猫の術後服ってどんなもの?必要性や選び方

猫の術後服ってどんなもの?必要性や選び方

猫には服を着るというイメージがあまりありませんよね。嫌がってしまうのではないかと、心配な飼い主さんも多いかと思います。確かに、服を着るのを嫌がる猫は多いですし、体が柔らかいのでサイズが合っていないとすぐに脱いでしまいます。ただ、術後服を利用することで傷口の悪化や、感染から愛猫を守ることができる場合もあります。猫の術後服の必要性や選び方についてまとめましたので、是非参考にしてください。

762view

猫の術後服の必要性

カラーをつけている猫の写真

猫は傷を舐めて治癒しようとする習性があるため、不妊手術や怪我をした際に、傷口を舐めてしまい傷が開いたり、細菌感染を引き起こしたりする可能性があります。その為、エリザベスカラーと呼ばれるラッパ型の首まわりに装着する器具の利用を勧められるのですが、多くの猫が拒否反応を起こします。

高いところに上る際にぶつかってしまうことや、狭いところに入ることができずストレスが溜まってしまうことを防ぐために比較的、体の自由が利く術後服を利用する飼い主さんが増えています。特に不妊手術の後、器用な猫は糸を引き抜いてしまう等のトラブルもあります。傷の治りを早め、細菌感染を防ぐ為にも、術後服を利用してみては如何でしょうか。

猫の術後服の選び方

獣医さんに診察してもらってる猫の写真

猫の術後服にも、様々な種類があります。愛猫の性格や、症状に合わせて選んでくださいね。

前開きタイプ

人間のパジャマと同じような、前開きボタンタイプの術後服です。体格の小さい猫だと、ボタンとボタンの隙間が大きく開いてしまい、傷口を隠せない場合もありますので、注意が必要です。

後ろ開きタイプ

猫の背面が開口部になっているタイプです。留め具部分は、ファスナー、面ファスナーなど様々な種類があります。お腹側をきっちりカバーできるので安心です。

リボンタイプ

上記と同じ後ろ開きタイプで、背面をリボンなどで3ヵ所~5ヵ所結んで留めるタイプの術後服です。

被せるタイプ

人間のTシャツなどと同じで、頭からスッポリ被るタイプの術後服もあります。猫が暴れてしまうと、多少着脱に手間取るかもしれませんが、伸縮性もあり、猫が自分で脱ぎにくいのでおすすめです。

猫の術後服を手作りする

手作り術後服の猫の写真

上記で紹介した術後服は、ペットショップや通販などで購入する事ができます。金額は2000円~10000円と幅広く、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。猫は体が柔らかいので少しでも余裕があれば、簡単に脱いでしまいます。かといって、窮屈すぎると可哀相ですし、怪我に繋がる可能性もありますよね。多頭飼いでなければ、不妊手術は一度限りですし、怪我の状態によって利用できる術後服も変わってくる可能性もあります。金額もあまり安いものではないため、治療期間がそう長くない場合は、安くて簡単な手作りの術後服がおすすめです。

タイツ、靴下を利用して作る

伸縮性のあるタイツや靴下に足を通す穴を開けるだけの簡単術後服です。実際に、我が家の愛猫が不妊手術をした際、用意していた術後服はサイズが合わず、緊急措置としてタイツで術後服を作りました。思いのほかフィットし、今まで服を着たことのない愛猫も嫌がらず、脱ぐ素振りもなかったため、結局手作りの術後服で過ごしました。

足を通す穴も、実際に猫に着せてから微調整することができます。伸縮性のあるタイツを選ぶことで、窮屈さもなさそうですし、いつも通り自由に動き回っていました。何より、トイレなどで汚れてしまった場合も、使い捨てできることで衛生面も安心でした。術後服の購入に迷っている方は、是非試してみてくださいね。

簡単に作れる後ろ開きの術後服

裁縫が得意な方なら、上記で紹介した後ろ開きの術後服を手作りしてみるのも、いいかもしれません。猫の体を一周覆える大きさの布に、足を通す穴を開け、猫の背面部分を固定するだけで完成です。背面部分は面ファスナーを利用したり、リボンのように結んだりして固定しましょう。ミシン等があれば、より一層オシャレなデザインの術後服を手作りできますね。

まとめ

手作りの術後服の猫の写真2

私自身、猫の術後服選びはとても悩みました。結果的に、サイズが合わず手作りの術後服になってしまいましたが、長期的な治療が必要な場合は、動物病院監修の術後服を利用するのが安心かもしれません。愛猫の負担軽減も大切ですが、症状にあわせて術後服を選んでくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード