猫の声の種類と心理について

猫の声の種類と心理について

猫の声を聞いていると、色々な鳴き方をしますよね。猫の声から猫が伝えたいことを理解できれば、猫ライフもいまよりもずっと楽しくなるのではないでしょうか。ここでは色々な猫の声と心理をご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

871view

猫の声の種類

子猫鳴いている写真

猫の声は大きく分けると7通りの鳴き声があります。

  • ニャオ ニャ~ン
  • ニャ
  • ギャ~オ
  • シュー
  • グルグルグルグル
  • アウォ~ン
  • カッカ

猫の鳴き方にはそれぞれの意味があり、どういう状況で猫が声を発しているかで何を伝えようとしているのが、おおよその判断をする事ができます。これらを全て把握してお
けば、猫の鳴き方に合わせて会話が楽しめたりするかもしれませんね。

また、子猫は「ミーミー」と鳴き、成猫は「ニャン」と鳴くように猫は成長によっても声や鳴き方が変化します。この声変わりの時期には様々な説があり、猫のからだの成長に伴い、猫の声が変わっていく場合もあれば一緒にいる猫に教わるようにして猫の声が変わる場合などがあります。いずれにしても子猫の時にしか聞けない子猫独特の可愛い鳴き声は貴重ですね。

猫の声ごとの気持ち

掌に乗った子猫

ニャオ、ニャ~ン

一番よく耳にする事がある猫の声ですね。この声で鳴く時には、ご飯の催促であったり飼い主さんにかまってほしかったりと、何かを要求する際に発する事が多いですよね。その時の状況によって、猫が何を伝えようとしているのか考えてみてください。きっと飼主さんには愛猫の声の意味するところが分かるはずです。

ニャ

短く切れているこのような猫の声は、一丁前に返事をしている場合が考えられ、人間で言う「はい」や「なあに?」と言った感じに使われています。
また、挨拶の代わりに発する場合もこの鳴き方をします。飼主さんが帰宅時などに聞くことが多いのではないでしょうか。

ギャ~オ

猫同志のケンカが始まりそうな時に聞く猫の声としてお馴染みですね。警戒心や恐怖心で頭の中はパニックになっているかもしれません。猫の声でこの鳴き声を聞いたら、近寄らない方が良いでしょう。

シュー

鳴く黒猫

シューの他にシャーと鳴く場合もあるこの猫の声は、相手を激しく威嚇し、近寄らせないようにするために発します。全身の毛が逆立っている状態になっている場合は特に機嫌が悪く警戒している状態なので、この場合も落ち着くまでそっとしておきましょう。

グルグルグルグル

猫の声と言うよりは喉を鳴らしているこの音は、グルグルと聞こえたりゴロゴロと聞こえたりします。この音は猫が甘えている時に発している音です。また、満腹で満たされている気持ちの時やリラックスしている状態のときもこの音を鳴らすことがあります。

アウォ~ン

発情期の時の猫の声はアウォ~ンだったりオギャーと聞こえたり、とにかく大きく激しい声で、発情期の問題行動のひとつとしてあげられる独特な鳴き方をします。メス猫はオス猫を呼び、オス猫はメス猫の呼ぶ声に答えて鳴いているといわれています。

カッカ

窓から外をみているときなどに小鳥や虫を見つけると、カッカという声を発します。獲物を見つけたけどどうする事もできないというもどかしい状態の時にこのような声を出します。

猫の声から分かる病気

口を大きくあけた猫

猫の声を注意して聞くことで気付ける病気のサインがあります。
猫の声がいつもと違うと感じたら、この4点をチェックしてみましょう。

  • ずっと喉をゴロゴロ鳴らしている
  • 猫の声がいつもと違ってかすれている
  • 猫が声を出しにくそうにしている
  • 苦しそうに鳴く

これらが該当する場合、何らかの病気や体調不良のサインである可能性があります。猫は体調不良を誰にも悟られないように隠す習性がありため、病気が発見された時には症状が進行、悪化している場合もあります。少しでも早く異変に気付くことができるよう日頃から猫の声に注意しておくと良いでしょう。

猫の声がうるさい時の原因

手を前に出している猫

発情期特有の唸り声や鳴き声は成熟する前、発情期を迎える前に避妊手術を受けることによって抑えられるといわれています。ただし、既に発情期を経験している場合や卵巣の取り残しがある場合などは避妊手術後であっても手術前と同様に発情期を迎えたり、本能的に発情期を迎えたような錯覚に陥り上記のような行動をとる場合もあります。

発情期以外であれば早朝のえさの催促などの要求鳴きや、飼い主さんの外出を引き留めるための甘え鳴きなどが多いのではないでしょうか。

猫の声をうるさく感じたとしても、そこで猫を叩いたり叱りつけてはいけません。猫は鳴くことによって飼い主さんに意思表示をしようとします。野生の猫は居場所を知られないためあまり鳴くことをしません。飼い主さんと過ごす環境に安心し、飼い主さんを信用しているからこそ大きな声で存在を知らせようとしているのです。

ただし、飼い主さんが困ってしまうほど猫が頻繁に大きな声で鳴く場合は、心を鬼にして無視をして言う事を聞かないようにしてみるのも必要かもしれません。何度か繰り返しているうちに、飼い主さんが忙しそうなときや寝ているときは鳴いても無駄だと学習します。ただ、できるだけ返事だけでもするようにし、要求鳴きの場合は食事の時間の工夫をするなどの対策を第一にしてあげてくださいね。

まとめ

あくびをしている子猫

猫の声には様々な種類があり、鳴いている時の状況から何を伝えようとしているのかおおよその判断ができます。猫の声で病気の可能性に気付くことができる場合もあるので、いつもと鳴き方が違う場合は猫の体調に気を付けてあげましょう。猫の声はしつけや工夫によって抑えられる場合もあります。忙しいとき、寝ているときは何もしてあげられないよと猫が理解できるよう、工夫をするのもひとつの方法ですね。

30代 女性 nanairo

まだ猫を飼う前は、野良猫の鳴き声が猫の鳴き方、というような認識でしたが、飼ってみると驚く位に鳴き方がたくさんある事に気がつきました。
我が家の猫は、ニャー!とつよく鳴くのではなく、ニャー!アー!アーー!!!と発生練習のような鳴き方をします。ごはんが欲しい時はもちろん、かまって欲しい時にもこの鳴き方をします。
後は、申し訳なさそうな細〜い声のニャーもあります。これはツンデレのツンの部分に限界がきたという認識にしています。
もう、辞典が作れそうな位にたくさんあります。猫はとても感情豊かなんだろうなぁ、と面白く観察しています。
しかし、ゴロゴロが満足だけでなく病気の時などにも出す、というのには驚きました。
ゴロゴロ言っているから…と安心できない場合もあるのですね。
我が家は6ヶ月目に去勢をしたので、発情の声は一度も聞けていません。外猫の声でも本当によく聞こえるので、室内にいれば爆音なんでしょうね。
猫の鳴き声、面白く拝見致しました。少しでも多く理解してあげられるように、これからも観察していきます。

40代 女性 jyunko

猫は本当に色々な鳴き方をしますよね。猫は感情がわかりにくいと言われることもありますが、私にとってはこんなに感情が分かりやすい動物は他に知りません。人間よりもよっぽど分かりやすいとさえ思います。

うちの愛猫は、記事にあった鳴き声はもちろん、ご飯が欲しいとき、抱っこしてほしい時、遊んでほしい時、同じ「にゃーん」という鳴き声でも、少しずつイントネーションが違います。ご飯が欲しいときには「まんま」に近い発音で鳴いたりするので、とても面白いです。

愛猫は元野良なのですが、本当に元野良?と言われるほど、大きな声でいちいち鳴きます。おしゃべりさんねとよく言われますが、本当にその通りです。人によっては、猫が鳴くとうるさいと言う人も居ますが、飼い猫が大きな声で要求鳴きや甘え鳴きをするのは、安心している証拠なのだそうですね。逆に野良猫は、外敵から身を隠すため、殆ど鳴かないといいます。

また、何故鳴いているのかをじっくり観察していると、とても面白い発見がたくさんあります。遠くに居ても、「あ、鳥見つけたな」「おやつのおねだりだな」「遊びのお誘いだな」と、鳴き方で何をしているのか、何をしようとしているのかが分かるようになってから、愛猫と過ごす日々はより楽しく、幸せになりました。

女性 yuki

色々な鳴き声をきかせてくれる猫ちゃんですが、こちらの記事には細かく鳴き声から考えられる猫の気持ちがしっかりと書かれており、大変参考になりました。

こちらに書かれているように、一般的な猫ちゃんは鳥などを見つけたときに「カッカッカ」と鳴くことが多いと言われていますが、我が家の猫たちは「ニャニャニャ」と鳴きます。

以前変な鳴き方だと思い調べたことがあるのですが、鳥を獲物として認識している場合は「カッカッカ」。ですが、お友達?のように、仲間として話しかける時は「ニャニャニャ」と鳴くことがあるそうです。

生まれた時からずっと完全室内飼いの為、鳥を獲物として認識するよりも、仲間として認識したのでしょうか?ちなみに前に飼っていた子は元野良の子で、その子は外の鳥を見て「カッカッカ」と鳴き、窓をカリカリひっかいていましたので、完璧に獲物として認識していました^^;

また、鳴き声から病気に気が付くことも出来るとのことですが、本当にその通りだと思います。猫は威嚇の際に犬のように「ウゥー」と唸り声をあげて鳴くことで知られていますが、我が家の猫がひっきりなしに肛門を舐めながら「ウゥー」と唸っていた時、肛門腺が詰まってしまっていたということがありました。

飼い主として、猫の鳴き声から病気等に気が付いてあげることもとても大切なことだといえますね。

20代 女性 ゆず

てきとうに鳴いているだけかと思いきや鳴き方を使い分けていたんですね。ウチの愛猫はよくご飯を口に入れながら「ニャオ ニャーン」を繰り返しているので「ご飯、美味いよ〜」と私に伝えてくれているものだと思っていましたが、記事によるとニャオ ニャーンは何かを要求している時とあったので「もっとご飯をくれ」とご飯を食べながらにして訴えているのかもしれませんね。笑)生意気なやつです。
また、今まで猫の病気のサインは体に現れるサインだけが頼りだと思っていましたが、鳴き声によっても分かるという事が知れてとても参考になりました。痛みを我慢してしまう傾向にある猫ちゃんなので病気のサインは飼い主が見逃したくない点ですよね。早期発見ためにも注意したいと感じました。

スポンサーリンク

人気のキーワード