猫を飼っている人必見!オススメのカーペット

猫を飼っている人必見!オススメのカーペット

猫の場合、抜け毛も多くスプレー行為(マーキング)なども気になり、カーペットを敷く事をためらいますよね。そんな飼い主さん必見!オススメのカーペットとお手入れ方法をご紹介します!

363view

猫がいる家庭でのカーペット

カーペットの上でくつろぐ猫

猫の場合、普段から抜け毛が多く、猫の毛がカーペットについてしまうと掃除機で吸うのも苦労します。我が家では、冬の間に敷いていたフワフワのカーペットは、猫の毛が掃除機だけでは取れないので、掃除機→コロコロ→仕上げに掃除機、の順で掃除をしていました^^;

その他にも避妊去勢手術をしていないネコは、スプレーと呼ばれるマーキング行為をする場合があります。猫のスプレーはニオイがとてもキツく、洗ってもなかなか消えないのが特徴です。お布団にスプレーをされ、ニオイが消えずに泣く泣く捨てた・・・という飼い主さんもいるはず。

しかし、猫も寒がりですので寝心地がよく、くつろぐのに最適な暖かい場所を提供してあげる為には、猫にもカーペットは必要だと感じる飼い主さんも多いのではないのでしょうか?私もその一人です。

更にお子様が居るご家庭や、ご老人が一緒に住んでるご家庭は特にカーペットを敷いていない場合、つまずいて転んだ際に怪我をしやすくなりますし、長時間床に座るのも足やお尻が痛くなる事も考えられる為、カーペットなしでのフローリングは避けたいものです。

そして我が家の猫たちは、カーペットやじゅうたん等で爪をガリガリ研いでしまう事もあり、お気に入りのカーペットがボソボソに・・・なんて事もありました。そこで今回は、猫を飼っているご家庭でも気軽に使えるカーペットをご紹介したいと思います。

猫がいる家庭にオススメのカーペット

タイルカーペット

猫がいるご家庭ではカーペットは「タイルカーペット」がオススメです。タイルカーペットは、1枚ずつ組み合わせて敷くタイプのカーペットなので、もしも猫が爪を研いでボソボソになってしまっても、ボソボソになった部分だけを取り換えられます。

このタイルカーペットなら、スプレーされても、走り回っている猫に飲物をこぼされても怖くありません!「その部分だけ」変えれば良いのです♪そして、中には洗える物もありますので、汚れた際には手洗いをしましょう!

その他にも、「ペット用にも!」と商品説明欄に記載されているカーペットがあり、そのタイプの物は特に消臭、抗菌効果、ダニ防止が期待できます。

猫とカーペットの大きな問題

毛の長いカーペットで横になる猫

猫と生活すると必ず抜け毛やスプレー行為、爪研ぎなどが問題になり、猫とカーペットのトラブルからはなかなか逃げられませんね^^;しかし、快適な空間を創り出すためにはカーペットも必要なアイテムになってきます。

猫の体をブラッシングする事と、こまめにカーペットをコロコロする事で抜け毛対策になります。そしてスプレー対策として避妊去勢手術を受けさせることも考えましょう。爪とぎについては伸びるたびに切ってあげる事で、少しはカーペットの傷もマシになります。

タイルカーペットでも毛の短いタイプやコルクタイプ、他にもお子様がいるご家庭でよく使用されるスポンジ素材の物があり、スポンジ素材のものはパズルのように組み合わせて使います。そちらも参考にしてみてくださいね。

ちなみに、我が家ではスポンジ素材の物と、毛の短いタイプのカーペットを場所により使い分けて使用しています。猫は自由にどの部屋も行き来させていますので、子供部屋とリビング、寝室にはスポンジ素材の物、ダイニングには毛の短いタイプを一面に敷き詰め、猫がよくいるスペースには毛の長いフワフワのカーペットを使用しています。

スポンジ素材の物は汚れても染み込みにくい為、ニオイが付きづらく濡れたとしても拭き掃除が可能な為、スプレーされてもすぐに拭きとれるのが嬉しいポイントですよね。しかし、爪を研がれてしまうとあっという間にボロボロになってしまいますので要注意。

更にスポンジ素材のものや毛の短いカーペットは、抜け毛も掃除機を使えば一発で吸い取る事ができ、とても重宝しています。ダイニングには大きなストーブが置いてあり、猫がストーブの前でくつろぐ事が多いので、抜け毛がたくさん絡まります。ですから、掃除のしやすい、毛が短いタイプのカーペットを全面に敷き詰めているのです。

まとめ

カーペットの上で眠る白猫

今回は猫とカーペットについての問題点や対策方法をご紹介しました。こちらの記事を参考にし、猫も人も嬉しいカーペット、探してみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク

人気のキーワード