猫におむつを穿かせる時のコツや注意点

猫におむつを穿かせる時のコツや注意点

様々な理由から、やむを得ず猫におむつを履かせることになる場合も、実は少なくはありません。猫におむつを穿かせる際のコツや注意点をまとめてみました。

516view

猫におむつを穿かせる理由

くつろぐ茶色の猫

猫におむつは可哀想だと思っていても、

  • 元々下半身が不自由
  • 痴呆(ちほう)症
  • 寝たきり
  • 泌尿器系の病気

等が原因で、トイレ以外での粗相が増えてしまい、猫におむつを穿かせざるをえない時がきてしまうかもしれません。それが可哀想でも、そうしなければ人にとっても猫にとっても、大変になってしまうのです。

いかなる理由でも、粗相が繰り返されてしまうと、猫のおしっこはニオイがとても強い為、お部屋のニオイも気になりますし、粗相の掃除は猫が自分で出来るわけではありませんので、もちろん飼い主さんの負担にもなってしまいます。

ずっと猫に付きっきりでお世話出来るのが一番なのですが、そうは望んでも仕事、買い物に家事、育児等、人それぞれが自分のしなければならない事も、日常生活には溢れていますので、なかなか現実味の無い話です。

猫用おむつ

おむつを穿く赤ちゃんと猫

猫用のおむつはもちろんペットショップやドラッグストア等で、幅広く販売されています。その上に装着させるおむつカバーという物も販売されており、ロンパースのようになっていてまさに猫の為に作られたおむつなので、伸縮性もしっかりあり猫がストレスを感じない作りになっています。

猫のおむつは販売されている物だけではなく、簡単に手作りする事も出来るのです。気になる作り方は、赤ちゃん用おむつのしっぽの部分に穴をあけてあげるだけ。新生児用のおむつだと、ウエスト部分は面ファスナーで調節する事ができるので、オススメです。

その上から、漏れ防止に子供用のトレーニングパンツを履かせてサスペンダーを装着している人や、おしめと子供用おねしょシートを併用して漏れを防いでいる人が沢山見られます。おむつだけでは漏れてしまうとお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね。

猫がおむつを嫌がる時

女性に抱かれる猫と男性

動物はおむつを付ける事を非常に嫌がる場合も多く、それはもちろん猫も一緒です。寝たきりの猫の場合、動いて外してしまう事は少ないと思いますが、泌尿器系の病気の猫や、痴呆症になってしまった猫の場合、嫌がっておむつを外してしまうケースも少なくありません。

その場合は、獣医さんに相談し正しいつけ方を聞く事をオススメします。もしかしたら、人間が気づかないだけで、しっぽの付け根等を痛めている、若しくは、付け方が痛くて嫌なのかもしれません。

又、猫におむつを付ける時の注意としては、しっぽをもってお尻を持ち上げないようにする事。しっぽには猫にとって大切な神経が沢山通っていますから、しっぽをもってお尻を持ち上げてしまうと、付け根から大切な神経までも痛めてしまう場合があります。

もちろん付け根や神経を痛めるだけでなく、猫自身痛みも感じるでしょう。好きでおむつを穿く猫はいないと言う事を頭に入れ、猫の立場になって気持ちを考えてあげる事が一番大切だと言えますね!

まとめ

寝ている猫

我が家の猫には関係ないと思っていても、人間同様、猫も生きている以上は、いつどうなるかわからないのです。ある日突然怪我をして、下半身が不自由になるかもしれません。年老いて急に痴呆症が始まるかもしれません。

出産で体調を崩しおむつが必要になってしまったと言う、想定外の猫もたくさんいるのが現状なのです。そんな時、飼い主としてはストレスを溜めないよう、出来ればおむつを避けたいと思うでしょう。

しかし、人にも生活があり、猫に付きっきりで介護やお世話をするのが難しいのも現状です。猫もおもらしをしてしまうと、被毛が濡れてしまいとても気持ち悪い思いをしてしまいます。その場合、やはり猫におむつを穿かせる必要があると言えます。

スポンサーリンク

人気のキーワード