猫草ってどんな植物?猫が食べる理由や必要性について

猫草ってどんな植物?猫が食べる理由や必要性について

猫と暮らす上で必要な物はたくさんあります。その中のひとつである「猫草」はどんな植物なのでしょうか。ペットショップやホームセンター等で、小さな容器に入った猫草や、猫草の栽培キット等も販売されていますよね。猫は猫草が好きだとよく聞くし、よく見かけるから食べさせたほうがいいの?と悩んでいる飼い主さんは是非参考にして下さい。猫が猫草を好んで食べる理由や、必要性についてまとめました。

415view

猫草とは

猫草の写真

猫草と呼ばれているのは、燕麦(カラスムギの若葉)や、小麦や大麦の若葉です。比較的、燕麦の方が猫草として販売されている事が多いのですが、燕麦はビールやウィスキー、シリアルコーン等の原料に使用されています。

猫は上記のようなイネ科の背が低い草を好むと言われています。ただし、猫草を好んで食べる猫もいれば、全く興味を示さない猫もいます。猫が猫草を食べる理由は解明されておらず、猫の栄養面で言えば不必要だと言われる事もあり、猫草の必要性に関しては賛否両論あるのが現状です。

猫草を食べる理由

猫草と2匹の猫の写真

上記でお話しした通り、猫が猫草を食べる理由ははっきり解明されていません。ただ、以下のような仮説があります。

毛玉を吐く為

毛玉を吐く為に猫草を食べるという事は皆さんご存知かと思います。トゲトゲした草を食べる事で胃が刺激され、毛玉を吐く事ができるのではないかと言われています。実際、ネコ科のトラやライオンも、雑草を食べて吐く行動が見られるそうです。

ビタミン補給

猫草にはビタミンが多く含まれており、これを補給する為に食べているのではないかと言われています。ただ、猫自身が人のようにビタミン摂取の為に何かを食べるとは考えにくいのではという意見もあるそうです。

便秘解消

猫草に含まれる食物繊維で便通が良くなる為とも言われています。これは、猫が野性だった頃の名残で、鳥やネズミの羽や骨等をまるごと食べていた時に、不要な物を吐き出す為の習性なのかもしれません。また、毛玉を吐かない猫は便と一緒に飲み込んだ被毛を排出する必要がある為、便通を良くしているのだとか。

嗜好品として

暇さえあれば猫草を食べているという程、猫草が大好きな猫もいます。猫草を食べる事がストレス発散になる場合もあるそうですよ。人でいう口がさみしい時に食べているような様子から、嗜好品として楽しんでいるのではないかとも言われています。

猫草の必要性

 猫草を食べている写真

猫が猫草を食べる理由が解明していない現状では、猫にとって猫草が必要なのかどうか、はっきり知る事はできません。ただ、好んで食べる猫もおり、無害である事から猫に判断を委ねてもいいのかもしれません。

実際に、私は「猫草は必ずしも必要なわけではない」という情報と、愛猫が毛玉を吐かない子だった為、子猫時代からずっと猫草を与えた事がありませんでした。短毛種である事もあり、被毛を飲み込むという事に対してあまり深く考えた事がなかったのです。

ただ、子猫時代より随分体が大きくなってから迎えた4度目の換毛期に、毛球症(ヘアボール)の症状が起こり、急いで猫草を準備しました。やはり今でも毛玉を吐く事はありませんが、思いのほか喜んで食べています。毛球症を引き起こし、便秘にもなっていたのですが、猫草や猫草スナックを食べるようになってから、便通も良く、毛球症の症状は改善されました。

毛玉を上手く吐けない、便秘気味という猫の場合、是非一度猫草や、猫草スナックを試してみて下さい。毛球症が猫草や猫草スナックで改善された時、やはり猫が昔から好んで食べる物が完全に無意味だなんて事はないのだなと痛感させられました。

まとめ

花畑と猫の写真

猫草を与えるかどうかは、飼い主さんの判断に委ねられます。ただ、毛球ケアは必ず必要な事だといえるので、ブラッシング等のケアとあわせて、猫自身が猫草を食べる事で毛球を上手く吐いたり、排泄したりする事ができるならば与えても構わないかと思います。食べすぎて吐く回数が極端に増えてしまう場合などは、食べる量を調整してあげて下さいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード