猫の黄疸は怖い病気の前触れ!原因を知って早期発見に繋げよう!

猫の黄疸は怖い病気の前触れ!原因を知って早期発見に繋げよう!

猫の黄疸は、白眼が黄色い、尿がやたらと黄色い、口の中が黄色い、などの症状が出ることです。猫の黄疸は様々な病気が原因となっていて、中には命に関わる重大な病気が隠れていることがあります。この記事では猫に黄疸がみられたときに考えられる病気について解説していきます。

488view

目次
猫の黄疸の症状
猫の黄疸が起きる病気
猫の黄疸による病気を早期発見するために
猫の黄疸に関するまとめ

猫の黄疸の症状

目をつむる猫

猫の黄疸は、胆汁中のリビルビンという色素が、皮膚や粘膜、血液を黄色く変色させてしまう症状です。主に肝臓や胆嚢の病気により、引き起こされます。黄疸の程度は、見てすぐ分かる症状から検査をしてようやく分かるものまで、様々です。尿や白眼、皮膚が黄色くなるのは、比較的分かりやすい症状です。

猫の黄疸が起きる病気

丸まる猫

猫の黄疸が起きる病気には、どのようなものがあるでしょうか?

  • 溶血性貧血
  • 肝リピドーシス(脂肪肝)
  • 胆嚢障害
  • 胆管肝炎症候群
  • 急性肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 膵炎

溶血性貧血

溶血性貧血は、血液中の赤血球が何かしらの原因により破壊され、酸素が全身に行き渡らなくなる病気です。白眼や口の粘膜が黄疸になります。原因は遺伝や外傷、免疫の異常などです。受診しての治療が必要となります。

肝リピドーシス(脂肪肝)

猫特有の病気で、御飯を食べないと体にエネルギーを送るため、肝臓に脂肪を蓄積しますが、それが過剰になってしまった状態です。急激なダイエットを行うとなりやすいので、注意が必要です。

白眼や口内、皮膚などに黄疸がでますし、食欲不振になりますから、愛猫の様子を良くみておきましょう。命に関わる病気ですので、疑われる場合は早めに受診しましょう。

胆嚢障害

肝臓から受け取った胆汁を濃縮して、十二指腸内に放出する役割をしている胆嚢。それを取り囲む組織に異常が出た場合、胆嚢障害が起こります。これは、胆嚢管が詰まるるか結石などが原因となっています。黄疸の他に食欲不振や嘔吐なども併発します。

胆管肝炎症候群

密接な関係にある胆管と肝臓が炎症を起こした病気を、胆管肝炎症候群、と言います。化膿性と非化膿性の2種類があり、化膿性の場合は細菌感染が原因で起こります。

非化膿性の場合は胆石や胆嚢障害など、他の臓器で起きた病気により発症します。先に御紹介した肝リピドーシスに発展する場合もありますので、黄疸の症状が出た時は、早めに受診しましょう。

急性肝炎

細菌感染や薬剤の投与によって、急激に肝臓に炎症が起きた状態です。肝臓は解毒やビタミンやタンパク質の合成など、実に数百もの役割を担っています。

そこが炎症に侵される、ということは、体に様々な異常が起きてきます。黄疸の他にも下痢や嘔吐、元気がなくなるなど、いつもと愛猫の様子が違うようでしたら受診しましょう。

慢性肝炎

急性肝炎を起こした感染症や中毒により、肝臓の炎症が継続的に起こることで、正常な機能が失われていく病気です。肝臓が不調になると、胆嚢や消化器、泌尿器など他の器官も働きが悪くなっていきます。黄疸の他にも、食欲不振や腹水、体重の減少などが見られます。

肝硬変

慢性肝炎の繰り返しなどで腺維組織が増え、肝臓が固くなる病気です。肝臓の正常な働きが阻害されてしまいますので、黄疸や腹水、痩せるなどの症状が現れます。一度肝臓が肝硬変を起こすと元に戻ることはありませんので、充分な注意が必要です。

膵炎

膵臓は血糖値のコントロールや消化を担っています。膵臓内は通常、保護カバーにより保護されていますがそれが破れてしまい、強力な消化酵素により膵臓の細胞が消化されて炎症が起きた状態が、膵炎です。

遺伝や感染症などで起こります。突然起きる急性膵炎と、継続して長期間起こる、慢性膵炎があります。7歳頃とシャム猫に多いと言われています。

猫の黄疸による病気を早期発見するために

診察を受ける猫

猫の黄疸が出る病気をお伝えしてきましたが、実は肝臓や胆嚢の病気は、初期段階では余り症状がでないことがあります。健康だと思っていたら、健康診断を受けて初めて病気が分かった、ということもあります。早期発見、早期治療を行うためには、定期的な健康診断が大切です。

猫の黄疸に関するまとめ

ハートのクッションで眠る猫

猫の黄疸が出る病気の中には、命に関わる重大なものもありました。肝臓や胆嚢など、内臓の中でも重要な役割を果たしている器官に多い病気ですから、なるべく早く、気づきたいものです。

日頃から愛猫の様子には、十分に気を配ることが、大切です!

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード