日本猫の特徴やその種類

日本猫の特徴やその種類

日本猫は経典などを含めた大切な書物に、損傷を与えかねないネズミから保護する目的で、7世紀頃の奈良時代に中国から持ち込まれたといわれています。そこから長い年月、日本猫は人に飼われることはありませんでしたが、戦後外国から猫が入ってきたことで、交配が進んでいきました。では、日本猫の特徴とはどのようなものでしょうか、詳しく見ていきます。

624view

日本猫の特徴と種類

神社の猫

日本猫には外国の猫には見られない特徴があります。特に海外では「日本の猫のしっぽが短い」といわれています。それ以外にも日本猫ならではの特徴があります。

  • 全身の被毛や耳の毛はさほど長くない
  • 鼻筋が通っていてキリっとしている
  • 色の種類が豊富
  • 丸顔が多い

ちなみに、日本猫の被毛の色は茶・黒・白・縞模様があり、単色や複数の色を持っている個体が存在します。

三毛猫

三毛猫はなぜか大半がメスであることが多く、三毛猫のオスが誕生するのは1000匹中1匹いるかいないかというほど、かなり低い確率なのが特徴です。性格的傾向としては独立心が強く、頭が良くて勝ち気なところがありますし、他の日本猫と比べると飼育の難しい面があります。

雉トラ(キジトラ)

本来の日本猫のスタイルは「キジトラ」だけでしたが、今やいろいろな色やデザインを持つ猫が存在しています。このキジトラは野性の部分が残っている傾向が強く、その場合は用心深さが強く出ていることがありますが、その個体によっては穏やかで人懐っこい性格の猫もいて、両極端です。用心深さが顕著に出ている猫なら、慣れてくれるまで時間を要しますが、打ち解けてきたら人懐っこい性格を見せるようになります。

サバトラ

一見、キジトラと似通っていますが、キジトラよりも全体的に白っぽくて黒のラインが入っていることが特徴です。性格的には繊細、又は明るくてフレンドリーか、はっきりとしています。

サビ猫

見た目に違いはあるもののサビ猫は三毛猫と似た特徴を持っており、メスである確率が圧倒的に多いです。頭の良い個体が多いともいわれています。

茶白・茶トラ

このタイプの猫は、三毛猫・サビ猫とは逆でオスが大半です。性格的にはオスであるが故にアグレッシブで快活、体つきもがっしりとしています。飼い主に慣れてくると、人懐っこい一面を見せるようになります。

黒猫

黒猫はおっとりとしていてフレンドリーな性格をしています。また、黒猫の目の色は大半が黄色ですが、青い瞳を持っている猫も存在します。

白猫

白猫は屋外ではどの猫よりも目立つ色で、外敵に目を付けられやすいためか、用心深くてセンシティブな性格をしている個体が多いのが特徴です。また、目の色が違う場合が多く、青い瞳側の耳が難聴を患っているケースが大半だといわれています。

茶ブチ・黒ブチ

全体的に白が主体で茶や黒がところどころ入った猫を、茶ブチ・黒ブチといいますが、顔・頭の部分に黒と白で八の文字のように見えるタイプは、「ハチワレ」という愛称がついています。性格はおっとりとしていてフレンドリーなのが特徴です。

日本猫の性格

首輪をつけた猫

日本猫の性格は、本来生まれ持っている性格以外にも、生育環境や室内飼いされている場合は、しつけなども反映されることがあり、個体差は生じますが、一般的な日本猫の性格として、人当たりが良くて穏やかな性格が多いといわれています。

大半の日本猫は気が付けばよく寝て、自由奔放に行動することが多く、環境に合った生き方ができます。また、用心深さもありますが頭が良く、慣れた人に対しては人懐っこい性格を見せます。

日本猫の必要な運動量

歩く三毛猫

日本猫のような「短毛種」に該当する猫は、運動量は比較的多いといわれています。1日の必要運動量は大体20~30分ですので、もし、日本猫を室内飼いしている御家庭なら、運動不足にならないような工夫が必要です。

運動量を補うには、猫が楽しめるようにおもちゃ・キャットタワーを用意する

犬であれば駆け回ることを考慮して、広いスペースを用意する必要がありますが、猫は駆け回る以外にも高い所によじ登ったりすることができますので、キャットタワー・キャットウォークを設置してあげた方が喜ぶでしょう。

気が向いた時にいつでも登ったり、高い所を歩いて移動ができますので、運動不足にはなりにくいといえます。さらに、おもちゃを用意してあげるとコロコロを遊びますし、飼い主も一緒に遊べますから、日本猫がストレスを溜めにくい環境作りができます。

日本猫を飼う方法

人に甘える

日本猫という呼び名は結構よく聞く表現ですが、実際は「日本猫」という血統が存在しませんので、ペットショップ・ブリーダーでの取扱いはほぼありません。そのため、日本猫を手に入れたいなら保護猫を飼う、保健所・里親制度を利用する、野良猫を飼い猫にする、のいずれから選択する形となります。

保健所だと一時的に保護はしてもらえますが、一定期間を超えると悲しい結末が待っており、尊い命が消えることになってしまいます。猫の飼育に興味を持った一人一人がこのような制度を利用することで、救われる命があります。日本猫に興味を持った際には、是非こういった制度にも関心を持ってもらいたいと思います。

日本猫を飼ったときに気を付けること

猫はとても繊細な一面があるため、慣れない環境というだけでストレスを溜める要因となります。可愛くて構いたい気持ちは分かりますが、子猫の心境を察して慣れるまでは黙って様子を見てあげましょう。また、まだ母猫の介助が必要な子猫の場合は、排泄が上手くできない可能性があります。そういった場合は、少し湿らせたティッシュペーパーか綿棒でお尻の部分を刺激します。

続けていると排泄しますので、優しく拭いてあげます。自力で排泄ができるようになったら、次はトイレのしつけを始めます。猫が起きた直後などはトイレを教えやすいときですので、トイレに連れていき排泄させます。次の排泄時にトイレが分かりやすいように、シートなどの臭いが浸み込んだものをそのままトイレの中に置きましょう。

まとめ

頭を撫でられる猫

最初、猫が慣れるまでは自分の指の匂いを猫に嗅がせたりして、慣れさせることが肝腎です。慣れてきたときに撫でてあげたら、猫は母猫に優しくされたことを思い出して安心するといわれています。また、自由気ままな性格をしていますが、挨拶は大切な交流ですので毎日行いましょう。そういった積み重ねが、家族になるためには大切といえます。

スポンサーリンク

人気のキーワード