ブリティッシュロングヘアの誕生秘話!飼い方の秘訣や性格は?

ブリティッシュロングヘアの誕生秘話!飼い方の秘訣や性格は?

ブリティッシュロングヘアはイギリスが原産国の比較的新しい品種です。目も顔もまん丸でとても可愛らしく、特に長毛種に魅了されがちな方はブリティッシュロングヘアにご関心があるのではないでしょうか。この記事ではブリティッシュロングヘアの特徴や飼い方、ルーツをご紹介していきます。

124view

目次
ブリティッシュロングヘアの特徴
ブリティッシュロングヘアの誕生秘話
ブリティッシュロングへアの性格
ブリティッシュロングヘアの飼い方と注意するべきこと
まとめ

ブリティッシュロングヘアの特徴

ブリティッシュロングヘアの写真

ブリティッシュロングヘアは顔や目はまん丸で、鼻や首、足は短く、とても愛らしい姿をしています。

体つき

ブリティッシュロングヘアは筋肉質でたくましい体つきをしています。
長毛のフワフワとした毛が全体的に丸みを帯びたように見えるので華奢なイメージはありません。身体全体のバランスから比較すると足が短く、首も太くて短いのでなんともユニークでぬいぐるみの様な可愛らしさがあります。体重は3.5キロ~7キロが平均的で他の品種と比べると少し大きめです。

被毛の特徴

ブリティッシュロングヘアの毛色は、毛色が豊富で有名なペルシャよりも多く、非常にカラーバリエーションが豊富です。

  • ブラック
  • レッド
  • ホワイト
  • フォーン
  • ブルー
  • シナモン
  • チョコレート
  • ライラック

三毛猫の様に3色の毛が生えていたり、ポイント的に柄が出る子もいるなどとても多種多様です。

ブリティッシュロングヘアの誕生秘話

2匹の子猫の写真

ブリティッシュロングヘアのルーツは少々複雑で、誕生してから歴史も浅い比較的新しい品種です。名前からもご想像がつくかと思いますが、ブリティッシュショートヘアとの交配で誕生したといわれています。ブリティッシュショートヘアの過去2度の絶滅回避のために誕生したのがブリティッシュロングヘアなのです。

ブリティッシュショートヘアとの歴史

ブリティッシュショートヘアは1914年から1918年に行われた第一次世界大戦の影響により、手放す人が多く一度目の絶滅危機を迎えています。絶滅回避のため、この時はペルシャとの交配が行われ長毛の猫、短毛の猫、両方が生まれました。

短毛種はブリティッシュショートヘアとして扱われたのですが、長毛種はペルシャとして扱われブリーディングに利用される結果となりました。時が経ち、二度目の絶滅危機もやはり戦争が影響しており1940年、第二次世界大戦の頃、絶滅寸前までブリティッシュショートヘアは減ってしまいました。この際に交配相手として選ばれたのがペルシャ、また毛の色が似ているという理由からロシアンブルー、その他いくつかの短毛種でした。

結果的にブリティッシュショートヘアの絶滅は回避できましたが、交配が続けられる中、誕生してくる長毛の猫に注目が集まる事はあまりなく、引き続きペルシャとして扱われていました。

その後、ペルシャやアンゴラに近い特徴をもった長毛猫に一部の愛好家から人気が高まり、現代のペルシャとは特徴も違うのでペルシャとは違う独立した品種として登録しようという動きが高まった結果、2009年にやっとアメリカの猫登録団体、TICAはこの長毛猫をブリティッシュロングヘアという猫種として登録する事になりました。 

ブリティッシュロングへアの性格

猫の横顔の写真

ブリティッシュロングヘアは基本的に愛情深くとても優しい性格をしていますが、猫らしいクールな一面も持ち合わせています。子猫の頃はブリティッシュロングヘアも活発で元気、やんちゃに遊ぶことも大好きですが、成猫になるにつれてどんどん落ち着いてきます。

人懐こい性格なので飼い主さんに対して友好的ではありますが、過剰にべたべたと構われることを嫌い、一人遊びを得意とします。お留守番も苦手ではないので、一人暮らしの方や家を空けることが多いご家庭でもブリティッシュロングヘアは飼いやすい品種であるといえます。

ブリティッシュロングヘアの飼い方と注意するべきこと

ブラッシングされる猫

運動神経が悪い?

ブリティッシュロングヘアの子猫時代はとても活発ですが、あまり運動神経が良くありません。そんな所もなんとも可愛らしい一面ですが、あまり大きなキャットタワーなどを用意するとジャンプも得意ではないので怪我の恐れがあります。

単純な作りであまり高さのないキャットタワーを用意して怪我を防ぎましょう。

しつけについて

ブリティッシュロングヘアは過剰に構われることが苦手なことや、性格が頑固な個体が多いことからしつけがしにくい品種といわれています。どんなしつけも子猫の頃が肝心ですが、必要最低限のトイレのしつけなどは子猫時代にしっかりと教えましょう。

上記のしつけと同様、ブリティッシュロングヘアは頑固な性格なので、フードや寝床が気に入らないなどのちょっとしたわがままは飼い主さんが許せる範囲で妥協することも必要かもしれません。決して飼い主さんや人間が嫌いな訳ではないので無理強いはせず、コミュニケーションをとれる場面でしっかり教えてあげるといいかもしれません。

被毛のケア

長毛猫なのでブラッシングは必須ですが、他の長毛猫と比べると毛が絡みにくいので比較的お手入れは楽です。一日に1回~2回、コームやブラシを使ってブラッシングしましょう。

まとめ

金魚と猫

ブリティッシュロングヘアはあまりベタベタと甘えてくるタイプではないので共に暮らすのであれば、適度な距離を置いた存在になると思います。共働きで、日中お留守番をしてもらわないといけない場合などもブリティッシュロングヘアなら、比較的負担にならず過ごしてくれるかもしれませんね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード