猫の避妊手術について利点と気をつける点

猫の避妊手術について利点と気をつける点

避妊手術は,メスの猫を飼う上で必ず考えなくてはならない問題です。妊娠,出産を望まない場合は避妊が必要になってきます。メリットとデメリットの両方を考慮して,最善の選択をできるようこの記事を通して学んでいきましょう。

304view

猫の避妊手術を行う利点

猫の親子

望まない繁殖を防ぐ

第一の目的は,望まない妊娠をしないようにすることでしょう。猫は,交尾によって排卵が起こる交尾排卵動物であり,交尾をすれば確実に妊娠します。外に出る猫や多頭飼いの猫の場合,知らないうちに妊娠,出産することもあり得ます。子猫を産ませたいという考えがないのであれば,避妊手術を受けさせることが賢明かもしれませんね。

病気の予防

避妊手術は,病気を防ぎ,リスクを減らすことにつながります。子宮蓄膿(ちくのう)症,子宮内膜炎,子宮がん,子宮炎,卵胞嚢腫(のうしゅ),卵巣がんといった生殖器の病気のほか,乳腺腫瘍(猫は高確率で悪性)なども予防できます。

発情によるストレスをなくす

猫は発情期になると,欲求不満からストレスを感じてしまうのです。避妊することで発情期がなくなり,このストレスを回避することができます。また,大きな声で鳴くなど,発情期の問題行動も防げることが多いようです。

猫の避妊手術を行う注意点

猫と餌

太りやすくなる

避妊手術を受けた猫は,ホルモンバランスの変化による食欲の増加,運動量や代謝の低下から太りやすくなると言われています。食事の量やカロリーの調整,運動の機会を増やすなどして,気をつけてあげましょう。

全身麻酔が必要

病気の手術に比べリスクが少ないとされる避妊手術ですが,全身麻酔を必要とします。このことを十分理解して判断することも大切です。

入院と抜糸

必ず1日の入院が必要となります。退院後,一週間前後で手術跡の経過を見て問題がなければ抜糸となります。

猫の避妊手術を受けさせる時期

寝そべる猫

一般的には,最初の発情の前に手術を受けるのが適切だと言われています。年齢にすると生後6~8か月以上,体重が2~2.5kg以上が目安となります。これが一般的に手術に耐えられる月齢と体重です。乳腺腫瘍に関しては、1歳を過ぎてからの避妊手術では,予防効果がかなり低下すると言われています。初回発情の前に手術をすることで高確率に防げる病気もあるため,あらかじめ獣医さんとよく相談しておきましょう。

猫の避妊手術で気をつけたいこと

エリザベスカラーと猫

ワクチンの確認

手術の前にワクチンの有効期限が切れていないか確認しましょう。切れている場合は,事前に接種が必要です。

術後は安静に

術後数日は激しい運動を避け,安静にさせましょう。また,傷口を舐(な)めないように気を配ります。エリザベスカラーなどを装着して退院しますが,もし舐(な)めてしまったり傷口が開いてしまったりしたときには,すぐに病院に連れて行ってください。その他,便や尿の様子,食欲などの異変が続いた場合も病院に相談しましょう。

まとめ

獣医と飼い主

避妊手術にもリスクがないわけではありません。とはいえ,病気の予防にもつながり,メリットもたくさんあります。獣医さんとも話し合いながら,手術を受けるかどうか,よく考えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード