猫の餌皿を選ぶポイント!食べやすいお皿を選んであげよう!

猫の餌皿を選ぶポイント!食べやすいお皿を選んであげよう!

最近では100円ショップ等でも、猫の餌皿は多く売られています。しかし、中には注意したい餌皿もあります。猫の餌皿について気になるポイントをまとめてみました!

895view

プラスチック製の猫の餌皿

プラスチックの餌皿で餌を食べる猫

猫の餌皿も様々なものが売られていますが、どのようなものを使っていますか?プラスチック製の餌皿を使っている人も、多いのではないのでしょうか。プラスチック製の餌皿はとても軽く、見た目もカラフルで可愛いのですが、実はあまりオススメ出来ません。

プラスチック製の餌皿は、傷が付きやすい為、そこからバクテリアが増殖しやすいと言われています。それが猫の顎ニキビの原因になってしまう場合も。そして、持つときに軽いのは人にとって良いポイントですが、猫にとっては食べている時に動いてしまうので、良いかどうかは微妙です。

猫の餌皿を選ぶ時のポイント

餌が沢山入った大きな餌皿と猫

猫の餌皿を選ぶ時は、

  • 傷が付きにくい
  • 割れにくい
  • 食べやすい

この3つのポイントに重点を置き、選ぶようにしましょう。

ステンレス製の餌皿は洗いやすくて傷も付きにくく、100円ショップからスーパー、ホームセンター等でも手に入りやすい為、オススメです。しかし、プラスチック製の餌皿同様軽い為、ひっくり返ってしまう場合も。

我が家の猫たちは、なぜか1つの皿で食べたがります。最初は3匹分の餌皿を用意していましたが、今ではステンレス製で料理用のバットを使用して、そこに3匹分の餌を入れて食べさせています^^料理用バットは、浅く猫たちも食べやすいですし、とてもオススメです。

陶器の物は丈夫でひっくり返りにくく、洗う際にも楽なのでオススメ!と言いたい所ですが・・・もしも、割れてしまった時には片付けが大変です。人間が寝静まった時間に猫が走り回って割ってしまった時には、片付けが遅れ猫が怪我をしてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

猫が食べやすい餌皿とは

ステンレスの餌皿と猫

猫の餌皿を選ぶ時に、重視してあげたいのはもちろん食べやすさ。猫が、食べやすいと感じる餌皿の条件は、

  • 浅くて大きい
  • ある程度の重さがある

この2つです。猫はお皿に顔を入れて餌を食べますが、深すぎると底の方が食べられずに残ってしまう、そして小さいとヒゲがお皿に当たって食べづらい事から、浅くて大きい餌皿を選ぶようにしてあげましょう。

そして、手を使ってお皿を抑えられるわけではありませんので、ある程度重みがあって、食べている間にズレないものを選ぶと良いでしょう。

猫の餌皿に関するまとめ

お座りしている茶色の猫と白い皿

猫の餌皿も様々な物が売られていますが、その中でも私が1番オススメしたいのはステンレス製の物です!傷が付きにくい、洗いやすい点で◎です。ひっくり返りやすいのがデメリットですが、もちろんそれぞれの餌皿にメリットデメリットがあります。

そして、猫の餌皿はたまにしか洗わないという人も居ますが、餌皿の底は1日経った水でもヌルヌルしてしまいます。餌の場合、夏場ならすぐに腐ってしまいますし、清潔に保つには水の皿、餌の皿、どちらも毎日洗い綺麗にしてあげましょう。

自分の家の環境や猫にあった餌皿を選ぶ事が1番ですが、猫用の餌皿は安価な物が多いので、色々な種類の物を買って、実際に試してみると良いですね^^

スポンサーリンク

人気のキーワード