オス猫の特徴や飼育の注意点

オス猫の特徴や飼育の注意点

オス猫とメス猫には、様々な違いがあります。今回は、気になるオス猫の性格や、オス猫特有の病気と原因や対策方法を調べてみました!

460view

オス猫の性格と特徴

オスの三毛猫

猫を飼いたいけど、オス猫とメス猫で悩んでなかなか決まらない・・・そんな人は、オス猫の性格や特徴も知ってから決めてはいかがでしょうか?その子その子で違うのはもちろんですが、猫の場合その他に、猫種や被毛の色、さらには性別による違いもあると言われています。

そしてオス猫は甘えん坊でヤンチャだと言われていますが、独占欲も強くやきもち焼きなんだとか。我が家にはオス猫、メス猫どちらもいますが、我が家の猫は、オス猫の方が人懐っこく甘えてきますし、独占欲も強いと感じます。

メス猫の方がスリ寄ってきて構ってあげていると、オス猫も飛んできてメス猫を追い払ってしまい、そのままオス猫が膝の上に乗ってくると言う事もしばしば・・・。「おいで!」と私が呼んだら、1番に飛んでくるのもオス猫です。

ちなみに私の飼育経験から言うと、日本猫の場合はキジシロのオス猫は甘えん坊なのはもちろんですが、大人しくて人懐っこく、1番飼いやすかったです。キジトラのオス猫も現在飼育していますが、こちらは甘えん坊で人懐っこいのはキジシロと同じですが、とってもヤンチャです・・・。しかし、そんな所もまた可愛いのは、猫好きの方なら言わずもがな分かってくれるはず♪

オス猫がオススメな人

膝の上で甘える猫

自宅にいる時間が多く、猫に構ってあげられる時間が多い方にはオス猫をオススメします。理由は、メス猫の場合、ツンデレでお嬢様タイプの猫ちゃんが多いと言われていますが、オス猫の場合とても人懐っこく甘えたがりな子が多い為、沢山構ってあげられる人、猫に甘えてもらいたい人にはオススメだと言えます。

しかし、先ほども言ったように、その子の性格もありますので、一概には言えません。我が家の猫はメス猫=ツンデレ、オス猫=甘えん坊、ですが、友人の猫はメス猫でもとても甘えん坊で飼い主にベッタリです。

オス猫を飼育する際の注意点

警告マーク

オス猫を飼育する際、幾つかの注意点があります。

  • スプレーと呼ばれるマーキング行為が行われる
  • 精巣の病気にかかる可能性がある
  • 尿路結石になりやすい

スプレー行為や精巣の病気を予防するには、やはり去勢手術が1番だと思います。猫は1度スプレー行為をしてしまうと、去勢手術をした後も治らない場合もあると以前獣医さんにお聞きしたことがあります。

オス猫特有の精巣の病気とは、前立腺や精巣に腫瘍ができてしまう病気で、これらは去勢手術によりその病気そのものを、発症させなくする事が出来ます。

次にオス猫が掛かりやすい尿路結石に関して、少し詳しく説明したいと思います。

尿路結石症

オス猫は尿道が細く長い為、そこに石が詰まりやすく尿路結石になる可能性があり、その可能性はメス猫よりも高いと言われています。尿路結石症は、1度やると再発する場合もありますので、なる前にしっかりと予防する事をオススメします。

結石が出来てしまう原因ですが、主に塩分の摂りすぎや水分不足が挙げられます。猫用の餌でも塩分が多く含まれている物もありますし、カリカリを主食としている場合はカリカリの水分量は10パーセント以下なので、水分不足に注意が必要になります。

だからといって缶詰等のウエットフードを主食とするのは、歯周炎になりやすくなってしまうため、カリカリとウエットフードの併用をオススメします。今は尿路結石予防になるフードも多く売られおり、手軽に買う事が出来ます。

  • おしっこの回数が増え、量が減る
  • トイレに居る時間が長い
  • 血尿が出る
  • 陰部をしきりに舐める
  • 粗相

等の症状が見られた場合、尿路結石症を疑いましょう。

まとめ

人と猫の手

今回はオス猫の性格やオス猫特有の病気等について書かせていただきました。もちろんここに書いた事が全てではなく、猫自体の性格もや健康状態も関係してきますので、あくまでも、一つの参考として理解して頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

人気のキーワード