ロシアンブルーの性格は凶暴なの?特徴を徹底検証

ロシアンブルーの性格は凶暴なの?特徴を徹底検証

ロシアンブルーの性格が凶暴だとネットで話題になっていますが、本当なのでしょうか?実際の飼い主さんから聞くと、うちのロシアンブルーの性格は凶暴ではないと答える人や、凶暴だと答える人も。ここではロシアンブルーの性格が凶暴であるという噂は本当なのか、どんな時にロシアンブルーの性格が凶暴になってしまうのかを徹底検証してみました。

342view

目次
ロシアンブルーの性格は凶暴?
ロシアンブルーの性格が凶暴になる時
ロシアンブルーの性格が凶暴化した時の危険性
ロシアンブルーの性格が凶暴になった時は
まとめ

ロシアンブルーの性格は凶暴?

座っているロシアンブルーの顔

ロシアンブルーはその名の通り、ロシアが原産国でブルーの被毛が特徴の、日本でも人気の猫です。被毛はブルー、瞳はエメラルドグリーンで大変エキゾチックな雰囲気を醸し出しており、根本的には穏やかな性質を持っています。

しかし、警戒心が強いところがあり、その性格が露わになってしまった時に、性格が凶暴になってしまう場合があります。また、独立心が強い性質なので、放っておいても一人で遊び、手が掛からないのですが、それに甘んじて、あまりにもほったらかしの飼育をしていると、いつしかストレスによって性格が凶暴化してしまう可能性があります。

ロシアンブルーの性格は、おとなしくて頭も良いので、飼い主さんの言う事をよく聞いてくれる猫なのですが、ストレスが溜まってしまったり、ロシアンブルーの周囲に変化を感じ取った時などに、性格が凶暴になってしまう事があるようです。

ロシアンブルーの性格が凶暴になる時

片手をあげているロシアンブルー

ロシアンブルーはそのいで立ちが優雅で、高級感のある猫です。女性からも男性からも人気がある品種ですが、色々な人に媚びを売る性格ではないので、知らない人に対してとても警戒心を見せる時があります。

ロシアンブルーの性格が凶暴と言っている人の中には、お邪魔した先のお宅にロシアンブルーが飼われていて、その猫から威嚇されたから、という人も多いのではないでしょうか。

また、環境の変化がとても苦手で、それがストレスになって性格が凶暴化してしまう時があります。部屋の模様替えをしたり、いつも置いてあった場所にベッドが無くなっている、来客で家が騒がしくなっているなど、「いつもと違う環境」に、ストレスを強く感じる猫です。

ロシアンブルーは、最初から性格が凶暴な場合もあります。過去に人間から暴力を受けている場合などは、凶暴性が強くなっている可能性が高いです。里親としてロシアンブルーを引き取って、性格が凶暴だと感じるようであれば、虐待されていたかもしれないと疑った方が良いでしょう。

また、ペットショップやブリーダーから粗雑に扱われていた場合や、社会性が培われていないうちに親猫から離されている場合などにも、ロシアンブルーの性格は凶暴になりやすいです。

ロシアンブルーの性格が凶暴化した時の危険性

ひっかき傷のある手

ロシアンブルーの性格が何らかの原因で凶暴化してしまう時、一体どんな行動を起こすようになるのでしょうか。ロシアンブルーは警戒心が強く、ちょっとでも嫌なことをされたと感じると、飼い主さんに対しても凶暴な性格を見せることがあります。

  • 「シャー」「カッ」などの声を出して威嚇してくる
  • 爪をむき出しにして噛み付いてくる
  • 猫パンチを繰り出してくる

これらが、ロシアンブルーの性格が凶暴化した時に見せる行動です。この中で最も恐ろしいのが、威嚇で終わらずにそのまま噛み付いたり、引っかいてきたりする場合で、ケガをしてしまう事もあります。

猫から噛み付かれたり引っかかれたりした場合、傷口がなかなか治りづらく、傷跡が消えづらいという特徴があります。また、菌に感染してしまう場合が稀にあり、リンパ腺が腫れてしまうなどの症状が出てしまうことがあるので、免疫力が低下している時などには、たかが引っかき傷と思わずに注意が必要です。

ロシアンブルーの性格が凶暴になった時は

手に噛みついているロシアンブルー

ロシアンブルーの性格は凶暴な一面がありますが、強いストレスがかかったり、見知らぬ人が現れない限りは穏やかな猫です。でも、日常でその状態をいつも保つというのは、かなり困難な事ですよね。そこで、もしも突然ロシアンブルーの性格が凶暴化してしまった場合の、対処方法をお教えします。

まず、噛み付いてくるような場合には、手をパンと大きな音を出して叩きます。ロシアンブルーがこちらに危害を加えてくるような、凶暴な性格を出してくるようであれば、それはしつけの一環として止めさせなければいけません。

手を叩いて驚かせる、または霧吹きなどで水を体にかけるのも効果的です。猫は体が濡れるのをとても嫌がる性質です。噛み付いたり引っかいたりしたときに、ロシアンブルーが嫌な思いをする事で、そのような行動を起こしづらくさせる事ができます。

ロシアンブルーの性格が凶暴化したからと言って、体罰を与えたり、大きな声で叱ったりするのはやめましょう。凶暴化している間は、我を忘れてしまっている場合もあるので、体罰などは怒りを増長させて、火に油を注ぐ事になり兼ねません。飼主さんは冷静な気持ちで対処する事が重要です。

まとめ

眠っている二匹のロシアンブルー

ロシアンブルーの性格は凶暴だと言われていますが、凶暴になってしまうのには、ロシアンブルーの性格ならではの特徴が原因となっているようです。元々は大人しく、穏やかな性格なのですが、警戒心がとても強いので、環境が変化する事でストレスを感じて凶暴化してしまう場合があります。

また、適度に遊んでストレス解消をしてやらないと、これはロシアンブルーに限った事ではなく、猫全般に言えますが、性格が凶暴化してしまう事があります。ロシアンブルーの性格をよく理解した上で、凶暴化してしまった時にはケガに気を付けて、冷静になって対処しましょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード