ラパーマの特徴と性格について

ラパーマの特徴と性格について

まだ日本ではそこまでメジャーではない、ラパーマ。猫種の名前です。「パーマ」という名前が付いていますが、どんな猫を想像しますか?ラパーマは、外見良し、性格良しのパーフェクト猫ちゃんなのです!(あくまでも個人の感想です。)さて一体ラパーマとはどんな猫種なのでしょうか?ラパーマの世界を、探究していきましょう!!

511view

ラパーマとは

ラパーマの親子

ラパーマとは1982年、アメリカオレゴン州のダラスにて、スピーディというキジトラ猫が産んだ1匹の子猫から始まった猫種です。スピーディが産んだ子猫は数匹いましたが、そのうちの1匹だけ縞柄の皮膚をした無毛の、大きな離れた耳を持つ子猫だったのです。

その様子はまるで、地球外生命体のようでした。健康状態に異常はなく、すくすくと育ったその子猫は、成長するにつれて被毛が生え始めました。生えてきた被毛は、面白いことにカールしていたのです。そこで飼い主のリンダさんは、「カーリー」と名付けました。

カーリーは地域にいたシャム猫やマンクスと交配し、またまたカールした被毛を持つ子猫を産みました。ラパーマはセルカークレックスやデボンレックス、コーニッシュレックスなど、他のカールした被毛の猫種とは血縁関係はなく、全くの突然変異で誕生した猫種です。猫の遺伝子は面白いですね!!

ラパーマの体の特徴

座っているラパーマ(ブルーの背景)

ラパーマにはどんな体の特徴があるのでしょうか?

体格

ラパーマの体重は3.5kg~5.5kgと平均的です。体も中くらいの大きさですが筋肉質な為、ずっしりとしています。体が完全に成熟するまで、2~3年程度かかります。寿命は10年から15年です。

被毛

ラパーマの最大の特徴である被毛は、ロングとショートの両方が存在します。どちらにしても、とにかく全身がクルクルです。尻尾やヒゲまでクルクルです。

カラーは様々なものがあり、代表的なものはタビー、トーティシェル、レッドなどです。子猫は無毛かストレートの毛、またはカールした毛が生えた状態で生まれてきます。お手入れは比較的簡単で、週に1回~3回程度、ブラッシングかコーミングをしてあげましょう。

ラパーマの目は丸くて大きく、カラーは様々です。クリクリお目目にクルクル巻き毛とは、反則ですね(笑)!!

ラパーマの性格

ラパーマの子猫

外見が百点満点なラパーマですが、性格はどんなでしょう?

賢い!

ラパーマは賢くてお茶目な性格をしています。前足でドアを開けたり欲しいものを引き寄せたり、注意を引くために飼い主さんの肩をたたいたりします。犬のように、投げたおもちゃを取ってくるのも大好きです!結構活発です。

人懐こい♡

ラパーマは飼い主さんに依存するタイプではありませんが、常に周りにいることが多いでしょう。肩やパソコンの上に座ることも。膝に座ることもありますが、ラパーマにとってベストな場所にいるようです。鳴き声をあげることは少ない傾向にあります。社会化がしっかりとできているラパーマであれば、来客にも友好的です。飼いやすい猫種と言えるでしょう。

子供や他のペットとも仲良くできる♪

ラパーマは遊び好きなので子供や他の猫、猫好きな犬と仲良くやっていけます。ちょっとした芸も、覚えられるかもしれません。ただ、子供には抱っこしたり持ち運んだりするよりも、床に座らせて撫でることを教えた方が良いでしょう。他のペットとは充分に時間をかけて、ゆっくりと慣れさせるようにしましょう。

ラパーマを迎え入れる方法

かごに入っているラパーマの親子

日本にいるラパーマは、そこまで数は多くないのですが、ブリーダーやペットショップで出会うことができます。是非探してみてください。価格は10万円程度~25万円程度が相場のようです。里親募集しているラパーマも、たまに見かけます。見つけた時には即問い合わせをして、会いにいきましょう!!

まとめ

伏せているラパーマ

外見がとても可愛いラパーマ。しかも、性格も優しくてお茶目とは、完璧ですね!一度一緒に暮らすと、病みつきになってしまいそうです♪

スポンサーリンク

人気のキーワード