猫の舌のザラザラの役割と味覚

猫の舌のザラザラの役割と味覚

猫の舌で舐められるととてもザラザラしていますね。どうしてザラザラしているのでしょうか?そしてどんな役割を担っているのでしょうか?味覚も人間とは違う役割があるようです。少し雑学も加えて勉強してみましょう。

474view

猫の舌がザラザラしている理由

猫の舌

猫の舌と言えばザラザラしてますよね。あの突起物は何かご存じですか?あの突起物は「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」と言います。舌の先から喉の奥に向かって生えています。

人間の舌にも猫の舌ほど発達はしていませんが白いポツポツとした細い突起が同じなんです。生まれたての子猫は全くザラザラしていません。離乳食を食べ出す頃から徐々に生えてくるそうです。

猫の舌の役割

親子猫

昔の猫の舌は狩りをした獲物を食べるときに、どこも余すことをないように、骨に付いた肉もザラザラの舌で、こそぎ落とすために必要でした。現在では狩りもしなくていいので必要無いように思いますが、現代では他にとても役に立っているんです。

ご飯を食べるとき

前述した通り骨に付いた肉をこそげ取る為にザラザラがあるのですが、現在もご飯を食べるときにお皿の隅までしっかり残さず、ご飯を絡めて食べることが出来るんです。

水を飲むとき

猫の水を飲んでる姿を見たことがありますか?水を飲むとき、猫は舌をJの形にしています。ザラザラの舌をJの形にし水を絡め掬い上げるようにして飲んでいるんです。一度じっくり見てみて下さい。

毛繕い

猫を飼っている方ならご存じかと思いますが、猫は舌で毛繕いをしますね。あの行動には3つの理由があります。

1つ目は体温調節です。猫は足裏のパッドにしか汗腺がなく発汗では体温調節ができません。そのため、身体中を舐めて唾液を蒸発させた気化熱で体温を下げているのです。

2つ目は身体中についている汚れやゴミ、それと抜け毛をザラザラした舌で取り除いています。シャンプーしないでも大丈夫な位きれいになるそうです。ブラッシング効果もあり、しかも皮膚のマッサージにもなります。

3つ目は精神安定や愛情表現に用いられています。失敗したときや不安になったとき。猫は毛繕いをして落ち着こうとします。そして、飼い主さんや他の猫たちに対しての親愛を込めて毛繕いをするのです。

ただ、執拗に同じ場所を舐めているときは要注意です。
もしかすると炎症や皮膚病等の異常があるかもしれません。
様子を見て病院へ連れていってあげてください。

猫の舌に味覚はあるのか

オヤツを舐めている猫

猫の舌は味覚はほぼありません。あるのは苦味、酸味、塩味です。

苦味

苦味は腐った肉を食べない為に腐った時に出るアミノ酸を苦味として感じています。

酸味

こちらの酸味は私たちが思う「酸っぱい」とは少し違い、肉の旨味成分であるりん酸等を感じています。

塩味

味を感じているというよりお肉を食べるときにその中にある塩分を取るために感じとる様ですね。

基本味を楽しむためと言うよりか、体を守り生き抜くために必要な味覚が備わっているんですね。

猫は猫舌なのか

舌を出している猫

ちょっとだけ雑学を。猫舌って皆さん言いますよね?それってどういう意味かご存じですか?「猫舌=熱いものが食べれない」と、言われています。では、猫は熱いものが食べれないのでしょうか?

答えは「イエス」。とはいえ、別に猫に限った訳ではなく、他の動物も40度以上の物は食べれません。元々人間以外は火を通して食べるという習慣がなく動物達は生で食べるので熱い食べ物は異常なんです。

ということは猫に限らずなのに何故猫舌?きっと昔から猫は人間の一番身近に居たから分かりやすかったので名前を借りたのではないでしょうか。

まとめ

舌なめずりをしている猫

猫の舌ってザラザラしてるけど結構便利ですね。ブラシになったりフォークやストローにもなる。健康管理にまで無くてはならない舌。とっても万能です。そして人間の舌にもあるなんてビックリしました。ちょっとじっくり見てみたくもなりますね。

スポンサーリンク

人気のキーワード