猫の声から愛猫の心理を探れ!鳴き声でわかる猫のきもちとは

猫の声から愛猫の心理を探れ!鳴き声でわかる猫のきもちとは

猫の声を聞いていると、色々な鳴き方をしますよね。猫の声から猫が伝えたいことを理解できれば、猫ライフもいまよりもずっと楽しくなるのではないでしょうか。ここでは色々な猫の声と心理をご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

456view

目次
猫の声、鳴き方の種類
猫の声から気持ちを分析する
猫の声からわかる病気とは
猫の声がうるさい時
まとめ

猫の声、鳴き方の種類

子猫鳴いている写真

猫の声は大きく分けると7通りの鳴き声があります。

  • ニャオ ニャ~ン
  • ニャ
  • ギャ~オ
  • シュー
  • グルグルグルグル
  • アウォ~ン
  • カッカ

猫の鳴き方にはそれぞれの意味があり、どういう状況で猫が声を発しているかで何を伝えようとしているのが、おおよその判断をする事ができます。これらを全て把握してお
けば、猫の鳴き方に合わせて会話が楽しめたりするかもしれませんね。

また、子猫は「ミーミー」と鳴き、成猫は「ニャン」と鳴くように猫は成長によっても声や鳴き方が変化します。この声変わりの時期には様々な説があり、猫のからだの成長に伴い、猫の声が変わっていく場合もあれば一緒にいる猫に教わるようにして猫の声が変わる場合などがあります。いずれにしても子猫の時にしか聞けない子猫独特の可愛い鳴き声は貴重ですね。

猫の声から気持ちを分析する

掌に乗った子猫

ニャオ、ニャ~ン

一番よく耳にする事がある猫の声ですね。この声で鳴く時には、ご飯の催促であったり飼い主さんにかまってほしかったりと、何かを要求する際に発する事が多いですよね。その時の状況によって、猫が何を伝えようとしているのか考えてみてください。きっと飼主さんには愛猫の声の意味するところが分かるはずです。

ニャ

短く切れているこのような猫の声は、一丁前に返事をしている場合が考えられ、人間で言う「はい」や「なあに?」と言った感じに使われています。
また、挨拶の代わりに発する場合もこの鳴き方をします。飼主さんが帰宅時などに聞くことが多いのではないでしょうか。

ギャ~オ

猫同志のケンカが始まりそうな時に聞く猫の声としてお馴染みですね。警戒心や恐怖心で頭の中はパニックになっているかもしれません。猫の声でこの鳴き声を聞いたら、近寄らない方が良いでしょう。

シュー

シューの他にシャーと鳴く場合もあるこの猫の声は、相手を激しく威嚇し、近寄らせないようにするために発します。全身の毛が逆立っている状態になっている場合は特に機嫌が悪く警戒している状態なので、この場合も落ち着くまでそっとしておきましょう。

グルグルグルグル

猫の声と言うよりは喉を鳴らしているこの音は、グルグルと聞こえたりゴロゴロと聞こえたりします。この音は猫が甘えている時に発している音です。また、満腹で満たされている気持ちの時やリラックスしている状態のときもこの音を鳴らすことがあります。

アウォ~ン

発情期の時の猫の声はアウォ~ンだったりオギャーと聞こえたり、とにかく大きく激しい声で、発情期の問題行動のひとつとしてあげられる独特な鳴き方をします。メス猫はオス猫を呼び、オス猫はメス猫の呼ぶ声に答えて鳴いているといわれています。

カッカ

窓から外をみているときなどに小鳥や虫を見つけると、カッカという声を発します。獲物を見つけたけどどうする事もできないというもどかしい状態の時にこのような声を出します。

猫の声からわかる病気とは

口を大きくあけた猫

猫の声を注意して聞くことで気付ける病気のサインがあります。
猫の声がいつもと違うと感じたら、この4点をチェックしてみましょう。

  • ずっと喉をゴロゴロ鳴らしている
  • 猫の声がいつもと違ってかすれている
  • 猫が声を出しにくそうにしている
  • 苦しそうに鳴く

これらが該当する場合、何らかの病気や体調不良のサインである可能性があります。猫は体調不良を誰にも悟られないように隠す習性がありため、病気が発見された時には症状が進行、悪化している場合もあります。少しでも早く異変に気付くことができるよう日頃から猫の声に注意しておくと良いでしょう。

猫の声がうるさい時

手を前に出している猫

発情期特有の唸り声や鳴き声は成熟する前、発情期を迎える前に避妊手術を受けることによって抑えられるといわれています。ただし、既に発情期を経験している場合や卵巣の取り残しがある場合などは避妊手術後であっても手術前と同様に発情期を迎えたり、本能的に発情期を迎えたような錯覚に陥り上記のような行動をとる場合もあります。

発情期以外であれば早朝のえさの催促などの要求鳴きや、飼い主さんの外出を引き留めるための甘え鳴きなどが多いのではないでしょうか。

猫の声をうるさく感じたとしても、そこで猫を叩いたり叱りつけてはいけません。猫は鳴くことによって飼い主さんに意思表示をしようとします。野生の猫は居場所を知られないためあまり鳴くことをしません。飼い主さんと過ごす環境に安心し、飼い主さんを信用しているからこそ大きな声で存在を知らせようとしているのです。

ただし、飼い主さんが困ってしまうほど猫が頻繁に大きな声で鳴く場合は、心を鬼にして無視をして言う事を聞かないようにしてみるのも必要かもしれません。何度か繰り返しているうちに、飼い主さんが忙しそうなときや寝ているときは鳴いても無駄だと学習します。ただ、できるだけ返事だけでもするようにし、要求鳴きの場合は食事の時間の工夫をするなどの対策を第一にしてあげてくださいね。

まとめ

あくびをしている子猫

猫の声には様々な種類があり、鳴いている時の状況から何を伝えようとしているのかおおよその判断ができます。猫の声で病気の可能性に気付くことができる場合もあるので、いつもと鳴き方が違う場合は猫の体調に気を付けてあげましょう。猫の声はしつけや工夫によって抑えられる場合もあります。忙しいとき、寝ているときは何もしてあげられないよと猫が理解できるよう、工夫をするのもひとつの方法ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード