猫がダンボールを好む3つの理由

猫がダンボールを好む3つの理由

猫はダンボールが大好き!なぜか知っていますか?猫がダンボールが大好きな理由と、ダンボールで作る猫のおうちをご紹介します!

567view

猫がダンボールが好きな理由

ダンボールの中の猫

そもそも猫が好む場所とはどのような場所なのでしょうか?
それはズバリ以下の3点に当てはまる場所です。

  • ①暗い場所
  • ②狭い場所
  • ③身を隠せる場所

ダンボールはこの3つの条件がそろっており、猫が好んで入る、という訳です。
猫が小さなダンボール箱に無理やり入り眠っている姿は、見ているこちらからすれば、随分狭そうな感じがしますが^^;(笑)それでも、猫にとっては快適な場所だと言えます。

ちなみに猫はダンボールだけでなく、小さなカゴやケースなんかも大好きですよね。これは猫が箱に入る事で安心感が得られる事を意味しています。なんでも、身を隠せる所に居る猫と、そうでない所に居る猫ではストレス度に大きな差があるんだとか。多頭飼育の家庭や保護施設では、身を隠せる所に居る猫の方が、周りと早く馴染みやすいという事もわかっています。

ダンボールを使った遊び

段ボールの穴からのぞく猫

ダンボールに入って安心したいのもありますが、猫の本心、実はそれだけではないんです。猫の習性を考えると、「箱の中身を知りたい」という気持ちもあります。ですから、その猫の習性を利用した遊びをしてみましょう!

ダンボール箱に小さな穴を幾つか開け(猫の手が入るサイズ)、ダンボールの中にはネズミのオモチャを隠します。すると猫は穴から中をのぞき、手を入れネズミを捕ろうとして夢中で遊びます。ただのネズミのオモチャでもOKですが、ラジコンタイプのネズミのオモチャだと飼い主さんが自由に動かせるので、猫の興奮度はもっとアップします!

逆に、同じようにダンボール箱に穴を開け、ダンボール箱に猫が入ったら穴から見える位置で猫じゃらしをフリフリしたり、コソッと指を入れたりしてみてください。猫は狩りモードに突入し、穴から勢いよく手を伸ばしてくるでしょう。

ダンボールで作る猫のおうち!

段ボールで出来た家

ダンボールハウスを作ってみましょう!ここでは実際に私が作ってみて、簡単でオススメだと感じた物をご紹介します。

準備するもの

  • ダンボール1つ
  • ガムテープ
  • 着なくなったTシャツ
  • 針と糸

1.ダンボール箱を組み立てガムテープで補強し、横の面を片方だけ(画像で赤く囲ってある部分)を切り、一面が無い状態にします。

印が書いてある段ボール

2.そのダンボール箱に着なくなったTシャツを、首元の穴の部分がちょうど切り取った面に来るようにかぶせます。

3.かぶせる事が出来たら引っ張りながらTシャツの穴が綺麗な丸になるように調節し、余った袖部分を張りと糸で縫い付けます。

これで完成!猫たちは狭い所が大好きなので、Tシャツの首元を利用した小さな穴は猫にとって、とても興味深い物。きっと入ってくれます^^中に飼い主さんのニオイが付いたバスタオル等を敷いてあげると猫も安心、そして寒い冬も安心な一石二鳥の猫ハウスに!

その他にも、お子様が居るご家庭なら大きな段ボールハウスを組み立て、お子様も猫も入れる物にしてみるのも面白いですね。その際、窓を付けてあげると、猫は窓からのぞいたり出入りしたりして、もっと楽しめるでしょう。

猫がダンボール以外に好きなもの

紙袋から顔と前足を出す猫

猫はダンボールが大好きですが、それ以外にも、

  • カゴ
  • カバン
  • タンス
  • クローゼット

等が大好き。買い物をしてきて、買った物を片付け終わり、さてと・・・。と思ったら、空になった買い物袋に猫が入っていた!なんて事ありませんか?我が家ではしょっちゅうです。^^;そしてジップロックも大好きで、私が落としたジップロックにすかさず飛び込んだ事も。体、大分はみ出てます・・・。

ジップロックに入る猫

タンスやウローゼットも大好きな猫、多いのではないでしょうか?我が家の猫は3匹ともクローゼットが大好きで、クローゼットの扉を開けた瞬間隙間から入り込みます。

まとめ

段ボールに入った猫

猫がタンボールが好きな理由ですが、暗くて狭い、そして身を隠す事ができるという点で、猫の習性が関わっている事がわかりました。見てるこちらからすると、なんとも窮屈そうですが猫は体も柔らかい為、実はそうでもないんですね。

そして今回は、簡単に作れるダンボールハウスの紹介もさせていただきました。ぜひ愛猫がお気に入りになるような、素敵なダンボールハウスを作ってみてくださいね♪

女性 美鈴

ダンボールハウスって、子供たちにも人気がありますよね。猫ちゃんもダンボールハウスが大好きとは知りませんでした。洋服の袖から猫ちゃんが顔を出している姿が可愛いので、猫エサのテレビCMにも、袖から顔を出した猫ちゃんの映像が放送されていますよね。見ていても、本当に可愛くてキュンとしてしまいます。
猫ちゃんは洋服の袖の中やダンボールハウスなど、狭い所が本当に大好きということが分かりました。私も、子供の頃、ダンボールで作られた迷路を楽しみながら通っていった記憶があります。最近は、ダンボールのキッチンなどのおもちゃもあるみたいですよね。子供にとってもワクワクするおもちゃのようですが、猫ちゃんもくつろげるのがダンボールの中なのかもしれませんね。

女性 百日紅

猫と言えば箱に入るというイメージだったので、猫を迎え入れてすぐに小さなダンボールを見つけて差し出したのですが、遊んでくれませんでした。1回だけ入ったのですが、元野良ということや性格などから、警戒してそれっきり入ることはなく、ちょっとショックでしたね。しかし、家に慣れ始めたころにお菓子の浅い箱に入ってくれました。その後かなり時間が経ってから、箱よりも紙袋の方が好きということがわかりました。
記事で紹介されているダンボールハウス作ってみたいと思いました。我が家の猫は一般的な大きさのキジトラですが、市販されている猫用ハウスだと少し小さいようなのです。特に冬用ドームハウスにちょうどいい大きさがないことや、こたつが大好きなこともあり、何か手作りで作れたらなと思っていました。このハウスなら少し調整すればちょうどいいサイズに加工できそうですね。これをきっかけに愛猫とダンボールで遊べたら良いなと思いました。

女性 まるきりはれ

ダンボール、我が家の2匹も大好きです。猫は狭いところが好き、というのは聞いたことがあったのですが、加えてカリカリ噛めるし、使っている爪とぎと素材が一緒だからかしら?なんて思っていたのですが、そうですか、『暗さ』と『身を隠せる』という3要素が合わさって、好まれている理由なのですね。我が家では、2匹いるので、ダンボール箱のいろんな所に”窓”という名の穴を開けてあげます。片方がダンボール箱の中に入ると、中からグニュっと、顔やら手が飛び出してきます。一方は外からちょっかいを出し、お互いに外の役、中役を交互に交換しながら、楽しく遊んでいます。ダンボールのパッケージデザインに合わせて、穴を開けてあげると、オリジナルのダンボールになり、見ている私も楽しめるので、一緒に遊んでしまいます。今回の記事にあった、Tシャツを使ったアイデア、とてもいいと思います!これからどんどん寒い季節になるので、ネコさんベッドを新調しようかと、考えていたところです。入り口パネルを、裏起毛のトレーナーなんかで試してみても、いいかも知れませんね。きっと、ふくふくぬくぬくのベッドになります!ぜひ、試してみようと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード