猫が家出する理由と対策について

猫が家出する理由と対策について

お家の猫が突然家出してしまったら…。なぜ?どうして?室内飼いの猫ちゃんたちの気持ちになって考えてみましょう。ここでは、お家を飛び出した猫ちゃんたちの習性やその他考えられる理由、リスクや対策についてお話します。

395view

猫が家出する時の気持ちとは

外を歩く猫

猫が家出をする理由についてまとめてみました。

居心地が悪い。

猫は非常に繊細でデリケートなのです。食事やトイレ、ベッドやお気に入りのグッズまで、こだわりがあり、変化を好みません。そして、突然の環境の変化にストレスを感じます。

引っ越しを始めとして、新しい猫が加わったとか。複数飼いで猫同士の相性が悪い…。また、お気に入りの場所を奪われた・・・等もその類です。突然驚くようなことがあった、恐怖を感じることがあった等、些細な事柄でも気分を害してしまうことがあります。

猫だって同じ屋根の下で暮らしているのであれば家族同様です。「こんなお家は嫌だ‼」とは思われたくないですね。人間目線だけで物事を見ずに、猫ちゃんの立場になって考えてあげることも必要ですね。

迷子になった

家の中で過ごすことの多い猫ちゃんたちにとっては外の世界はとっても魅力的。興味を持つのも当然です。ちょっとした隙に外に出たものの、迷子になり帰れなくなることもあります。猫にとって匂いは自分のテリトリーを示すもの。道標なのです。

ふだん歩き回ることのない外の世界では、自分の匂いはついていません。楽しくて走り回ってはみたものの、ふと気が付くと「あれ?お家はどこだっけ?」とウロウロし始める子たちが多いのです。

発情期

言わずもがな、発情期の到来です。去勢していない雄猫さんたちは発情期を迎えます。パートナーを探したいのです。窓際で変な声で鳴いているときは注意してくださいね。

外で暮らしていた経験がある

子猫のときに保護されていたとしても、一度でも外で暮らした経験のある猫はどうしても外に出たがります。そのため、ふだんは家の中だけで生活をしていても、飼い主さんが油断したそのすきに隙に外へ出てしまった経験のある猫は注意が必要といえます。

猫が家出をするリスク

道路でくつろぐ猫

では、猫が家出をすることによって起こるリスクとは何でしょうか?

ノミやダニ

家出の代償としてノミやダニがついてきた。よくある話ですね。草むらに入ったり、野良猫などとの接触したり、ノミやダニを身体につけて帰ってくる可能性は高いと思った方がよいでしょう。

強い痒みを伴うなど、免疫力が低下している猫ちゃんにとっては命に係わる場合もあるのです。もし、全身を搔きむしっていたり、いつもと違った行動をしている時には獣医さんに診てもらうのが良いでしょう。
   

他の野良猫との喧嘩やケガ

外の野良猫たちからしてみれば、家出猫は縄張りに踏み込んできた新参者。中には歓迎しない猫もいるでしょう。状況によっては命も落としかねません。

感染症

外に出れば、当然他の猫との接触も避けることはできません。様々な命に関わるような病気への感染リスクがあがることになります。

事故

室内で飼われている猫にとって、外は未知なる世界。一番の危険は交通事故です。猫は驚くと体が硬直状態になります。身体の動きが止まり事故に遭ってしまうのです。外に出るということは交通事故の危険と紙一重なのです。

猫の家出対策

ドアから出る猫

猫の家出を防ぐために、できることをまとめてみました。

  • 家の中でも猫が運動できるようキャットタワーを設置するなどの工夫をしましょう
  • キャットトイレはこまめに掃除してあげましょう。
  • アロマオイルやアロマキャンドルなどは極力使用しない方が良いでしょう。(ティートゥリーなどは中毒症状を起こすといった事例があります)
  • お部屋の温度は25℃前後が良いとされています。
  • 家の戸締まりはしっかりとしましょう。
  • 猫との適度なスキンシップをとるようにしましょう
  • 交配や出産の予定がない猫は、早めに去勢避妊手術を行いましょう

まとめ

猫をなでる女性

長く暮らしていればいろいろな問題が起こります。重要なのは日々の危機管理と迅速な対応なのです。時には猫ちゃんの目線に合わせ、しっかりと信頼関係を築きながら、いつまでも楽しく穏やかに暮らしていきたいものですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード