猫の霊感・迷信・本当にあった不思議な話

猫の霊感・迷信・本当にあった不思議な話

時々、猫が何もない所を見つめていたり、一点を見ながら「ニャー」と鳴いたりしている所を見ませんか?気になる猫の霊感について、調べてみました。その他、私が体験した猫にまつわる不思議な話もしたいと思います。

1501view

猫に霊感はあるのか

こちらを見つめる猫

猫が急に飛び起きてジーっと一点だけを見つめて、更には誰もいないのに「ニャー」と、話しかけるようにして鳴いた時には、何か見えるのかと気になりますよね。特にそれが夜中だったら、怖いのが苦手な飼い主さんは「もしかして何かいる?!」と、鳥肌が立つことも・・・。

引っ越した先で猫がある部屋にだけは近づきもせず、ずっとその部屋を見つめていたので、飼い主さんはおかしいと思い引っ越しを決意。引っ越した先では、猫の様子も落ち着いた!なんてエピソード等もあるそうです。

死期を予知する猫オスカー

「オスカー」の話をご存知ですか?オスカーはオス猫で、子猫の時に、アメリカのロードアイランド州プロビデンスにある認知症患者の居る介護施設に引き取られました。オスカーは普段人に懐かなく、自由に院内を歩きまわっていましたが、入院患者が亡くなる前、最後の数時間だけはその患者の側から離れないそうです。

そう、オスカーは死期を予知する不思議な能力を持った猫だったのです。他にも日本で似たような話もあった事から、猫は臭覚が優れている為、死臭に気が付けるのではないかと推測されています。ちなみにこのオスカーの物語は、近々映画化される事になったんだとか。

猫が何かを見つめるのは霊感だけでは無い

猫の横顔

しかし、霊そのものを信じていない人たちの間では、「猫は霊感があるのではなく、ただホコリや虫を見ているだけだ」という主張もよく見られます。たしかに、それも一理あると言えます。猫は本能で狩りをする生き物です。

野生時代の猫は木の影や草むらに隠れ、じっと構え、わずかな音を頼りに狩りをしてきました。その習性は未だに残っており、虫が飛んでいたりホコリ等の小さなゴミがふわっと浮いたりして動いた時には、そのさ細な風を感じとり、「何かがうごいた!」と感知する事が出来ます。

その為、猫がジッと何かを見つめたり、鳴いたりしているのは猫が霊感があるわけではなく、虫を見ていたり、ホコリ等を獲物と勘違いしている可能性も否めません^^;

虫を見ているといえば余談になりますが、猫はネズミ捕りの達人なイメージですよね。友人の猫は虫取りが大の得意だそうで、ハエが飛ぶのを見つけてはソォーっと近づき、バシッ!と猫パンチをくらわすんだとか。そしてゲジゲジを見つけた時は背後から近づき、ベッドの下へと連れ込んで、のちに見てみるとゲジゲジの足は全部バラバラにされていたと聞きました・・・。何とも惨(むご)い退治の仕方です・・・。

猫の霊感と迷信

女の子と猫

猫には霊感だけではなく、幸福を呼ぶ力があると言われています。例えば、黒猫が現れると商売繁盛、カギ尻尾の猫を飼うと尻尾で幸運をひっかけてきてくれる、オッドアイ(左右の瞳の色が違う猫)の猫に出会えると幸せになる、等猫にまつわる迷信も様々な物がありますよね。

それ以外にも、猫には不思議な力があると思います。実際に私が体験した話をしますね。

猫に霊感があると感じた不思議な話(実体験)

我が家には現在3匹の猫がいますが、この子たちがくる前、5歳のオスネコと暮らしていました。その子は、家族の誰かが熱を出すと必ずその人の布団の上で眠り、翌日には熱を出した方はすっかり元気に!なんて事が2、3回ありました。

最初はたまたまだと思い、「えらいね、やさしいね」なんて猫に声を掛けながら、微笑ましく見ていたのですが、あれは忘れもしない昨年2016年の11月。息子が謎の高熱でうなされました。最初の2日、猫は寝込んでいる息子の横に黙って座り続けました。そして高熱は40℃にまで達した3日目、猫は息子の足元に乗り寝たのです。

すると翌日には熱が下がりました。するとその晩、次は娘に移り、39℃の高熱。すると、猫はやはり娘の足元に座り眠るのです。しかしその後すぐ主人に移り、主人も39℃の高熱。そうすると猫は、娘の足元、主人の足元、と交互に行き来し寝始めました。その晩、何度も寝床を交互に変えながら。

いつもは私の腕枕で寝ていた子だったので、その時「やっぱり何かあるんじゃないか」と感じ始めました。翌日も2人の高熱は続き、その晩も猫は二人の足元を行き来し眠りました。するとその翌日、2人ともすっかり熱が下がり元気になりました。

「やっぱり!」私は確信しました。「この子が熱を下げてくれた。」そう確信したのです。しかしその晩、猫はテレビ台の裏に無理やり入ったり、ソファーの隙間に入ろうとしたり、いつも行かない場所に行きたがりました。明らかに様子がおかしかったのです。

餌も水も一切口にしません。おしっこも出ません。翌朝病院に連れて行くと、末期の腎不全だと言う事がわかりました。それも、前日の晩までは腎不全の症状も出ていなかったし、毎月病院に連れて行き、健康診断を受けていました。それなのに、昨日の夕方まではピンピンしていた猫が、急に腎不全を言い渡されました。

そして猫は腎不全を言い渡された2日後の明け方に亡くなってしまいました。その時私たち家族は、「みんなの悪い病気を全部持って行ってくれたんだ」と考えています。今でも、ごめんねの気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。

猫と霊感に関するまとめ

黒い背景の猫

人にも霊感がありますし、もちろん猫にもあっておかしくはないと思います。実際に霊感とは違いますが、人の死期を真っ先に感じとる事ができる猫、「オスカー」の存在が猫の霊感についての不思議を物語っています。

そして猫には霊感以外にも、不思議な力があるということを私の実体験に目を通し、しっていただけたらな、と思います。長い文章をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

人気のキーワード