猫カリシウイルスの症状と予防法

猫カリシウイルスの症状と予防法

カリシウイルスとは、いわゆる猫風邪と呼ばれる症状を引き起こすウイルスです。愛猫がもしカリシウィルスに感染してしまったら、どうなってしまうのでしょうか?カリシウイルスの治療法や予防法はあるのでしょうか?気になる疑問を解消しましょう!

615view

猫カリシウイルス感染症とは

寝込む猫

カリシウイルスに感染すると、猫カリシウイルス感染症になります。「猫風邪」「猫インフルエンザ」と呼ばれることが多いです。ウイルスの感染力は強いので、多頭飼いの場合には特に注意が必要です。1匹がかかると、あっという間に他の猫もカリシウイルスに感染してしまいます。全年齢で見られる症状ですが、生後6週間以降の子猫で最も多く見られます。一度カリシウイルスに感染すると、症状が収まってもウイルスは体内に残るという厄介な病気です。

猫カリシウイルス感染症の症状

氷嚢を当てる猫

猫カリシウイルスに感染すると、下記のような症状が現れます。

  • 涙、目やに
  • 食欲不振
  • 鼻水、くしゃみ
  • 口内炎
  • 顔周りや爪周りの潰瘍
  • 肺炎
  • 呼吸困難
  • 関節炎
  • びっこを引いて歩く
  • 歩行痛
  • よだれ
  • 口臭がキツくなる

このような症状が愛猫に起こったら、早めに動物病院を受診するようにしましょう。また、最近では強毒全身性カリシウイルス病という、全身に炎症が起きたり、多臓器不全に陥ったりするものも報告されています。

猫カリシウィルスの感染経路

かごの中の猫たち

カリシウイルスは、動物シェルターやキャッテリーなどの、猫が沢山いる場所でもらってくることが多いです。感染した猫からの空気感染で、容易に感染します。また、飼い主が外でカリシウィルスの感染猫に触れ、そのまま帰宅して愛猫を触り、うつしてしまうケースもあります。外で猫に触れたら、愛猫に触る前に必ず手を綺麗に洗いましょう。カリシウイルスに感染した猫のよだれや鼻水などに触れることでも感染します。症状は出ていなくても、ウイルスを持っている猫から感染してしまうこともあります。怖いですね。

猫カリシウィルスの治療法

錠剤

残念ながら、猫カリシウイルス感染症を治療する方法はありません。あくまでも症状を抑える対症療法となります。通常であれば、抗生物質の投薬などを行ない、2週間程度で回復します。免疫力を高めるために、インターフェロンを使う場合もあります。体力のない子猫や老猫の場合は、こじらせてしまうことがありますので、早めに受診しましょう。

猫カリシウイルス感染症では、口内炎が起きることが多いので、痛みでいつものご飯が食べられなくなる場合もあります。そんな時には、シリンジで流動食を食べさせたり、食道チューブで与えたりします。脱水症状にならないように、水分を充分に与える必要もあります。

猫カリシウィルスの予防法

ワクチンを打たれる猫

猫カリシウィルス感染症は、三種混合ワクチンである程度予防することは可能です。あらかじめワクチンを接種しておけば、万が一感染した場合でも、症状が軽くて済みます。ただ、カリシウイルスが外へ排出していくのを防ぐ効果はありませんので、ご注意を!ワクチン接種は1年に1回のペースで行うことが、推奨されています。猫によっては副作用が起きることがありますので、担当獣医師と相談した上で接種しましょう。

猫カリシウィルスと似た病気

ウイルス

猫カリシウイルス感染症と同じような症状が現れる感染症に、猫ヘルペスウイルスによる猫ウイルス性鼻気管炎があります。やはり風邪のような症状と共に、結膜炎などの目の症状が現れます。酷くなると失明の危険性もありますので、注意が必要です。猫カリシウイルスと同じく、ワクチン接種をすることで症状を軽く抑えることができますが、治ってもウイルスは体内に残ることがあります。免疫力が落ちた時などに、再発する可能性があるということですね。なんとまぁ、厄介なウイルスたちでしょう。

まとめ

顔を覆う猫

風邪は万病の元と言いますが、猫にも当てはまりそうです。特に猫は言葉を話せませんし、具合が悪くても隠す動物なので、飼い主さんが気がつかないこともあります。ただ、目やにや鼻水、くしゃみなどは、カリシウィルスの分かりやすい症状ですので、通常の範囲を超えたこれらの症状が見られたら、悪化する前に受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード