猫の里親条件が厳しい理由は?その裏側にあるものとは

猫の里親条件が厳しい理由は?その裏側にあるものとは

猫の里親条件が厳しいというのは、猫の里親制度を調べたことがある人なら誰もが思う事なのかもしれません。では何故、猫の里親条件がこれほどまでに厳しくなってしまったのでしょうか。その背景に隠された事実や、厳しい条件をクリアして猫の里親になる方法についてまとめました。猫の里親制度に興味がある方は、是非目を通してみてください。

1275view

猫の里親条件が厳しい理由

猫の口元の写真

現在、猫を飼育している世帯の入手先として、里親制度で猫を迎えたという世帯は全体の約20%です。ペットショップやブリーダーから迎えたという世帯は、全体の約30%でまだまだ里親制度での譲渡よりも多いのが現状です。

ペットショップやブリーダーから迎えた世帯のなかには、里親制度で迎えることを望んでいたが、猫の里親になる為の条件をクリアできず諦めてしまったという方も多くいらっしゃいます。

里親条件が厳しすぎるという声も少なくありません。ただ、このような厳しい条件が里親に付されるのには、悪質な里親詐欺や虐待、遺棄などの理由があるのです。

猫の里親詐欺

スマホを触る男性の写真

猫の里親条件が厳しい背景には、里親詐欺や虐待などの許し難い行為が後を絶たないという現実があります。里親募集されている猫を次々と引き取り、転売や、新たな里親への飼育費要求、引き取り後すぐに保健所へ連れていくという殺処分を目的とした行為など、同じ人間が行ったとは思えないような行為が実際に行われてきたのです。

里親募集で引き取った猫、数十匹を虐待死させた事件がニュースや新聞で大々的に取り上げられたこともあります。この件に関しては、現在でも厳罰を求める署名が続けられています。

この様な悪質な里親詐欺に加え、子供を噛んだ、子供がアレルギーになった、懐かないから可愛くない、転勤になった等という理由で、一度は引き取った猫を手放す人も少なくないそうです。幾度にも渡って、家族から見捨てられた猫たちが負った心傷の深さは測り知れません。このような状況を避けるべく、里親条件は年々厳しくなっているのですね。

里親条件の内容

抱っこされている猫の写真

厳しすぎるという声の多い里親条件は以下のようになっています。

不可条件

  • 小さい子供がいる家庭
  • 単身
  • 男性
  • 未婚カップル
  • 学生、未成年
  • 8時間以上留守にする場合
  • 賃貸住宅
  • 飼育歴なし
  • 固定電話無し

必要項目

  • 世帯主の源泉徴収、預金残高証明の提出
  • 勤務先の確認(電話確認あり)
  • 身分証明書の提出
  • 家族全員の顔写真、または顔合わせ
  • 自宅訪問(アポなし、複数人の場合もあり)
  • 引き渡し後の成長報告
  • ワクチン、不妊手術の証明提出

確かに、上記の条件の中には驚いてしまうような項目もありますよね。特に、小さなお子さんがいる家庭での引き取りが不可な点で、里親になることを諦めてしまう方が多いそうです。

里親詐欺や虐待から、猫たちを守りたいという保護主さんと、条件をすべてクリアする事はできないが、猫と暮らすなら家族を待つ保護猫を迎えたいという里親さん、どちらの気持ちもとてもよく分かります。

ただ、この厳しすぎる条件で、里親になる事を諦める方がいるというのはとても残念な事です。条件すべてをクリアする事はできないが、猫を里親制度でお迎えしたい場合、どうすればいいのでしょうか。

猫の里親になる為に

手を取り合う女性の写真

上記のような条件を「絶対条件」としている場合は諦めるしかありません。ただ、個人でボランティアを行っている保護主さんの中には、条件だけでなく、里親になりたいと願う人自身を見てくださる方もいます。保護猫カフェや、個人自宅シェルターなど、保護主さんと直接会うことができる場所を選ぶのがいいかもしれません。

そこで、猫の里親になりたいが、〇〇の条件をクリアできなくて困っているという旨や、その条件をクリアできないが〇〇したいと思っているという解決法を伝えることが大切です。

例えば、飼育歴がないという条件であれば、実家の母が子供の頃から猫と暮らしていたのでアドバイスを貰いながらしっかりお世話したいと伝えることや、小さい子供がいるがアレルギー検査もしており、子供が猫にストレスを掛けないようしっかり話してある等です。小さなお子さんがいる場合、お子さんと直接会って話してもらうのもひとつですね。

何よりも、こちらの熱意をしっかり聞いてくれる保護主さんに出会うことです。保護主さんの多くはブログで近況報告をしている方が多くいらっしゃるので、その方の譲渡方針を知ることもできます。里親になる事を諦めかけている方は一度目線を変えて、条件だけでなく里親側の話をしっかり聞いてくれる保護主さんを探してみてください。

まとめ

お腹を出して眠る猫の写真

厳しい里親制度の裏側には、目を覆いたくなるような惨い事件がたくさんあります。その事実を知ることで、里親条件が厳しいことにも少し納得がいくのではないでしょうか。

保護主さんが本当に求めている事は、すべての条件をクリアすることよりも、これだけの条件があっても猫を迎えたいという里親側の強い気持ちなのかもしれません。

人気のキーワード