猫にとってキッチンが危険な理由と対策方法

猫にとってキッチンが危険な理由と対策方法

猫が歩く姿は優雅でとてもかわいいのですが、家の中だとキッチンには入ってほしくない!という意見が多いのではないでしょうか。猫がキッチンに侵入しない方法を探ってみました。

399view

猫にとってキッチンが危険な理由

キッチンでハムを見つめる猫

キッチンには食べ物や水、様々な調理道具などがあり、猫にとって、とても興味深い場所なのかもしれません。ですが、刃物や火など危険な物も多く、猫に有毒な成分を含んだ食べ物だってあります。

調理中に猫が近づいてきて危険な思いをした、という飼い主も多いのではないでしょうか。注意していないと猫だけではなく、家全体の被害に発展してしまう可能性もあるのです。

猫をキッチンに近づけない対策

霧吹きを持つ手

猫はとても賢い動物です。例えば、キッチンに近寄ったら離れた場所まで猫を運ぶなど、根気よく繰り返すことで「ここに入ってはダメ」ということを学習してくれる猫もいます。

また、「ここに来ると嫌なことがある」と認識させることで猫をキッチンへ侵入させないようにすることも出来るのですが、その中でも以下の方法がよく知られています。

  • スプレーで水をかける
  • 手を叩く、猫の嫌いな音を出す
  • 両面テープなどのベタベタしたものを使う

ただし、猫によっては効果がないことや、賢いゆえに「嫌なこと」という認識がなくなると再びキッチンに近づいてしまうこともあります。また、 猫の性格や住宅の環境によっては対策ができないことがありますが、

  • 調理中はケージに入れる
  • キッチンを囲ってしまう
  • 猫専用の部屋を用意する

など、完全にキッチンから離してしまうという方法もあります。衛生面を考えてキッチンに猫を入れたくない場合にも有効です。

その他の猫の為のキッチン対策

何もないキッチン

猫に人間と同じ行動をさせるには限界があります。猫がキッチンに近づいてもできるだけ安全にしておくことで留守の時も安心です。

  • コンロにはコンロカバーを使用する
  • 食べ物、生ごみ、料理の入った鍋などは出しっぱなしにしない
  • ニオイが残らないように掃除をする
  • シンクの中に入れないようにワイヤーネットなどを利用する
  • 収納を開けられないようにする

等の方法で、猫にとって安全なキッチンを目指しましょう。

まとめ

舌を出すグレーの子猫

猫がキッチンに侵入しないようにする方法はいろいろありますが、興味以外に何か理由があるのかもしれません。例えば、水を飲みに来ている可能性があります。

猫用の飲み水の量や、器を確認してみましょう。また、ごはんが足りていないことも考えられますので、量や与え方の再確認をしてみる必要があります。

飼い主がいるときはキッチンに近づかなくても、飼い主が留守の時にはどんな行動をするのか分かりません。猫目線になって危険がないか確認してみましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード