スタッドテイルの症状とその対処法

スタッドテイルの症状とその対処法

猫を飼っている人の中には、スタッドテイルという言葉を聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。しかし、スタッドテイルは猫によくある症状だからと放置をしていませんか。スタッドテイルはよくある症状でありながらも、危険な症状でもあるのです。

1035view

スタッドテイルの症状

猫のしっぽ

スタッドテイルとは、猫の尾のつけ根付近にある脂を分泌する腺から、皮脂の分泌が過剰になってしまう病気です。過剰に分泌された皮脂は、しっぽだけに留まらず、背中の毛まで固まってしまったり、汚れが付着したりするため、飼い主としても何とかしなければいけない問題の1つでもあります。

しかし、猫は道を歩くときに、しっぽから皮脂を出してマーキングをしているため、この分泌腺は欠かせません。

去勢をしていない若いオス猫に多い症状だといわれており、その中でも長毛種の猫が発症しやすいです。スタッドテイルが発症していまうと、脂肪の蓄積などによって、毛穴から細菌に感染しやすくなり、細菌性毛包炎や痒症をおこすこともあります。

スタッドテイルになる原因

猫のしっぽを見るリス

スタッドテイルになってしまう原因は、未だにはっきりと解明されていません。分泌腺から皮脂が過剰に分泌されることが原因ですが、なぜ過剰に分泌されてしまうのかは分かっていないのです。そのためス、タッドテイルの治療法も完治するほどの治療法がありません。

定期的なシャンプーや毛刈り、去勢や抗生物質などで予防をすることはできますが、一度スタッドテイルが発症してしまうと、何度も発症してしまう可能性があるのです。

そのため、飼い主はスタッドテイルについて詳しく知り、きちんとした治療を獣医さんと共におこなっていく必要があります。

そのうえ、スタッドテイルは主に若いオス猫に発症しやすいと言われていますが、未避妊のメス猫でも発症する可能性はあるのです。

スタッドテイルに効果のあるシャンプー

猫を洗う

猫のスタッドテイルは、「こまめにシャンプーをしましょう」と説明されることが多いですが、実際にはシャンプーで何度洗っても落ちないほど頑固な汚れです。そのため、シャンプーをしても落ちないと諦めてしまい、結果スタッドテイルを放置してしまう飼い主さんが多いのも事実です。

そんな猫の飼い主さんにおすすめしたいのが、シャンプーではなくクレンジングオイルです。人間用のメイク落としなどで代用している人もいるそうですが、舐めても大丈夫なのかわからない成分が入っていることもあるため、犬猫用のクレンジングオイルを使用するようにしましょう。クレンジングオイルであれば、人間の化粧を落とすように、スタッドテイルの汚れも落ちやすいです。

まとめ

しっぽをなめる猫

猫のスタッドテイルは、悪化してしまうと、二次感染や、痒さで患部を噛みちぎってしまうこともあります。スタッドテイルという名前をよく聞いたことがあり、あまり気にしていない人が多いからといって、軽視していい病気ではないのです。飼い主がきちんとスタッドテイルの対処法を理解し、悪化させてしまわないように気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード