猫が傷を負うのはどんな時?もし傷があったら、どうしたら良い?

猫が傷を負うのはどんな時?もし傷があったら、どうしたら良い?

あれ?愛猫の体に傷が・・・ドコで付けたんだろう?家の中でかな?それとも、出かけた時かな?このような事態になった場合、どう対処したら良いのでしょうか?動物病院に連れていくべきなのか、それとも様子見で良いのか・・・。場合によっては、出血などを伴っていることもあるでしょう。猫が傷を負った時の対処法などについて、お伝えしていきます。

196view

猫の傷について

体に包帯を巻かれている黒猫

猫が傷を負う原因のほとんどが、ケンカをした場合です。繁殖期などでオス同士が、メスの取り合いをして喧嘩になり怪我をする場合が多く、普段はなるべくケンカを避けるように行動している猫ですが、運悪く鉢合わせてしまい、縄張り争いで喧嘩になる場合もあります。

強気な猫は正々堂々正面から向かいますので、顔付近に傷を負うことが多いです。弱気な子は逃げようとして後ろから攻撃され、お尻付近に傷を負う可能性が高くなります。喧嘩による噛み傷や引っかき傷は、猫エイズや猫白血病などの感染原因となることもありますので、ワクチン接種をしていない場合は、特に注意が必要です。

又は交通事故に遭い、怪我をしてしまう場合も。そのような時はフラフラしていたり、ショックを受けていたりする場合もあります。あまりに強い衝撃を受けた場合はケガだけでなく、内臓の損傷も心配です。

一言で傷と言っても、浅いものから深いもの、出血を伴うものや膿んでいるものまで様々です。傷によっての対処法をチェックしましょう。

まずは消毒を!

救急箱と猫

愛猫の体に傷を見つけたら、まずは水で優しく洗い流しましょう。それにより細菌感染の予防になります。水を嫌がる猫は多いので、紙コップなどにくんだ水で、洗い流すようにします。

どうしても嫌がる場合は、洗濯ネットにいれるか、バスタオルなどで愛猫を包んでみると大人しくなる事もあります。水が流れる先には、洗面器やバスタオルなどを置いておくと床がべちゃべちゃになりません。

汚れや石などが付いていたら綺麗にすると共に、傷口の様子も観察し、どんな傷か、傷は何箇所か、出血はあるのかなどをチェックしていきます。傷の種類が分かったら、次に記載する傷の種類別対処法を使って、対処していきます。

傷の種類による対処法

獣医に顔を見られている茶色の猫

傷の種類によって対処法が違いますので、種類別にみていきましょう!

出血や腫れのない傷

傷ができていても、出血や腫れが見られない場合は様子をみても良いでしょう。ただし、傷ができてから数日して腫れてきたり、化膿したりすることも良くあります。

傷の経過観察を行い、異変に気づいたらすぐに受診するようにします。なお、出血などのない傷でも足を引きずるなど普段と動きが違っていた場合も受診しましょう。

出血のある傷

出血のある傷の場合、洗った後にまず止血を試みましょう。清潔なガーゼやタオルなどで抑えます。しばらく抑えても出血が止まらなければ動物病院へ連れていきます。どうしてもすぐに受診できない場合は、応急処置として小麦粉を使うと血液の水分で固まり、止血を助けてくれます。

ガーゼなどで抑えて出血が止まるようなら様子を見ます。数日間は腫れや膿(うみ)などが出ないかを、マメにチェックしてあげてください。傷口が悪化しているようなら、すぐに受診しましょう。

腫れや膿がある傷

傷口から細菌が侵入すると、腫れや膿が出てくることがあります。猫はなぜか、傷が腫れやすく膿みやすい動物です。膿が体内に溜まると具合が悪くなっていきます。傷が破けて膿が外に出て、悪臭を放つこともあります。

放っておくと、どんどん悪化する一方ですので、早めに動物病院にて治療して貰いましょう。ひどい時には手術をして膿を出すこともありますし、抗生物質の投与を行う場合が多いので、愛猫に薬を飲ませる必要も出てきます。

交通事故の傷

交通事故で傷を負った場合は、内臓の損傷の可能性も考えなければいけません。愛猫が傷を負った原因が交通事故なのか何なのかは、その場にいない限り推測するしかありませんが、交通事故の場合は全身が負傷していることが多いのですぐに病院で検査して貰います。

エリザベスカラーが重要なポイント

エリザベスカラーを付ける猫

猫は傷を負うと、自分で舐めてしまいます。それで治れば良いのですが、逆に傷を広げてしまう可能性が高いです。ですから、傷をしっかりと治すには、「エリザベスカラー」が必須アイテムとなります。

病院でも付けてくれますが、プラスチック製が多い為、愛猫にはストレスがかかりやすいため市販されている、柔らかい素材のエリザベスカラーを用意しておくと、いざという時に便利です。

また、子供用シャンプーハットでも代用できます。シャンプーハットは100円ショップなどで安価に購入できますので、購入しておくと、良いですね!

愛猫の傷を防ぐ為に・・・

窓の外を見つめる猫

近年では猫は家の外に出さない、「完全室内飼い」が推奨されています。囚人(猫?)のようで可哀想、という意見もありますが、外に出す方が、猫にとっては悲惨な結果となる場合も多いのです。ケンカや交通事故、更に感染症等は、猫が家の外に出なければ防げます。

ずっと野良猫だった子を保護した、という場合は完全室内飼いにするのが難しいこともありますが、なるべく出さないようにする方が猫にとっては安全です。

もしどうしても外に出さなければいけない場合は、感染症やノミ・ダニ・寄生虫などを防ぐため、ワクチン接種や駆虫剤などは必須となります。

まとめ

寝ている2匹の猫

愛猫の傷は、なるべく防ぎたいですね。その為に、飼い主が出来ることはあります。愛猫の健康を保ち安心安全に暮らせるよう、心がけていきましょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード