猫にとってキッチンが危険な理由と対策方法

猫にとってキッチンが危険な理由と対策方法

猫が歩く姿は優雅でとてもかわいいのですが、家の中だとキッチンには入ってほしくない!という意見が多いのではないでしょうか。猫がキッチンに侵入しない方法を探ってみました。

529view

猫にとってキッチンが危険な理由

キッチンでハムを見つめる猫

キッチンには食べ物や水、様々な調理道具などがあり、猫にとって、とても興味深い場所なのかもしれません。ですが、刃物や火など危険な物も多く、猫に有毒な成分を含んだ食べ物だってあります。

調理中に猫が近づいてきて危険な思いをした、という飼い主も多いのではないでしょうか。注意していないと猫だけではなく、家全体の被害に発展してしまう可能性もあるのです。

猫をキッチンに近づけない対策

霧吹きを持つ手

猫はとても賢い動物です。例えば、キッチンに近寄ったら離れた場所まで猫を運ぶなど、根気よく繰り返すことで「ここに入ってはダメ」ということを学習してくれる猫もいます。

また、「ここに来ると嫌なことがある」と認識させることで猫をキッチンへ侵入させないようにすることも出来るのですが、その中でも以下の方法がよく知られています。

  • スプレーで水をかける
  • 手を叩く、猫の嫌いな音を出す
  • 両面テープなどのベタベタしたものを使う

ただし、猫によっては効果がないことや、賢いゆえに「嫌なこと」という認識がなくなると再びキッチンに近づいてしまうこともあります。また、 猫の性格や住宅の環境によっては対策ができないことがありますが、

  • 調理中はケージに入れる
  • キッチンを囲ってしまう
  • 猫専用の部屋を用意する

など、完全にキッチンから離してしまうという方法もあります。衛生面を考えてキッチンに猫を入れたくない場合にも有効です。

その他の猫の為のキッチン対策

何もないキッチン

猫に人間と同じ行動をさせるには限界があります。猫がキッチンに近づいてもできるだけ安全にしておくことで留守の時も安心です。

  • コンロにはコンロカバーを使用する
  • 食べ物、生ごみ、料理の入った鍋などは出しっぱなしにしない
  • ニオイが残らないように掃除をする
  • シンクの中に入れないようにワイヤーネットなどを利用する
  • 収納を開けられないようにする

等の方法で、猫にとって安全なキッチンを目指しましょう。

まとめ

舌を出すグレーの子猫

猫がキッチンに侵入しないようにする方法はいろいろありますが、興味以外に何か理由があるのかもしれません。例えば、水を飲みに来ている可能性があります。

猫用の飲み水の量や、器を確認してみましょう。また、ごはんが足りていないことも考えられますので、量や与え方の再確認をしてみる必要があります。

飼い主がいるときはキッチンに近づかなくても、飼い主が留守の時にはどんな行動をするのか分かりません。猫目線になって危険がないか確認してみましょう。

20代 女性 匿名

キッチン周りは火も水も使いますし何より食べ物を触るところですから、出入り出来る環境は危険であるとともに不衛生でもありますよね。
使わないときはコンロ周りはカバーなどをつけたり、猫ちゃんが口にしてしまうかもしれない物は徹底的にしまう&置かないなどして予防するか、キッチンに近づけないように工夫するしかありませんよね。
猫 キッチン 対策 と調べるとたくさんの人がキッチンに猫が近づく事への相談や解決法など書かれています。キッチンだけでなくこの部屋に入って欲しくないと言う場合でも使えるような防止グッズなどたくさん販売されてるようですから、そういった物を試してみるのも良さそうですね。
怪我や誤飲をしてしまってからは遅いですので、キッチンなど入るたびに霧吹きなどでここに入ると嫌な事があるよーと教えたり根気よく入ると出すの繰り返したり、一番安心なのは猫部屋やケージやサークルに入れる事ですけどね。
知人の猫ちゃんはたま〜に油断したときに、盗み食いをしちゃうそうでこの間は加熱用のアジを持って行ってしまったので取り上げるのに大変だった〜〜と言ってました。たまに盗み食いしたり気づいたらお皿に顔を近づけてのぞいていたり素早い猫ちゃんだと興味のある食べ物などスッと持っていけますし、扉だってあけちゃう猫もいます。扉の中に美味しいものがあると分かっているのかもしれないですね。扉にはチャイルドロックをつけるなどすると防げますよ。

女性 まるきりはれ

そうなんですよね〜、キッチン。確かに、ネコさん達にとって、ものすごく魅惑的な場所、ですもの。されど、キッチン。同時に火や水を使用する、危険な場所、大事なネコさんを近づけたくない場所、でもあるのですよね〜。我が家では、7月から白黒の男のコと、三毛の女のコの兄弟ネコを飼い始めました。ダイニングとキッチンの間には、パーテーションを立て、ガードしているつもりでいたのですが、ある晩、身軽な三毛の女のコの方が、うっかり積んであったペットボトルのダンボールを土台にヒョイッと飛び越えてしまい、、、、翌朝惨状が明らかになりました。そうそう、何がすごいって、キッチン側からだと、土台になるべきものもないのに、さらにヒョイっとこちら側に戻っていたので、初めは何事もないかのように、気づきませんでした。この時点で、もはや”意味なしパーテーション”です。異変に気付いたのは、朝一番にいつものように三毛の女のコを膝に乗せ、スリスリしている中学生の息子のグレーのスエットが、霜降りの模様になっていることに違和感を覚えたからです。気がつけば、私のデニムのエプロンにも肉球のスタンプが、、、。お互い顔を見合わせて???嫌な予感を胸に、キッチンをのぞいて見ました。昨夜のメニューは、一口ヒレカツだったのですが、オリーブ油の鍋を熱が冷めるまで、、、と思い、蓋をして、シンクの脇に置いていました。悪いことには、そばに、お味噌汁用に出汁をとった鰹節の残りがありました。きっと勢い込んでひっくり返してしまった、、、嬉々として飛び込んだネコさんの姿が、容易に想像できます。抱き上げて、よくよく見てみると、シッポと後ろ足が、オイルまみれになっていました。その体でダイニングを闊歩していたのでしょう、いたるところに油染みのスタンプが、、、、。その時点ではたと気づいたのですが、部屋中にオリーブオイルの芳しい香りが漂っておりました。慌ててシャンプーしましたが、”油”断大敵とは、まさにこのことです。幸い、オイルはすっかり冷めていたのと、ネコさんが口にした形跡もなく、少しだけホッとしたのですが、もしも、、、のことを想像して、心底ゾッとしました。以来、キッチンとダイニングの間には、重めの引き戸を設置しました。それでも2匹は、誰かの開け閉めの隙をついては、中に入りたくてたまらない様子です。”オイルショック”の後は、万が一に備え、キッチンの中は片付けてはいますが、記事にあったような、スプレーを使ったり、手を叩くというような動作も加えて、キッチンには入らないように覚えてもらうことも、根気強く始めてみようかな、と思っています。

30代 女性 nanairo

キッチンでの危険な体験…秋口にありました!
我が家は、引っ越しを機に、キッチンのあるスペースに猫トイレを置く事になりました。
なので、今の家になってから自由にキッチンを行き来するようになりました。
我が家の猫は、さほど人間の食べ物に興味を示さないので(魚以外)、あまり危険視はしていなかったのですが、私が冷蔵庫へ向かった途端に火の点いているコンロへ登ったのです。
そして、やかんの方に顔を近づけてしまい、右のヒゲが少しクルクルになってしまいました。

引っ越しは初夏なので、火が点いてるコンロ自体はずっと見ていたはずなので、突然の出来事でこちらも心臓が止まる思い出した。
幸い、ヒゲがクルクルするだけで済んだのでよかったのですが、一歩間違えれば火傷の大惨事になる所でした。

同じスペース内にキッチンとトイレがあるので、キッチンに侵入させない、というのができない状況なので
アナログではありますが、コンロに乗ったり火が点いたものに興味を示す時に
安全である事を前提に、熱いんだという事
乗ったら怒られる、という事を学習してもらいました。
「熱い」という所に関しては、既に髭をチリチリさせたので、本人も理解しているようで
すぐに学習してくれました。
「乗ったらダメ」という所に関しては
手で遮る、ダメッ!ときつく言う。この2点で学習してくれました。
1ヶ月もかからなかったと思います。
興味があったり、そばに居たい時は
レンジの上に登り、にゃーにゃー言いながら
見下ろしています。

キッチンは、火だけでなく
刃物や食材など、猫に危険のある物の宝庫だと思います。
隔離をしたり、行けないようにするのも方法の一つかと思いますが
我が家のように、1K間取りのお宅ですと
なかなかそうもいかないと思うので
根気で共同生活を構築していった方が
躾の基盤になるのかな、と思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード