ラガマフィンの特徴や性格について

ラガマフィンの特徴や性格について

ラガマフィンは、実はラグドールの親戚です。2つの猫種は姿形が似ており、一見するとどこが違うのか、分からない部分もあります。ですから猫血統登録機関では、差異がはっきりしないため、猫種として認めていないところもあります。そんなラガマフィンの歴史から性格、お手入れ方法まで詳しく御紹介していきます。

730view

ラガマフィンとは

紫背景のラガマフィン

ラガマフィンは比較的新しい猫種です。元々は、アンベーカーというブリーダーがラグドールを作出したのですが、他のブリーダー達は新しい毛色を作り出したり遺伝子の幅を広げたりしたいと考え、ラガマフィンという猫種を作りました。

と言うのも、アンベーカーは非常に厳しくラグドールの血統を管理していたからです。どうもお金の絡んだ事情があったらしく、その儲け主義のやり方に嫌気のさしたブリーダー達が、ラガマフィンを作り上げたのです。

今では猫種として登録している機関も多いですが、最大級の登録機関であるTICAにはまだ、登録されていません。ラガマフィンに、罪はないのですけどね。

ラガマフィンの体の特徴

寝そべるラガマフィン

ラガマフィンはまるでテディベアのようにふわふわの被毛を持っています。瞳の色や被毛の色、パターンも豊富です。

ラグドールとの違い

ラガマフィンとラグドールは、その顔を見ることで違いを見つけられます。目の形がクルミ形になっているのがラガマフィンです。一方ラグドールは、目の形がオーバル型です。わずかな差ですし個体差があるので、素人が見分けるのは至難のワザかもしれません。

オスはがっしり

頭は丸く見えますが、くさび型をしています。短くかっしりとした首は、特にオスに出やすい特徴です。しっかりとした顎は、気難しい将軍のように見える、と噂されています。体は筋肉質で重く、成猫は4.5kg〜7kg程度になります。中型の猫種ですね。成長がゆっくりなので、成猫になるのに4年ほど掛かります。

被毛はもっふもふ

長めのふわふわな被毛はまるでウサギのよう・・・手触りはシルキーなので、撫でるのが楽しみになりそうです!首周りや耳、脚の被毛のふわふわ感も特徴的です。

色や柄のパターンはいろいろあります。尻尾もふわっふわのもっふもふなので、ボトルブラシのよう、と形容されることも。もうちょっと良いたとえはなかったのだろうか、と疑問に思いつつも、次に行きましょう!

ラガマフィンの性格

目を細めるラガマフィン

ラガマフィンは、どんな性格をしているのでしょうか?飽くまでも傾向ですので、個体差がある場合があります!

子犬のよう!?

素直で人懐っこい性格は、子犬のようだ、と言われています。子猫ではなく「子犬」、というところがポイントですね。本当に犬のように投げたおもちゃを取ってくる遊びも大好きです。また、芸を覚える、リードを付けてお散歩や、トレーニングをすればできるようになるとか。来客も温かく迎えてくれ、帰宅時のお出迎えもしてくれる、そんな可愛らしい性格の猫です。

抱っこ好き

抱っこされるのが好き、と言われるラグドールの特徴は、そのまま引き継いでいるようです。やはり抱っこされるとダランと力を抜いてリラックス・・・。猫らしくない特徴ですが、やはり個体差はあるようです。実際に飼うときは、抱っこできる子かどうかを、試してからにした方が良さそうです。

賢い!

ラガマフィンは賢いので、ツメを立てるのはおもちゃやツメ研ぎに限定できるようです。家具やソファなど、飼い主さんが困るものには、ガリガリしないようですよ!なんてお利口さんなのでしょう♪

ですからもちろん、人にツメを立てるなんてことも、めったにありません。だからと言って調子に乗ってラガマフィンが嫌がることをし続けると、さすがにガリッとやられるかもしれません。御注意を!

寂しがり屋・・・

寂しがり屋な面があり、誰かが構ってくれないとすねてしまうかも。毎日長時間、1匹で留守番をさせるのは、避けた方が良いでしょう。どうしても仕事などで仕方のないときは、多頭飼いや他のペットと一緒にいさせるのが、良いかもしれません。愛猫の性格をみて、考えてあげましょう。

子供や他の動物との相性バッチリ!

前述したように賢くて温かい心のラガマフィンですから、子供や他の動物と一緒に住むのは問題ありません!子供が乱暴に抱っこしても、恐らく文句は言わないでしょう。

ただ、十分に子供にラガマフィンの扱い方を教えることは大切です。他の動物と会わせるときにはゆっくりと、様子を見ながら慣れさせていくとスムーズでしょう。猫や犬はもちろん、鳥やモルモット、トカゲもOKだそうです。ただ、十分に注意しながら、距離を近づけていきましょう。

ラガマフィンの病気

クリスマスのラガマフィン

特に掛かりやすい病気はありませんが、親猫に何かの病気があると、遺伝する可能性もあります。ブリーダーに確認しておきましょう。食べさせ過ぎによる肥満には注意です。体は大きいですが、肥満にさせるのは良くありません。

ラガマフィンのお手入れ・ケア

ラガマフィンと餌

ふわふわの被毛を美しく保つため、ブラッシングやコーミングはマメに行ってください。抜け毛を取り除き、毛玉などを防ぐことができます。歯磨きや耳掃除、トイレ掃除、爪切りなども定期的に行いましょう。

ラガマフィンの入手方法

ラガマフィン

ラガマフィンを迎えたいときは、ペットショップやブリーダーで購入することができます。価格は販売しているところによりますが、大体20万円〜30万円が相場のようです。親猫がキャットショーのチャンピオン猫だと、価格は多少上がります。

里親募集もたまに出ているようですので、調べてみても良いでしょう。その場合は子猫ではなく、成猫の可能性もあります。そこまで件数は多くないようですので、募集情報を見つけたら即、問合せをした方が良いかもしれません。

まとめ

タオルの上のラガマフィン

ふわふわな外見と優しくて賢い性格があいまっているラガマフィンはとても魅力的です。毛色や柄も豊富で、見ているだけでも楽しい猫種です!一緒に暮らしたら、癒やしの日々が、待っていそうです。

20代 女性 まかろん

ラグドールとラガマフィン似ていますね。なんか猫種として登録されていなくてもラガマフィンが可愛いので別として、お金の絡んだ事情があり結果ラガマフィンが誕生したのは喜んで良いのかどうなのかって感じですね。
ほんとうにラガマフィンには罪はないですし、猫が好きな人からすれば人間の勝手な都合で!と少し悲しくなりますね。その結果ラガマフィンが誕生したんですけども。
ラグドールとラガマフィンの見分け方については自信がありませんが、もふもふの毛や抱っこが好きとされる性格なんかは猫にしてはめずらしいと思うので、嬉しいですよね。
子犬のようでもあり、賢いとの事ですし子供や他のペットなどとも相性が良いのは多頭飼いをしたい方や既にわんちゃんなどを飼っている方には向いていると思います。その子その子によるので中には多頭飼いがストレスになる子もいるかもしれませんが、フレンドリーな子が多いと思います。
さみしがり屋な面もあるそうですので、あまり留守番時間が長かったり構ってあげる時間の取らない方には不向きかもしれませんね。
猫の場合、犬と違って留守番が得意と考えてる人も多く(犬より楽だしと飼う人もいるんですよ〜)部屋を快適な温度にしご飯とお水さえ置いておけば長時間の留守番も大丈夫!なんて言ってる方もいますから、そう言った人には飼って欲しくないなぁと思ってしまいます。

長毛種なのと毛並みを保つために適度にブラッシングやシャンプーは必須ですが、ブラッシングは猫ちゃんとのスキンシップの大事な時間になりますし、人が好きなラガマフィンには構ってもらえるので良い時間かもしれません♪
猫種によるかかりやすい病気もあまりないようですし、癖も強くなく飼いやすいと言える猫ちゃんだと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード