猫の換毛期になる時期~抜け毛対策はこまめにしよう!~

猫の換毛期になる時期~抜け毛対策はこまめにしよう!~

多くの動物に換毛期があるように,猫にもあります。換毛期になるといつも以上に抜け毛が多くなり,お手入れやお掃除も大変になりますよね。今回は,そんな換毛期の時期を快適に過ごすための対策について,御紹介していきます。

392view

猫の換毛期の時期

ねこと毛糸

猫の換毛期は1年の間に2回あります。それは「3月」と「11月」です。
3月は,夏の暑さに備えるために冬の毛が大量に抜け落ち,それは,見た目がスマートになってしまう猫がいるくらいに抜けてしまいます。そして11月は,冬の寒さに耐えられるように夏の毛が抜けて,フワフワの毛になります。

夏毛と冬毛の違い

沢山の猫

猫の夏の毛は身体の熱を逃がせるように,毛の密度が少なくなっています。毛質もちょっと硬めになっており,風が通しやすいようになっています。それに対して冬毛は寒さに耐えられるよう熱を逃がしにくくするために,毛の密度も高くなります。毛質は細かく柔らかいので夏よりもフワフワとした触感です。

換毛期の手入れの方法

ブラッシングされる猫

こまめなブラッシング

ブラッシングをすることで毛のほつれなどを取り除くことができます。さらには身体のマッサージにもなるため,猫の血行促進にもつながっていきます。
特に換毛期にはとにかく抜け毛が多いので,いつも以上にこまめにブラッシングするようにしましょう。大事なのは,猫自身が嫌がらずにリラックスしている状態で行い,ブラッシングは,楽しくて気持ちの良いものだと覚えさせることが大切です。換毛期になる前にブラッシングに慣らしておくことが理想的ですね。

シャンプーで抜け毛を掃除

水に濡(ぬ)れることを嫌う猫はシャワーを嫌がることも多く,シャンプーをするのも一苦労かと思います。しかし,換毛期の特に抜け毛の多い時期はシャワーをすることで抜け毛の掃除などの手間も減ります。ブラッシングでも追いつかないくらいに抜け毛が多くなることもあるので,シャンプーをすることで一気に抜け毛が減ります。
ただ,シャンプーが苦手な猫も多いことと思うので,一回シャンプーするだけで抜け毛の量も大分変わりますので,そこまで頻繁にシャンプーする必要もありません。

種類別・猫の毛のタイプとブラッシング

  • アビシニアン,シャム,日本猫など

短毛で下毛も短めなので,猫の中でも抜け毛は少ないタイプです。ラバーブラシなどを使い週1程度の軽いブラッシングをしましょう

  • アメリカンショートヘア,ロシアンブルー,ブリティッシュショートヘア

短毛ですが下毛が多く抜け毛も多めになります。ラバーブラシなどを使いブラッシングしていきましょう。やりすぎには注意です。

  • メインクーン,ノルウェジアンフォレストキャット,ソマリ

少しコシのある長毛タイプで抜け毛も多くなります。下毛や脇の下など毛が柔らかい部分は毛玉になりやすいのでスリッカーなどを使い毛玉をほぐしていきます。毎日のブラッシングが大切です。

  • ペルシャ

長毛で細く柔らかいのでもつれて毛玉になりやすいです。また,毛が空中に舞いやすいタイプともいえるのでとても大変ですが,毎日のブラッシングは欠かせません。スリッカーなどを使いもつれをほぐすようにしましょう。

猫の換毛期対策!

掃除する猫

換毛期の猫は毛玉を吐きだす

換毛期は毛がたくさん抜けるので,グルーミングの回数も増えてきます。
少しでも冬毛を早く抜こうと体中をペロペロと舐(な)めますが,グルーミングの回数が増えることで,ふだんより多く毛を飲み込んでしまうことになります。その結果,お腹(なか)に溜(た)まった毛を,「毛玉」として吐き出すことがあります。
また,加齢などにより飲み込んだ毛を吐き出すことができなくなると,毛球症という状態になり,食欲不振や便秘などを引き起こすことが考えられます。

体質によって変わりますが,毛玉を吐いてしまう猫は,換毛期は注意して観察しないと色んなところで毛玉を吐いてしまいますので,いつも以上に注意深く観察する必要があります。毛玉の排出を助けるキャットフードなどもたくさん販売されていますので利用してみるのも良いでしょう。

いつも以上に掃除を

毛がたくさん抜けると掃除が大変ですよね。しかし,掃除をせずに毛をそのままにしておいてしまうと,猫が毛を飲み込んで毛玉を吐き出してしまう原因にもつながってしまいます。そうならないためにも,いつも以上に掃除の回数も多くする必要があります。
掃除機で大まかに猫の毛を掃除した後,コロコロなどを使ってカーペットやフローリングの細かいところの毛を掃除して,部屋をキレイに保つようにしましょう。
そうすれば猫も気持ちよく換毛期を過ごすことができます!

猫の換毛期に関するまとめ

眠る猫

換毛期の猫はこれでもかというくらい毛が抜けるため,病気を疑ってしまうこともあるかと思います。しかし,毛の生え代わり時期で,病気ではないので安心してください。
たくさんの毛が抜けて猫のお手入れや部屋の掃除が大変になってしまうかと思いますが,これもかわいい猫ちゃんのためと思って苦労を惜しまずにしっかりと対策をしてあげましょう。そうすることで猫ちゃんもあなたも気持ちいい一年を過ごせるようになります!

40代 女性 浅香

愛猫は、他の猫種と比べると比較的抜け毛が少ないとされる日本猫の、短毛種です。普段から毛玉を吐く事も殆どなく、短毛種だからと油断していた結果「毛球症」になりかけた事があります。もちろん、週1程度のブラッシングは行っていました。しかし、普段から毛玉も吐かず、換毛期になり飲み込む毛の量が増えた事で、毛球症の症状が出始めていたようです。

換毛期に入ってすぐに便秘がちになり、便が毛玉のようになってしまっていた事で毛球症を疑いました。幸い、異変に気付いたのが早かった為、大事には至りませんでしたが、最悪の場合、詰まった毛玉を外科手術で取り除かなければならなかったと知った時は、ゾッとしました。それ以降、換毛期はほんの少しの時間だけでもいいので、2日に1回程度ブラッシングをするようにし、ヘアボール対応のおやつやフードを取り入れるようにしています。

また、濡れタオルやペット専用のボディタオルで体を軽く拭くだけでも、抜け毛の量が随分減りました。掃除に関しても、1日2回、フローリングワイパーで床拭きをすると、空気中に舞う抜け毛をかなり抑える事ができます。たかが抜け毛、されど抜け毛。まさか愛猫の抜け毛が、愛猫の健康を害する事になるとは思ってもみませんでした。抜け毛が少ないとされる品種は、元々毛玉を上手に吐けない子も多いようですので、猫草や、猫草と同じ成分が含まれるおやつ、食物繊維が豊富なヘアボール対応フード等を取り入れる等して、十分に注意してあげる必要がありそうです。

女性 ケロキ

猫を飼う前は、猫を飼っている友人が「コロコロしても服に毛がついている」と言っていました。実際に猫を飼ってみて同じことを思いました。短毛の猫は週に1回のブラッシングで大丈夫というのを良く見かけますが、猫の体質や毛質によってはもう少し高い頻度でブラッシングを行った方がいい場合もありますよね。我が家の猫は、短毛ですが週に1回のブラッシングでは家中にフワフワと毛が舞ってしまいます。3種類のブラシを持っていますが、週に1回はラバーブラシを使い、普段は抜け毛取りコームを使用しています。そうすることで、フワフワと舞い上がる毛が減りました。ブラッシングも大事ですが、掃除機等で落ちた抜け毛を片付けると、猫も人間も気持ちよく生活できますよね。

女性 モル

3月と11月なら、現在は換毛期の真っ最中。
幸い、今回はうちのキジトラは抜け毛が少ないみたいです。今のところ。
と、言うか毎年11月は、割とこじんまりとした感じで終わります。

その代わり、3月の時の方が大掛かりなイベントになりつつあります。我が家の場合。
3月から始まり、とにかく長い!! 5月の終わり頃までガンガンと毛は抜け続けます。
個体差にもよるのでしょうが。

一年中、快適温度の室内飼いの猫には、換毛期はないことも多いそうなので、特に気にしておりませんが。
ただやはり、一年を通して自然な季節を味わわせてあげたい気もします。

今は猫のトリミングも流行っていて、短毛種でもやってくれるようなんですが、うちの愛猫はお風呂を死ぬ程嫌がるので、きっとサロンになんか連れて行ったら、具合悪くなってしまうのではないか、と思います。

いずれにしろ、抜け毛は面倒臭いですが、本来掃除が苦手な私が、愛猫の抜け毛のお陰で毎日のように掃除機を掛けるようになったので、悪いことばかりではない、と思っています。

スポンサーリンク

人気のキーワード