不思議な世界観に目が釘付け!スペースキャットとは?

不思議な世界観に目が釘付け!スペースキャットとは?

最近SNS界隈で密かな人気を集めている「スペースキャット」をご存じでしょうか?スペースキャットとは、猫の写真と宇宙の背景を組み合わせたコラージュ画像です。そんなスペースキャットについてご紹介します。

346view

スペースキャットは海外発

宇宙を飛ぶ猫

スペースキャット。これだけ聞くと単に可愛らしいとか、キレイな画像なのではないかと想像してしまいますが、実物はとても面白く、作った人の個性と想像力が爆発したものとなっています。

「スペースキャット」とは、猫の写真と宇宙の背景を組み合わせて作ったコラージュ画像と呼ばれるものの一種です。日本のSNS利用者の間で話題を集めているスペースキャット。実は数年前から海外では大人気となっています。

海外のどこで誰がいつ作り始めたのか、正確なことはわかっていません。正に宇宙と同じように起源が謎に包まれているのです!スマートフォンが市民権を得たあとに多くのアプリが登場しましたが、その中のコラージュ画像を簡単に作れるアプリを使って作成されたものが始まりなのではないか、とも言われています。

スペースキャットブームが日本にもやってきた!

そんなスペースキャットフィーバーが日本にも飛び火。Twitterを始めとするSNSを通して広まり、今や日本でも「シュール」、「笑える」、「かわいすぎてずるい」、「猫は宇宙そのものだ!」など、様々な反応と共に密かな人気となっています。

画像だけにとどまらず、Tシャツやスマートフォンケースなどのグッズも販売されています。スペースキャットがデザインされたTシャツを着て街を歩けば、周囲から注目を浴びること請け合いです。

人から注目されたい!という人から、画像を見るだけじゃ物足りない!常にスペースキャットと一緒にいたい!と思われる人が、どれだけいるかはわかりませんが、気になるかたはネットショップで検索してみてはいかがでしょうか。

スペースキャット画像いろいろ

宇宙でスケボーする猫

SNS上にはたくさんのスペースキャット画像が投稿されています。比較的マジメなカッコいいものや神秘的なものから、思わず吹き出してしまいそうな完全にネタに走ったもの、一体どういう経緯で思いついたのか悩んでしまいそうな画像まで様々です。

少し例を挙げると、

  • 三角形のピザに乗ったペルシャ猫(しかもちょっと上下に動いている)
  • ワイングラスとワインボトルを持ったサングラス猫
  • 仰向けになりトイレットペーパーをロールごと抱えている猫
  • 黄色い眼鏡をかけ、真っ赤な目から赤い光線を発射する猫
  • ボディがピザの亀に乗り、頭に食べかけのピザをかぶった猫
  • 可愛らしい子猫の周りに土星のような輪っかが
  • 背景は漆黒、猫の体の中が宇宙に
  • 月面を生身で歩く猫

などなど、宇宙をバックにシュールな猫たちの姿が展開されています。いずれもかなりのクオリティで、そのまま映画のポスターに使えそうなものなども!

完全に趣味・遊びの領域ながら、こんなに素晴らしい合成技術とセンスを持った人たちが本気で作っているところに、猫人気の高さと彼らの猫愛を感じてしまいますよね。

なぜ猫なのか

ゲラゲラ笑いながらスペースキャットの画像を見ていてふと湧いた疑問があります。それは「なぜ猫がモチーフにされたのか」ということ。他の動物ではダメだったのでしょうか?

猫と比較して語られることの多い犬だったら?反応や性格が猫に比べて分かりやすい犬。宇宙と合わさった時、猫ほどの神秘性やシュールさが出ないような気がします。

では猫と同じネコ科のライオンならどうでしょう?純粋にカッコいい画像しか想像できません。

あくまでも筆者の想像でしかありませんが、気まぐれでツンデレな猫の、つかみどころのないイメージが、宇宙の醸し出す神秘性にもっともマッチしていたのではないか?とそんなことを考えてしまいました。

宇宙のように謎めいていると表現するのは大げさかもしれませんが、まだまだ私たちが知らない秘密を猫たちはたくさん隠しているような気がします。

また、ミステリアスなだけでなく素朴で愛らしい一面もある猫と壮大な宇宙のミスマッチさから来る面白みも、スペースキャットが海を越えてこれだけの人気を集めた理由なのではないでしょうか。

しかし、いつの世も物事の真相は単純なことが多いものです。「初めてスペースキャットの画像を作った人が猫好きだったから」とか、そんなことなのかもしれませんね。

おまけ リアル・スペースキャット?!

宇宙

皆さんは初めて「スペースキャット」という言葉を聞いた時、又は文字を見た時、何を思い浮かべましたか?映画通のかたなら、1978年にアメリカで公開されたSF映画『スペースキャット』を思い浮かべたかもしれませんね。

この『スペースキャット』は、人語を操る猫型のエイリアンが出てくるファンタジーで、日本未公開ということもあり映像を手に入れるのは難しい作品となっています。

ちなみに筆者は「スペースキャット?宇宙に行った猫のこと?」と思いました。スペースキャットの本当の意味を知り画像を見て脱力したのですが、ついでに「そういえば猫って実際に宇宙に行ったことがあるのかな?」と思い調べてみました。

初めて宇宙へ行った猫「フェリセットちゃん」

こちらは映画の中の話ではなく、現実にあった出来事です。
1963年10月、歴史上初めて猫が宇宙へと飛び立ちました。そのメス猫の名前はフェリセットちゃん。

フランス製のロケットで、時間は15分間ほど。フェリセットちゃんの頭には、宇宙から帰還したあとの脳波測定のための電極が埋め込まれていたといいます。

過去にも多くの動物が宇宙へと送り込まれましたが、生還できないコもたくさんいました。そんな中でフェリセットちゃんは生きて地球に戻ってきました。
フランスから英雄として表彰されたフェリセットちゃん。

しかしその後の彼女がどんな生活を送ったのか、詳細は語られていないようです。どうしても嫌な想像が頭をよぎってしまいますよね……。脳検査のために安楽死させられたとも。

じつはこのフェリセットちゃん、別の猫のピンチヒッターとして宇宙へ行くことが決まりました。もともとはフェリックスという猫が抜てきされていたのですが、ロケット打ち上げ直前に、居なくなってしまったのだそうです。もしかしたら、身の危険を察知して逃げ出したのかもしれませんね。抜群の危機管理能力です。

現在の宇宙科学の進歩も、「リアル・スペースキャット」とも呼べる、彼女らの犠牲の上に成り立っているのですね。

まとめ

宇宙を飛ぶ猫

ラストは何だかしんみりした話になってしまいましたが、本家スペースキャットの方は気楽に笑える不思議な画像がいっぱいです。

誰かの作った画像を見てニヤニヤするもよし、画像加工に自信のあるかたは自分の愛猫をスペースキャットにするもよし。いずれにせよ、このスペースキャットブームは当分続きそうです。

スポンサーリンク

人気のキーワード