猫がクーラーを嫌がる?その場合の対策法について

猫がクーラーを嫌がる?その場合の対策法について

クーラーを嫌がる猫は、とても多いですよね。しかし、最近では35度を越える猛暑日が続く事もあり、熱中症予防が呼びかけられています。猫は比較的、暑さに強いといわれていますが真夏は人同様、熱中症に要注意です。その為、猫と暮らす部屋でもクーラーの利用は必須になりますが、猫がクーラーを嫌がる場合は、どうすればいいのでしょうか。対策法をまとめました。

818view

猫がクーラーを嫌がる理由

ジーンズに隠れる猫の写真

主に、猫がクーラーを嫌がる理由は以下の2つだといわれています。

室温が低すぎる

猫は比較的、暑さに強いとされています。快適に感じる室温は27度~30度程度といわれており、人が快適と感じる室温よりも少し高めですね。特に短毛種は暑さに強いので、人が涼しいと感じる室温の場合、猫にとっては少し寒いぐらいかもしれません。特に、冷気は床近くに溜まりますので、猫が移動する床下付近は、実際の設定温度よりも1度~2度低い可能性があります。クーラーを27度以下に設定にしている場合は、少し温度設定を上げてみましょう。

クーラーから出る機械音が不快

猫の聴覚は、人間の4倍だといわれています。その為、人には聞こえない小さな音を不快に感じているのかもしれません。実際に我が家の猫は、クーラーの電源を入れると不思議そうにクーラーを見つめている事があります。特に神経質な猫の場合、クーラーの機械音が不快で別の部屋に避難しているのかもしれません。

猫はより自然に近い環境を好む為、クーラーを嫌がるのかもしれません。しかし、日本の猛暑日は35度を越える事も多々あります。その為、猫を熱中症から守るためにもクーラーは必要といえます。

猫がクーラーを嫌がる場合の対策法

カーテンに隠れる猫の写真

一番重要なのは、猫が室内を寒いと感じた時に避難できる場所を用意しておく事です。

猫用ベッド等を用意しておく

猫用ベッドや、高さのあるキャットタワー等、猫が寒さから逃れることができる場所をいくつか用意しておきましょう。クーラーの風が直接当たらない場所に置いてあげてくださいね。

部屋を開放しておく

飼い主としては、クーラーを付けている部屋は閉め切っておきたいところですが、猫が寒いと感じた時、クーラーを付けていない部屋へも移動できるように可能な限り部屋を開放してあげましょう。可能であれば、避難できる部屋は小窓を開けるなどして換気しておくのが理想的です。

遮光する

遮光カーテンやすだれ等を利用する事で、クーラーの設定温度が高めでも、室温の上昇を防ぐ事ができます。クーラーで部屋を冷やすだけではなく、自然な形で暑さを凌ぐ工夫をする事も大切です。

換気する

換気扇や、小窓を開けておく事で部屋の中に冷気が溜まりすぎる事を防ぎます。扇風機を利用して、部屋の空気を循環させるのもひとつです。24時間クーラーを付けっ放しにするのではなく、飼い主さんが在宅中で比較的、気温が下がっている時間帯に全部の窓を開けて、空気の入れ替えをしてみましょう。

理想的なのは、クーラーが付いている涼しい部屋とクーラーが付いていない部屋を自由に行き来できる事です。クーラーを付けているのに、ドアや窓を開けるというと、あまりエコではありませんが猫が熱中症に掛かったり、風邪を引いたりする事を考えれば、それも仕方ないのかもしれませんね。

猫の留守番中にクーラーを利用する場合

窓から外を覗く猫の写真

閉め切った室内は、真夏になると40度近くまで気温が上昇する可能性があります。その為、真夏に猫をお留守番させる場合は、クーラーの利用は必須といえます。ただし、部屋を冷やしすぎると風邪を引いてしまう可能性があるので、別の部屋へ移動できるようにドアを開けておく等の工夫が必要です。

また、クーラーだけに頼り、部屋を閉め切ってしまうと停電時に猫が熱中症に掛かってしまう可能性があります。万が一に備え、防犯、脱走に十分注意し、可能な限り猫が自由に家の中を行き来できる工夫をしましょう。

まとめ

丸くなって眠る猫の写真

我が家の愛猫もクーラーが苦手なようで、すぐに隣の暑い部屋へ避難してしまいます。でも昼間の暑い時間帯は、涼しい部屋に戻ってくるところをみると、自分で快適な場所を選んで過ごしているのでしょう。「一番快適な場所は猫に聞け」という言葉があるくらいですし、部屋を自由に行き来できるようにしておけば、そう心配は要らないのかもしれません。

スポンサーリンク

人気のキーワード