ファーミネーターがすごい!猫の抜け毛がゴッソリ取れる?!

ファーミネーターがすごい!猫の抜け毛がゴッソリ取れる?!

ブラッシングの効果抜群!ネットで話題の「ファーミネーター」をご存知でしょうか。猫の抜け毛対策にオススメのファーミネーターの使い方やメリット、デメリットをまとめました!

521view

ファーミネーター 猫用ブラシ

ファーミネーターでブラッシングしてもらう猫

猫のブラッシング用ブラシは様々な種類の物が売られていて、それぞれのブラシにメリットやデメリットが存在します。今回はその中から、ネットで「毛がすごく取れる」と話題のファーミネーターというブラシについてご紹介します。

ファーミネーターの仕組みですが、トリミングナイフと呼ばれる毛を抜く為の物が使われています。それによって抜け毛や、そろそろ抜けそうな弱い毛等がしっかり取り除けるという仕組み。アンダーコートと呼ばれる一番下に生えている毛を取り除くのが目的です。

ちなみに、刃と刃の間からトップコートと呼ばれる、表面の長い毛を逃がすように作られていますので、一気に同じ場所から毛が抜けるわけでは無く、不要なアンダーコートだけを抜く事が出来る為、安心です。それではファーミネーターのメリット、デメリットを見てみましょう!

メリット

毛をしっかりと取る事が出来ます。抜け毛をしっかり取る事で、猫も毛繕いの際に飲み込む毛の量が減りますし、人間も抜け毛が少ない事で猫アレルギーの予防となり一石二鳥です。

デメリット

デメリット何て無いのではないか?というくらい良い商品ですが、たくさん抜けるのが気持ちよくてついつい何度もブラッシングしてしまって、猫がハゲてしまった!なんて悲しいお話もあります^^;

それ以外にも、強くやりすぎて猫の皮膚を傷つけてしまう可能性もありますので、ブラッシングする際には十分にお気を付けください!

ファーミネーターを猫に使う必要性

ベットの上の長毛種猫

猫の場合、抜け毛が多い事で有名だといっても過言ではないくらい、抜け毛がすごい動物です^^;その為、普通のブラシではなかなか綺麗に毛が取れず、あっという間に絨毯や布団が猫の毛だらけ・・・なんて事も。

そして長毛種の猫の場合、ブラッシングが必ず必要だと言われますが、理由としては長い毛が絡まり毛玉になってしまうのを防ぐ為。長毛種の場合抜け毛も気になりますが、毛の絡まりもひどくなると大変な事に・・・。

そんな時に役に立つのがこのファーミネーターです。長毛種用、短毛種用等、種類がいくつかあるのも便利ですね。ちなみに猫用だけでなく、犬用もあります^^種類は犬用の方が細かく分かれており、多かったと思います。

ファーミネーターを猫に使おう!

ブラッシング中の猫

とても良い商品なだけあって、ブラッシング用ブラシにしてはお値段がちょっと高めで4000円から5000円程度で購入できます。中古というわけでは無く、新品を唱っているわりには安すぎると感じた場合、偽物を疑った方が良いかもしれません。

気になるファーミネーターの使い方ですが、とっても簡単!いつものように猫の体をブラッシングするだけ。そしてブラシの先に毛が沢山溜まったら、手元にあるポッチを押すと溜まった毛がスムーズに取れます。

ファーミネーターを猫に使う際の注意点ですが、猫の体に添って優しくブラシを滑らせる事。間違っても皮膚に強く押し当てるような事はしないでください。皮膚が傷ついてしまう原因になります。使用の目安ですが、週に1から2回程度で時間は15分程でOKです。

まとめ

女性に抱かれる猫、背景にブラシ

大人気のファーミネーターですが、これだけ人気という事もあり実は沢山の偽物が販売されています。偽物の場合、

  • 作りが粗い
  • 猫が痛がる
  • 毛がちぎれるようにして抜ける
  • 無駄に重い

等が見られます。我が家も値段につられ、一度偽物を購入してしまった事がありますが、無駄に重く一苦労で、作りも雑。トリミングナイフの部分をよく見てみると感覚が大幅にまだらで、その上ブラッシングする度に、ブチブチと音が鳴り明らかに毛がちぎれているような感じでした。

猫も嫌がりすぐに使うのをやめて、正規品を購入しました。なかなか上手に作られており、素人目では見極めるのも難しいと思いますが、値段に釣られずしっかりと正規品と記載されている物を購入する事をオススメします。

使い方を間違えなければとても良い商品で、猫の抜け毛に悩んでいる方や小さなお子様が居る方にはとてもオススメのブラシだと言えます。一度お試しして見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

人気のキーワード