猫用の柵を設置する方法と使い方

猫用の柵を設置する方法と使い方

猫を完全室内飼育にするための、外へ脱走させない対策には柵の利用が効果的です。家に来たばかりの猫や野良出身の猫はちょっとした瞬間に外へ飛び出してしまう可能性があります。脱走を防ぐための柵や、その使い方などはどのようなものがあるのでしょうか。

777view

猫用の柵の設置方法

柵から顔を覗かせる猫

猫を室内で自由にさせている場合、気を付けたいのが玄関です。家の住人ならドアをそっと開けて猫がいないか確認することや、猫が玄関ドアの隙間から出て行かなようにバッグで隙間をふさぎながら出入りすることができますが、玄関が開くのは家の住人の出入りだけではありません。

来客時や宅配便の受け取りなど玄関が開いたままになっていることもあります。猫の玄関からの脱走を防ぐには、玄関に近づけないように柵を設置するのがおすすめです。柵の設置方法には以下のような方法があります。

100円ショップの材料で自作

ワイヤーネットや結束バンドなどを使って柵を作ります。材料費がかからず工夫次第で好きな形に組み立てることができます。

木材でDIY

丸棒を使って柵を作ったり、枠を作り中にネットを張ったり、加工技術が必要ですが100円シップの材料だけで作るよりも統一感が出ます。

既製品を利用

犬猫脱走防止用の柵やドアが販売されています。値段はそれなりにしますが、取り付けが簡単です。

特注で製作を依頼

家のサイズに合わせてプロに作ってもらいます。見た目も家の雰囲気に合わせて作ることができるのがメリットです。

柵を設置する場合、猫の身体能力や性格によっては飛び越えたり、よじ登ったりしてしまうことがあります。子猫は隙間を通ってしまうこともあり、手や頭が挟まらないか寸法の確認が必要です。柵やネットは費用をかけるほど丈夫で見た目も良くなりますが、格子など形によっては丈夫なほど猫が登りやすいということもあります。

猫用の柵を設置する場所

ベランダの柵の上に立つ猫

玄関以外にも脱走の危険箇所があります。まずベランダです。高さがあるから飛び降りないだろうと思っていても、猫は2階の高さなら着地できる身体能力があります。足を滑らしたり、驚いたりしてベランダから落下して命に関わることもあるので、柵やネットを設置して、落下を防いだりベランダに出られないようにしたりすることが必要です。

網戸も注意したい場所です。網戸があるから脱走できないように感じますが、爪をかけて開けたり、寄りかかって破れたりします。柵を取り付けて網戸に触れられないようにするのも脱走対策の一つです。

猫用の柵の効果が高い場所

柵の上の猫と男の影

脱走防止以外にも、入ってほしくない場所に柵を使うことができます。例えばキッチンは火や食材、調理道具など、猫にとっても危険な物が多い場所です。飼い主がそばにいるときは大人しくしていても、留守番中はいたずらをしてしまうこともあるのです。全ての部屋が猫が入っても問題がないように物が片づけられていればいいですが、なかなかそうはいきません。階段や部屋の前など、柵を設置することで誤飲などの事故を防止することができます。

まとめ

網の柵の前でしゃがむ猫

猫の脱走を防ぐために柵はとても有効です。自作したり既製品を購入したりと方法はいろいろあります。玄関からの脱走を防ぐ以外にも、猫を守るために柵の設置が必要なところがあるかもしれません。もう一度家の中を点検してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

人気のキーワード