猫のワクチン接種が必要な訳

猫のワクチン接種が必要な訳

外に出る猫ちゃんは色々な動物と接触することがあるので感染症にかかってしまう事もあるのでワクチン接種は必要です。室内猫は外に出ないから感染症にかからないしワクチン接種も必要ないと思っていませんか?実は室内猫も感染症を発病する可能性もあるんです。もしもの為にも、楽しく猫ちゃんと過ごすためにもワクチン接種の必要性と注意点を紹介します。

279view

猫のワクチン接種

ワクチン接種と猫

まず、ワクチンとはどういうものなのか?病原体から作られた無害化、または弱毒力化した病原を体内に入れて抗体を作り、感染症を予防したり、感染症にかかっても、軽度で済むようにしたりするものです。

猫ちゃんにワクチンは必要なの?

外に出る猫ちゃん(以後外猫)は他の猫ちゃんとの接触も多く、時には野生の動物との接触もあるので様々な感染症にかかる可能性があります。では室内猫はどうでしょうか?

結論から言いますが、室内猫も感染症にかかる可能性はあります。例えば脱走をして感染した動物と接触するかもしれません。それと、飼い主さんや来客がウィルスを運んで来るかもしれないのです!

ウイルス感染する機会はいくらでもあるんです。しかも、猫ちゃんの感染症の中にはしっかりとした治療薬が無く、ワクチンで抗体を作るしか対策できないものもあります。

どの猫ちゃんもウイルス感染してしまうの?

健康な猫ちゃんであれば感染しても体力があるので、大丈夫な場合もあります。しかし、子猫や老猫は体力も免疫力もないので感染すると助からない場合があります。ワクチンを打っていれば重症化せずに済む、いわば「いざという時の保険」みたいなものです。

猫のワクチンを打つ時期

転がってる子猫

効率的に抗体を作るには最適な時期と回数があります。子猫、成猫それぞれでみていきましょう

子猫の場合

生まれてすぐの猫ちゃんは病気に対する抗体がありません。その代わり母猫の初乳(産んですぐに出る母乳)を飲むことで母猫が持っている抗体を取り入れ免疫力を付けます。

しかし、この免疫力は生後60日前後で自然消滅してしまうのでこの頃にワクチン接種が必要になります。ですが、初乳を充分に飲んだかどうかで抗体の強さが異なります。

抗体が残っていると新たな抗体は作られずワクチンは排出されてしまいます。なので、60日前後とは言っても、それぞれ違ってくるので獣医さんと相談してワクチン接種計画を立てましょう。接種回数は病院によりけりですが、1~3回です。以降は半年~1年に1回です。

成猫の場合

健康であればいつでも接種していただけます。初めてのワクチン接種ならば確実に免疫力をつけるために、最初の接種からおよそ1ヶ月後に2回目を追加接種してください。子猫の時にワクチン接種している場合は最後の接種より半年~1年に1回接種します。

猫のワクチン接種の注意点

猫アップ

ワクチン接種前に気をつけること

免疫力が低下していると、ワクチン接種により感染症を起こしてしまう事もあるので、ワクチン接種する前日の夜から特に注意して猫ちゃんの様子を観察しましょう。食欲がない、下痢をしているなど体調に不安な点があれば日程を変更しましょう。

ワクチン接種後に気をつけること

いくら体調のいい状態で、ワクチン接種したとしても、ワクチンは猫ちゃんにとって異物であることは間違いないので副作用が出ることもあります。なので、ワクチン接種後暫くは猫ちゃんの様子を観察して副作用等が現れた場合はすぐに病院へ連絡してください。

接種後2~3日は激しい運動やシャンプーは控え安静にし、2~3週間はまだ抗体が出来ていないので他の動物との接触も控えて下さい。なによりもワクチン接種は健康であるときでないと出来ないと言う事ですね。

猫のワクチンの種類と副作用

寝ている猫

猫ちゃんのワクチンは単体ワクチンと混合ワクチンがあります。

単体ワクチン

  • 猫白血病ワクチン
  • 猫エイズワクチン

の2種類があります。こちらは完全なる室内猫で、外猫との接触もない場合は感染の低い病気なので必須のワクチンではありません。値段は1種につき2500~4000円です。

混合ワクチン

混合ワクチンは3・4・5・7種があります。

  • 3種(猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス(1種類)、猫汎白血球減少症)
  • 4種(3種+猫白血病ウイルス感染症)
  • 5種(4種+クラミジア感染症)
  • 7種(5種+猫カリシウイルス(あと2種類))

猫カリシウイルスは3種類のウイルスがあり。7種で全部のウイルス接種できます。値段は病院にもよりますが

  • 3種 4000~6000円
  • 4種5種 5000~8000円
  • 7種 7500~8000円

が、平均です。最低でも3種混合ワクチンは打ってほしいです。4・5・7種に関しては外出、他の動物との接触がある時にはこちらをおすすめします。

副作用について

ごく稀ですが、猫ちゃんがワクチン接種してすぐにアレルギー反応を起こすことがあります。例えば、よだれを垂らしたり嘔吐したり。酷いときはけいれん発作を起こすことも。この場合は命の危険があるかもしれないので直ちに病院で診てもらいしょう。その他にも

  • じんましん(顔や目の回りが浮腫んで腫れる、皮膚じんましん)
  • 元気がない
  • 食欲がない
  • 呼吸異常
  • 便秘、下痢
  • 体温低下

等、いつもと違う状況であれば一度病院へ相談し判断を仰いでください。

まとめ

診察中の猫

猫ちゃんもワクチン接種により感染症の予防にもなるし、感染症にかかったとしても重症にならずに済みます。猫ちゃんにとっても飼い主さんにとっても安心して暮らす為にもワクチンはしっかり接種してあげましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード