるのが虫刺されです。猫と暮らす人にとっては、蚊などの猫に対しての影響も気になります。たかが虫刺されと放置しておくと、猫が重大な病気にかかってしまうかもしれません。ここでは、虫刺されの代表である蚊についてお話ししたいと思います。

693view

猫が蚊に刺された時の症状

虫が鼻に止まっている猫

猫も蚊に刺されます。猫は毛に覆われている部分は刺されにくいのですが、耳や鼻、肉球部分などの毛が薄い部分は刺されます。

蚊に刺された時の猫の状態は、次のとおりです。

  • 患部をしきりにかきむしる
  • 患部に触れることを嫌がる

蚊に刺されたときは、次のような症状が出ます。

  • 腫れ
  • 発赤
  • かゆみ
  • 痛み

本来であれば、人間同様、数日すると治まります。ただし、猫自身がいつまでも身体を掻きむしっている場合や、いつもと異なる状態であれば、動物病院で診てもらったほうが良いでしょう。

猫が蚊に刺されることにより、蚊アレルギーになる可能性や、フィラリア症に感染してしまう可能性があるため、注意が必要なのです。

猫の蚊アレルギーに注意

体をかく犬と猫

蚊アレルギーを発症すると、猫は刺された場所以外の部分も痒がり、掻きむしってしまいます。耳や鼻、目頭にアレルギー症状が出るという特徴があります。

猫の蚊アレルギーによる皮膚炎は、しばらくすると自然に治りますが、症状がひどい場合は動物病院で診てもらいましょう。ステロイドの注射や軟膏、症状によっては経口薬での治療を行います。

蚊アレルギーを予防するには、蚊に刺されないようにするのが一番ですが、完全に予防するということは難しいです。

猫が蚊に刺されて起こるフィラリア症

元気のない猫

フィラリアというと犬を思い浮かべますが、猫にも寄生、感染することがあります。猫のフィラリア症については、診断が難しく、知らぬ間に重症化することもありますので要注意です。

猫は犬よりフィラリアに感染しづらいといわれていますが、フィラリアに感染してしまった場合は、重症化しやすいようです。猫の場合は、心臓や肺に寄生する以外に、中枢神経に侵入することがあります。

フィラリア症に感染したときの猫の症状

  • 咳が続く
  • 呼吸困難
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 嘔吐

猫のフィラリア症は、他の病気との判断が難しいといわれています。放置したまま重度の状態になってしまうと、死亡する可能性もありますので、注意が必要です。フィラリア症に感染した可能性がある場合は、動物病院で抗体検査を受け診断してもらいましょう。

治療法

犬がフィラリア症に感染した場合は、フィラリアを駆除するという治療です。猫にとっては非常にリスクが高い治療となるため、現時点では、猫は犬と同じように成虫駆除による治療はできないのです。そのため、猫の場合は進行を抑え、対症療法を行うことになります。

フィラリア症感染予防は必要

室内飼いの猫であっても、予防は必要だといわれています。猫のフィラリア感染率が、年々増加しており、2010年の研究報告によると、室内・室外飼育に関わらず、猫の約10頭のうち1頭はフィラリアに感染しているのです。

猫のフィラリア予防

定期的に予防薬を投与する方法となります。一般的には、背中に液体を滴下するスポットタイプと飲み薬の2種類があります。

蚊が出始める頃からしっかりと予防していけば、猫がフィラリア症に感染することを防ぐことができるのです。フィラリア予防のお薬には、ノミや寄生虫にも対応しているタイプもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

猫の蚊対策

首輪をした猫

蚊が活動するのは、4月中旬から11月中旬くらいまでの間です。蚊が最も活動する温度は、27~31℃前後です。

猫への影響が少ない蚊の対策は、以下のとおりです。
 

  • 蚊取り線香
  • 蚊よけネット
  • 蚊よけスプレー
  • 蚊よけ首輪

最近では、ペットに対応した多くの商品が販売されています。猫にとって安全で安心して使用できる商品を選び、猫を蚊から守りましょう。

また、季節にかかわらず、日頃から猫の体調に注意を払いながら、快適な生活を送らせてあげたいですね。

まとめ

庭にいる猫

猫も蚊に刺されると、健康上の問題が起こることがわかりました。ただの虫刺されと侮っていると、飼い主が気づかないうちに、重大な病気にかかってしまう可能性があります。これから夏本番で、蚊が飛び回る季節です。大切な愛猫を蚊から守るため、対策をしましょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード