猫用ケージ選び方のポイントと快適な空間づくり

猫用ケージ選び方のポイントと快適な空間づくり

室内ケージというと、少し前までは犬用がほとんどでしたが、最近は猫用にも多くのケージが販売されています。数ある猫用ケージの中からどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。可愛い猫さんに少しでも快適なケージライフを送ってもらうために、ケージの選び方を考えてみたいと思います。

478view

猫用ケージが必要な理由

ケージの中で寝転んでいる猫

本来、猫といえば『自由な生き物』というイメージではないでしょうか。
それをケージで行動を規制しなければいけない理由としては、猫の完全室内飼育という飼養スタイルが多くなってきたことがあげられます。

昔は、家の出入りを自由にさせることが出来ていましたが、現在では一日中玄関やお勝手を開け放しておいたり、まして留守中に、どこかの出入り口を開けておくことは、防犯上とても難しい時代になっています。共働きの家庭がほぼ当たり前の時代となり、人間の生活スタイルの変化とともに、猫の飼養環境も変化せざるを得なくなっているのでしょう。

ただ、私個人的には猫のケージ飼育には反対派です。たとえ人間の生活環境が変化しても、猫の習性には何も変わりはなく、本来の自由な生活をさせてあげたいと思っています。

しかし、人目の無い家で一日中お留守番となると、寂しさから悪戯をしたり、不意の事故で怪我をしてしまったりという可能性もあります。そのような状況から猫を守ってくれるというメリットも、猫用のケージにはあるといえるでしょう。

猫用ケージを選ぶ時のポイント

ケージの中で柵に手をかけている猫

いざケージを購入する時、どんなケージを選べばいいのでしょうか。
大きさ?広さ?デザイン?・・・猫に必要不可欠なのは高さです。
たまに、「狭いケージは可哀そう。広くて大きい犬用のケージの方が、動く事が出来るから良いのでは?」とおっしゃる方もおられますが、猫にとっては狭いのはあまり苦にならないようです。

高い場所に登って部屋を見渡せる。それだけで、猫のストレスはかなり緩和します。もちろん高さに加えて広さも確保できれば、それに越した事はないでしょう。

しかし、家庭によりケージを設置出来るスペースやケージの使い方、一日のうちどのくらいの時間ケージに入っているのかなど、様々な状況があるので、それらの条件に合わせて選んで行くのはもちろんですが、その中でも高さのあるケージを選んであげる事がポイントになります。

猫用ケージを快適空間にするには

ケージに入っている猫

猫をケージで飼う事は、猫にとってはかなりのストレスとなります。運動不足になり、肥満傾向になってしまう可能性も多くなるでしょう。ひいてはその命も縮めてしまう危険も孕んでいます。
できるだけケージ内での居心地を良い環境に整えてあげることが、とても重要になります。

トイレの設置

1階に設置するのが一般的で使いやすいでしょう。
猫は綺麗好きなので、消臭効果や猫砂が飛び散らないようなシステムトイレを利用すると良いのではないでしょうか。

寝床

2階にお気に入りの毛布やベッドを入れてあげましょう。
環境の変化が苦手な猫も、自分の匂いがする毛布などがあれば安心しくれるでしょう。

遊び場

3階は遊び場として空けておきます。
普段飼い主さんと一緒に遊んでいるおもちゃを入れておくのもよいでしょう。

お水を忘れず設置しましょう

いつでも新鮮なお水が飲めるようにしてあげましょう。

設置場所

外に居れば自分で快適な場所を探す事ができますが、ケージ内では暑くても寒くても逃げ場がありません。なので1日を通して適温を保てる様にしなくてはいけません。

簡単なのはやはりエアコンを利用する事です。誰も家に居ないのにエアコンをかける事に抵抗がある方は少なくはないと思いますが、気温を一定に保つにはエアコンの利用は欠かせません。

夏は26~27度程度、冬場は20度程度に設定して、直接エアコンの風が当たらない様にしましょう。こまめに付けたり消したりするよりも、設定温度で調節してくれるので意外と電気代はかかりませんよ。

冬場はエアコンに加えてヒータを入れてあげると良いでしょう。
レンジでチンする湯たんぽの様な物もあるので、感電などが心配な場合も安心して利用できます。

猫用ケージについてのまとめ

ソファーで猫を抱っこしている女性

帰宅したらなるべく早くケージの扉を解放してあげましょう。そして、たっぷりと遊んであげて下さい。どんなに普段素知らぬ顔をしている猫でも、たった一人で長時間お留守番しているのは寂しいものです。きっと飼い主さんを恋しがっているでしょう。

猫に限った事ではありませんが、ペットにとって飼い主さんが世界の全てであることを、決して忘れてはいけません。
どちらかと言えば、デメリットの方が多い猫のケージ飼いですが、飼養状況やお家の事情に合わせて、猫と人間が快適に暮らせるように活用したいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード