猫が日向ぼっこをする理由とメリット

猫が日向ぼっこをする理由とメリット

猫が日向ぼっこをしている姿を見ると、「のどかだな」「かわいらしい」「猫らしい」といった気持ちになりますよね。温かい場所でごろごろとしたり、仰向けになって寝てみたり、何であんなに日向が好きなのでしょうか。その理由を探ってみました。

440view

猫が日向ぼっこをする理由

サングラスをしている猫

一番の理由は暖かさ

猫は寒がりなことで知られています。温度変化を感じ、日向ぼっこができる暖かい場所を探して移動しています。日向ぼっこをすることで、太陽の温かさを利用し体温を一定に保っているのです。

省エネルギーも関係しています。猫は一匹で待ち伏せをする方法で狩りをするため、余計なエネルギーを使いたくないのです。日向ぼっこをすることで自らのエネルギーを使わず体温が維持ができます。

また、暖かい場所では人間と同じように、よく眠れるといった理由もあります。室内で飼育されている猫の場合、暖かい場所では眠りも深くなり、ストレス発散にも効果があるようです。

太陽の光を利用して健康ケア

暖かさ以外にも、日向ぼっこのメリットがあります。紫外線を浴びることで、ビタミンDが活性化され吸収しやすくなるといわれています。ビタミンDはカルシウムやリン酸の吸収のためにも必要な栄養素です。

猫には「換毛期」があります。季節に合わせて毛が生え変わることですが、この季節を体が感じ取るために、日照時間や気温が関係しているのです。日向ぼっこをすることで適切な時期に毛の生え変わりができます。

そして、猫の健康で注意したいのがノミやダニです。被害が広がると猫だけでなく人間にも影響が出てきます。ノミやダニが嫌うのが太陽の光です。布団を太陽に当てて干すように、猫も日向ぼっこでノミやダニを予防しているのです。合わせて殺菌効果もあり皮膚炎の予防にもなっています。

室内飼育の猫の日向ぼっこ

窓際に座っている二匹の猫

外にいる猫は好きな場所で日向ぼっこができますが、室内で飼育されている猫にはどのように日向ぼっこを、させてあげればいいのでしょうか。

外出するときはカーテンを少しだけ開けておくのが良いです。また、日向ぼっこできる場所は、猫がくつろげるようにクッションなどを設置します。ただ、直射日光である必要はありません。猫によっては日光による皮膚炎が起きることもあります。

日向ぼっこをさせるときに気を付けたいのが、ベランダや屋根から落ちてしまうことです。高い場所が得意であっても骨折などのケガや脱走の原因となります。網戸越しやガラス越しで、日向ぼっこをさせてあげましょう。

猫が日向ぼっこをできない環境の場合

黄色い傘

部屋の環境によっては太陽光が入る場所がないこともあります。日向ぼっこができなくて、健康に問題が起きるのでは?と心配してしまうかもしれません。ですが、日向ぼっこができなくて、病気になることは、ほとんどないでしょう。

ビタミンDの吸収については、キャットフードに含まれている量で十分です。人間の場合は日光に当たることでビタミンDを合成するのですが、猫は日光を浴びても合成できません。フードで間に合っていれば問題ないのですが、心配な場合はサプリメントという手もありますが、過剰摂取にならないように注意が必要です。

まとめ

日向の芝生で座っている猫

猫の日向ぼっこは暖かさ以外にも様々なメリットがあります。必ず必要ということもなく、中には日向ぼっこが好きではない猫もいます。体温維持、殺菌、健康ケアなど日向ぼっこをしている猫の見方が少し変わるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード