猫が狩りをする理由について

猫が狩りをする理由について

猫は狩りが得意なイメージがありますが、猫が狩りをする能力は、どんな猫でも生まれつき持っている能力なのでしょうか。そして、猫が仕留めた獲物を持ち帰る、おみやげの意味とは?ここでは猫の狩りについてご紹介します。

668view

猫が狩りをする理由

草原でジャンプしている猫

猫が狩をする理由は、本能です。
すばやく動くものを見ると、追いかけて捕らえようとするのは猫の本能。外で暮らす猫は、ネズミや鳥などの小動物や爬虫類などを捕らえて食べます。猫にとって狩りは、生きるために必要なことです。しかし、生まれつき狩りが上手なわけではありません。

子猫が狩りを覚える方法

狩りの仕方は、母猫が子猫に教えます。母猫が捕らえた獲物を子猫のところへ持ち帰り、目の前で食べて見せると、子猫は獲物を食べるということを学びます。また弱った獲物を子猫の前に置き、さわらせたりしながら獲物を仕留める方法を教えます。はじめのうちは動く生き物にビクビクしながらも、子猫は次第に上手に狩りができるようになっていきます。

ところが、狩りの仕方を教わらないまま母猫と離れてしまった猫は、本能で獲物を追うものの、うまく仕留められなかったり、偶然獲物を殺すことができたとしても、そのまま放置したりしてしまいます。食べることを学んでいないために、どうすればいいか、わからないのです。

猫が狩りした獲物を飼い主に渡す理由

猫と虫

愛猫が外へ遊びにいって、おみやげを持って帰ってきたことはありませんか?ネズミや小鳥、トカゲなど、もらってもちょっと困ってしまいますよね。

猫のおみやげにはどんな意味があるの?

獲物を見せびらかしたい、あるいは飼い主にほめてもらいたいから、おみやげを持って帰るのだという説もありますが、最近は、自分で獲物をとってこない飼い主のために、狩りの仕方を教えようとしているのだという解釈に変わってきています。この行動は避妊したメス猫に多いそうです。

ありがた迷惑なおみやげですが、猫はよかれと思ってしていることなので、決して叱ったりせずにほめてあげて、おみやげはこっそり片付けましょう。

持ち帰ったおみやげは食べる?

飼い猫は家でごはんをもらっているので、持って帰ってきたおみやげを食べないことも多いです。動く獲物を捕らえるのは本能によるものですが、それを食べるかどうかはあとから学習することなので、獲物を食べ物と認識していなければ食べません。

おみやげを持ち帰るのをやめさせるには?

狩りは猫の本能なので、猫を外に出している限り、やめさせるのはむずかしいです。一番いいのは完全室内飼いにすることです。外に出さなければ、獲物をとってくることもありません。ただし、家の中にいる虫などは捕まえるかもしれません。筆者の猫は、家の中に入ってきたヤモリを捕獲しそうになったことがあります(ヤモリは尻尾を切って逃げました)。

猫は家の中をテリトリーと決めてしまえば、そこを守ることに忙しくなるので、外に出なくても意外と大丈夫なものです。

猫の遊びは狩りのまねごと

おもちゃで遊んでいる猫

ねこじゃらしなどを動かすと、猫は飛びついたり追いかけたりしますね。これは狩りのまねごとをしているのです。人が遊んであげなくても、小さいものを見つけては自分で転がして追いかけて、ひとり遊びが上手です。

家の中で暮らしていて狩りをする必要がなくても、こうして遊ぶことで狩りの本能を満たしているので、十分に遊べる環境を作ってあげましょう。わざわざ猫用のおもちゃを買わなくても、丸めた紙や荷造りの紐など、身近にあるものでも遊んでくれます。

まとめ

外でおもちゃで遊ぶ猫

猫の遊びもおみやげも、狩りの本能からきているのですね。ときには夜中に走り回ったりすることもありますが、それも狩りの練習だったりします。そういうことを理解して、猫がのびのびと暮らしていけるように、してあげてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード