【台風発生】猫の病気との関係性!

【台風発生】猫の病気との関係性!

せっかくの夏、毎年この時期になると台風が発生しやすくなります。皆さんはこの台風が、猫の病気を引き起こしやすくなることをご存知でしょうか?

437view

猫も要注意!台風の危険性

台風による被害

台風で最も注意しなければいけないのは強風で、これはもちろん猫も一緒。台風が来たときあまりの強風に驚き、外がどんなものかと見たくなる気持ちも何となくわかるのですが、猫を飼っているご家庭では絶対にオススメできません。

というのも、私が住んでいる地域では、めったに台風が直撃するようなことがないのですが、去年の8月に猛烈な台風が襲ってきました。停電が続き、強風に煽られ家が揺れるほど。

そんな中、友人が興味本位で玄関のドアを開け、外の様子を伺ったところ、脱走癖のない猫ちゃんがパニックで家を飛び出してしまうという事件がありました。

人間でさえ立っているのがやっとな強風と強雨が猫を襲うことを想像してみてください。重くても5キロほどの猫の体は、あっという間に飛ばされてしまいます。

残念ながらその猫ちゃんが見つかることなく、もうじき1年が経とうとしています。このように猫がパニックを起こし家を飛び出て行ってしまう事例は、実は少なくありません。

また、パニックになるだけではなく、恐怖心から食欲の低下などが見られる場合もあります。我が家の猫たちも、地震は平気そうですが雷や強雨には敏感で、ものすごく天気が荒れている時は食事を摂らなくなってしまうこともあります。

猫が台風で怯えている時の対処法

家具の隙間からのぞく猫

台風による強風や強雨、いきなりの停電によりパニックになった猫は、攻撃的になる場合も。むやみに手を出さず、猫が落ち着ける場所(暗く狭い段ボール等)を用意し、まずは猫を安心させることが大切です。

また、恐怖心から食欲を失ってしまった場合、1日、2日程度なら心配はありませんが、猫は非常に繊細な生き物で、元に戻るまで数日間かかってしまうことがあります。

うちの長女猫が正にそれで、雷や強雨で恐怖心を抱いてしまうと、1週間ほど部屋の隅っこや家具の裏などに引きこもってしまい、なかなか食欲が戻りません。

そうなると体も心配になってきますよね。そこで、我が家では「総合栄養食」と記載があるものを食事として与えるのが一般的ですが、このように食欲がない場合のみ、「おやつ」を与えてしのいでいます。

例えば

  • クリスピータイプのおやつ
  • ササミ、かつお等のおやつ
  • 猫用煮干し

等少しでもお腹にたまりそうで、尚且つおやつの中では栄養がありそうなものを与えるようにしていますが、どうしても食べない場合は、大好きな「チャオ ちゅ~る」を食べさせます。ちゅ~るのようなペースト状のおやつは、同時に少しの水分補給もできますのでオススメです。

ひどい場合には、恐怖心等の不安から排せつが出来なくなってしまう子もいますので、その場合は台風が落ち着き次第、すぐに病院へ連れて行ってあげましょう!

猫の腎臓疾患と台風の関係性

横たわる猫

実は猫が台風によって引き起こすのは、パニック症状や恐怖心からくる食欲低下等だけではありません。

猫を飼育している方ならご存知の、「腎臓疾患」。猫が最もなりやすいと言われている病気です。実は、この病気、台風による影響が多いと言われています。

耳は外耳、中耳、内耳の3つで構成されていますが、台風の影響で低気圧になることによって、「内耳」と呼ばれる器官が気圧低下を悟ります。

すると自律神経が刺激され、交感神経が活発になることで血管の膨張、心拍数が増える、筋肉が緊張する等の症状が起き、臓器を含む体全体がむくみやすくなり、腎臓にも影響を及ぼす可能性があると言えます。

体を冷やすことによって血管の膨張を防ぐことができますので、水分を取らせる、体を冷やす等の対処を行ってください。

腎臓疾患だけじゃない!

腎臓疾患を持つ猫が低気圧に気を付けなければいけないのは確実ですが、それだけでは無く様々な病気を引き起こす「キッカケ」になると言われています。

台風による低気圧には人も猫も十分に注意することが大切だと言えますね。

まとめ

雨が降る外を窓から見る猫

低気圧が苦手なのは人だけじゃなく猫も同じだと言えます。どうやら体がだるくなり、1日中寝て過ごすことも多くなるんだとか。台風による低気圧であまりにも猫が元気をなくしたり、体調が悪いのが目立ったりする場合は、腎臓病の発見につながる場合も。

台風時の猫の様子をしっかりみて、少しでも異変を感じたら動物病院で血液検査等を行い、腎臓病の有無を調べてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

人気のキーワード