猫にチーズを与えるときは?メリットとデメリット、作り方まで!

猫にチーズを与えるときは?メリットとデメリット、作り方まで!

猫はチーズが好きなのでしょうか?乳製品であるチーズ、好きな方も多いのではないでしょうか?何を隠そう、筆者も大好きです!ちょっとしたおやつにも良いですよね!飼い主さんがチーズを食べていると愛猫が寄ってくる…ということはないですか?猫にチーズを与えるメリットとデメリットや、作り方をご紹介します。

545view

猫とチーズ

テーブルの上のチーズを見ている猫

猫は基本的に、乳製品を好むことが多いようです。もちろん個体差がありますが。チーズはニオイが強いので、飼い主さんが食べ出すと思わず気になって寄って行ってしまうのでしょう。可愛い顔でクンクンしていたら、あげたくなってしまいますね。でも、ちょっと待って!

人間用のチーズは、猫には与えない方が良いようです。猫用チーズが販売されていますので、猫にはそちらをあげましょう!というのも、人間用のチーズは猫にとっては脂肪分や塩分、カロリーが高いのです。その為、体調を崩してしまう可能性があります。猫用チーズであればそれらを控えめにしてありますので、適量なら問題ありません。

猫にチーズを与えることのメリット

チーズ

チーズには良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミンなどが含まれていますので、栄養的に猫に良い成分が入っています。牛乳が原料ですが、猫が下痢をする原因となる乳糖は少なくなっています。ですから、チーズを食べたことで下痢をすることは、ほとんどないでしょう。

チーズの味も、猫にとっては好ましいようです。たまに嫌う子もいますが、ほとんどの猫は興味を示すのではないでしょうか?ご褒美やふりかけとして与えることで、猫も喜びます!

猫にチーズを与えることのデメリット

女性の手の平に「注意」のマーク

猫に与えても良いからと言って、与え過ぎには注意です。猫用チーズは脂肪分やカロリーを抑えてありますが、与えすぎると肥満の原因となることがあります。パッケージに記載されている給餌量を守り、愛猫の様子を見ながら与えましょう。

市販の猫用チーズいろいろ

黒猫とチーズ

「猫用チーズ」で検索すると、たくさんの商品が出てきます。猫のチーズには色々な種類があるようで、チーズそのままのもの、おやつにチーズが混ぜられているもの、フリーズドライ、粉チーズ、チーズ味の歯磨きペーストもあります。

どれが良いのか迷ってしまいそうですが、猫の健康を考えるのであれば、なるべく塩分や添加物が少ないものが良いでしょう。もちろん、買っても愛猫が食べるかは分かりません。好みのものを見つけられると、良いですね!

猫用チーズは手作りできる!!

鍋とミトン

市販されている猫用チーズは塩分控えめにはなっていますが、無塩というものは中々ありません。愛猫に本当に優しいチーズを与えたい場合は、手作りという手もあります。

新鮮な牛乳とお酢やレモン汁だけで、簡単に作ることができます。もし愛猫が食べてくれなくても、飼い主さんも食べることができますので、無駄にはなりませんよ♪作り方をご紹介しましょう!

用意するもの

  • 牛乳 900ml
  • お酢かレモン汁 20ml

作り方

1.お鍋に牛乳を入れて、火にかけます。温度を測りながら、60度まで温めます。

2.牛乳が60度になったら、少しずつお酢かレモン汁を加えていきます。分離するまで、良くかき混ぜます。

3.ボウルに清潔なガーゼなどを敷き、その上から2を注ぎ入れ、こします。絞って水分を無くしますが、この時に出るしぼり汁はホエーと言って栄養分たっぷりですので、捨てずにとっておきましょう。

4.ボウルに水を張り、酸味を取るためチーズを何度か洗います。

5.最後にもう一度絞り、好みの固さに仕上げます。

飼い主さんが食べる時は塩をひとつまみ加えた方が、よりチーズらしい味になります。しぼり汁のホエーは、他の猫用手作りご飯や、人間用の野菜スープの出汁としても使えます!

まとめ

食卓にいる女性と猫

猫が好むチーズは、うまく使えば食欲の刺激となりますし、愛猫とのコミュニケーションにも使えます♪上手に使って愛猫との生活を、豊かにしていきましょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード