愛猫のペットロスを乗り越える方法

愛猫のペットロスを乗り越える方法

愛猫が亡くなり、ペットロスになってしまう人は少なくはありません。猫の死を目の当たりにした時、ペットロスにならない為の方法はあるのでしょうか。

1979view

猫の死によるペットロス

落ち込む女性

ペットロスは文字通りにいくと「ペットを失う」という意味になりますが、実際には、愛しいペットとの別れにより、寂しくて辛くて、何も手に付かなくて、心にぽっかりと大きな穴が開いたような。それはもう言葉では表せられない程の、大きな悲しみでいっぱいになるという意味で使われています。

可愛がっていて大切にしていたペットが亡くなってしまうのですから、この気持ちは飼い主なら誰もが経験する悲しみだと言えます。更に、その悲しみの域を超えてしまい、日常生活に支障をきたすような症状を「ペットロス症候群」と言います。

現在では、多くの家庭で猫が飼われている時代です。そんな中、愛猫の死により悲しみに暮れ、ペットロスを経験している人も少なくありません。現に私も、愛猫の死によるペットロスを経験したうちの一人です。

病気がわかり、ある程度理解していたものの、いざ亡くなってしまった時には親が亡くなってしまったかのような悲しみ。もう二度と会えないという悲しさから、いつもの様に家事や育児に手が付かなくなってしまいました。

私の場合、そんな日がしばらく続きました。しかし、私は独り身なわけではなく、主人も小さな子供もいます。いつまでも悲しみに暮れているわけにはいかないのです。頭ではわかっていても、体がついていきません。これがペットロスなのです。

猫のペットロスにおける症状

悲しむ女性

愛猫の死によりペットロスになってしまった場合、

  • 食欲不振
  • 思い出しては涙が止まらなくなる
  • 寝付けない
  • 体調不良や発熱
  • 何もやる気が起きない

等の症状が現れます。

もしも、猫の死の直後からこの様な症状が見られる場合は、ペットロスと考えても良いでしょう。このように、猫の死によるペットロスは精神的な症状から身体的な症状まで様々です。ペットロスの場合、病気とは違いますので薬では治す事が出来ません。

又、上に書いたような症状だけではなく、「何でもっと可愛がらなかったんだろう」、「沢山遊んであげればよかった」、「あの時こうしてあげれば」等、様々な後悔に押しつぶされそうになります。この後悔が1番辛かったりもするんですよね。

猫の死でペットロスにならない為には

猫の手と人の手

出来れば猫の死でペットロスになるのを避けたい、そう思う方も、いらっしゃいますよね。ペットロスにより、自分の生活が困難になり日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。そして何より、愛猫もずっと悲しんでいる飼い主を、天国から見守るのはつらいはずです。

では、猫の死に直面してもペットロスにならない為の方法はあるのか、と気になる所ですが、正直、ペットロスにならないという方法は無いと思います。そこで、私がペットロスから立ち直った方法を、幾つかご紹介していきたいと思います。

  • 泣きたいだけ泣く
  • 時間の許す限りゆっくりする
  • 後悔を謝る
  • 次に繋げる強い心を持つ

この4つです。猫の死によるペットロスの立ち直り方は、本当に人それぞれだと思いますので、あくまでも参考までにしてください。

私の場合、愛猫の病気がわかってから亡くなって1週間経つまでの間、毎日毎日泣き続けました。そして主人にも頼り、どうしても何も手に付かない時は家事や育児をいつものようには頑張りませんでした。無理はせずにすべて出来る範囲でやって、他は主人がやってくれていました。

そして亡くなった時には、「もっと早く病気に気が付けなくてごめんね」、「あの時こうしてあげなかったのも本当にごめんね」、「爪切りも嫌がってたのに無理やりやってごめんね」と、些細な事でも謝りたいことは全部謝りました。

謝ったからといって何か変わるわけではありません。でも、猫に伝えたい事をしっかり伝えるって、とても大切な事だと思うんですよね、自分の気持ち的に。何も伝えられないままだと、一生モヤモヤし続ける事がわかっていたので、私は気にかかっていた事はすべて謝りました。

私の場合、猫の死によるペットロスで1番の回復につながったのは、新たな家族を迎える事でした。始めは「あの子に似た猫を引き取る」という気持ちでした。似た子を里親のサイトで探しました。

でも、どれだけ探しても居ないんです。もう駄目だってまた悲しみに暮れ始めた時、ふと目についたSNSで、子猫の里親を探している方に出会いました。それまでは亡くなった愛猫に似ていない猫を飼うつもりなんてありませんでした。

しかし何故かその時、この子たちを引き取ろう。そういう気持ちになったのです。子猫2匹を引き取ってからは、愛猫にしたかった事、謝りたい事等の後悔を生かせていますし、無事にペットロスから立ち直る事が出来ました。

新しい猫を引き取るのは、何だか愛猫を忘れるみたいで嫌だと思っていた私ですが、そんな事ありませんでした。新しく来た猫たちに何度も助けられ、元気も貰っています。だからと言って、亡くなった愛猫を忘れた事なんてありません。

まとめ

抱かれる子猫

大切な愛猫を失った経験がある方は、ペットロスを経験済みかと思いますが、まだ経験していない人にとっては未知の悲しみです。猫を大切にしていた飼い主さんなら誰もが経験すると思われるペットロス。

ペットロスにならない為の方法なんて、いくら探してもありません。それなら、思う存分悲しんで、たくさん後悔して、ペットロスから早く立ち直る事を目標にしましょう。愛猫の事はいつまでも忘れずに、そしてその時に経験した後悔を、次の子に生かすのです。

これが亡くなった愛猫に対して、私たち人間が出来る最大の供養になると思いませんか?

40代 男性 クリス

辛く悲しいけれど、いつでも思い出せば笑顔になれる懐かしく感じることができる。楽しかったことを思い出してあげることが何よりの供養になるかな。

40代 男性 おちゃ

仔猫の時に家に来て、いつの間にか自分より歳上になって、だけど幾つに成ったって間違いなく愛猫ならぬ愛息で、でも種族が違うから摂理では先に寿命が尽きた。でももしこれが逆だったら、この子が頼る者無く残ってしまったら、と考えてみれば、あぁこの子の分迄生きて、思い出す事が
出来る順繰りで有り難いと思う。哀しみに我慢はしないけど
この辛さを抱けば辛抱(心棒)にはなる
心棒一本足せば幸せになる
17年と四ヶ月、人なら85歳か、
種族を越えて家族になれた。
ありがとう

50代以上 女性 はなちゃん

はなちゃん、はなちゃん、はなちゃん…何度呼んでももう動かないのね。
最後の最後、無理にお水飲ませちゃってごめんなさい。一番後悔しています。
ゴクンと飲んでくれたのに…よけい辛かったね。
ごめんなさい。最後まで頑張ってくれてありがとう。産まれた時から21年も一緒にいてくれてありがとう。お転婆さんでケガしたり脳炎になって目が見えなくなっても、ずっとずっとがんばり屋さんでしたね。はなちゃん、感謝と後悔とでいっぱいです。ようやく痛さもなくなりご飯いっぱい食べて下さい。お水いっぱい飲んで下さい。野原を走り回って下さい。ありがとう。

50代以上 女性 つくりん

昨日の朝、脳腫瘍で虹の橋を渡ったルドルフ。13歳。早すぎたね。
もう悲しくて寂しくて、愛おしくて、急に涙に襲われて号泣する事が何回あっただろう。

異変に気づいたのは10月中旬、それから病院を4つ巡って、脳腫瘍という事実が確定したのが死ぬ3日前。
このひと月半、症状の進行が早くて、苦痛と違和感、そして猫のプライドと戦ってきたルドルフ。つらくてもフラフラ倒れながら一生懸命トイレに行こうとする姿が本当に切なかった。
お腹は減っているようなのに、脳腫瘍が原因で上手くご飯が食べられない事がなんとなく分かって強制給餌を決行。
最初は私も下手くそだったし、ルドルフも嫌がったけど、最近ではお互いに要領を得て、私が作ったルドルフ飯をシリンジでほ乳瓶のミルクをを飲むように食べてくれた。死ぬ前夜も完食してくれたよね。
まだ300gしかないルドルフが拾われて来たばかりの頃を思い出しながら、与えてたよ。

※ルドルフ飯=全体比率の50%の鶏肉、カボチャ、ジャガイモ、米、昆布、リンゴ、塩微量をクタクタに煮てフードプロセッサーでペーストしたもの。私が食べても美味しかった

だから体力はちゃんとあったし、毛並み良好、体重も激減はしなかった。なのに、神経性の病気だから思うようにいかなかった。きっともどかしかったと思う。
最後、脳腫瘍を言い渡した獣医さん(最初からここに行くべきだったと、これだけが後悔)は、治る見込みがない、苦痛だけが大きくなっていく事を考えて、安楽死を勧めた。私もそれには同意したけど、そのタイミングが難しかった。先生は、「痙攣を起こした時」がそのタイミングだとアドバイスされました。
けど、まだひと月はなんとか一緒に居られるよね…と思っていたのに、そのタイミングがすぐにやってきて。

もう頑張らせたくなかった、苦痛から解放してあげたかった。
だから今までの他の猫よりも、ずっと楽に虹に橋を渡れたはず。
私の腕の中で永遠の眠りに就いた生涯で一番愛した超溺愛坊やだったけど、死に際まで甘やかせてしまった。
本当にあの方法で良かったのか、正直考えないわけではないけれど、ようやく熟睡出来た事には違いないから。
死ぬ間際、毛皮を着替えて、ママの元に戻ってくるって約束したよね?きっとるーちゃんを見つけるからね、待ってるからね。
そして、今度は、ママの晩年に寄り添ってね。
ルドルフ、ありがとう。

スポンサーリンク

人気のキーワード