猫が香箱座りをする理由と意外な真実

猫が香箱座りをする理由と意外な真実

猫の香箱座りとは、両前足を内側に畳んでいるようにしていたり、組んでいたりして、全体的に丸っこくなっている姿のことです。愛猫をふと見ると、手足が見えなくなっていたというコトはありませんか?あの何とも不思議で可愛い猫の姿が香箱座りなのです。この記事では猫が香箱座りをする理由について解説していきます。

1984view

猫の香箱座りとは

茣蓙の上で香箱座りをする猫

猫の香箱座りは、香木などの香料を入れておく「香箱」に形が似ていることから名付けられた、と言われています。愛猫家にはおなじみの姿ですが、独特のフォルムがにゃんとも言えず、可愛らしいですよね。香箱座りと呼ばれ始めたのは、ネット上で様々な情報が発信され始めてから、と言われていますが、それにしてもレトロな呼び名ですよね!ちなみに英語では、一塊のパン(loaf)に似ていることから、”cat loaf”と呼ばれています。

猫が香箱座りをする理由とは

香箱座りで眠る猫

猫は様々な場面で様々な姿勢を取りますが、香箱座りをするのは、どんなときなのでしょうか?

リラックス中

一般的に言われているのは、リラックスをしているときだ、ということです。外敵もいず、猫にとっての脅威がないときに、香箱座りをするというのです。香箱座りは前足を折り畳んでいるので、ふいのハプニングがあっても急に立ち上がれない姿勢の為、リラックスしているときなのではないか、と考えられています。もし緊張状態にあれば、何かあったときにすぐ動けるような、例えば前足を前に伸ばしたスフィンクス座りなどの姿勢を取るだろう、と推測されるからです。
ですから、愛猫が飼い主さんの側で香箱座りをしているときは、飼い主さんを信頼していて、全く緊張していない状態だ、とされています。野良猫ではほとんど見られない座り方のようですので、もし見かけた場合はその猫は、相当の大物かもしれません。

完全リラックスではない!?

ですが、逆の意見もあります。確かに前足は折り畳んでいるけれど、後ろ足は隠しながらもしっかりとすぐに踏み込める状態になっている、というのがこの意見の主張です。たとえ香箱座りをしていても、不測の事態があったときには、強靭な後ろ足で地面を蹴り、すぐに立ち上がって対処できるようになっている、というのです。本当のところは猫に聞いてみないと分かりませんが、顔はまったりとしていてリラックス状態でも、万が一のときの保険はしっかりと掛けているのかも、しれませんね。さすがは野生生物です!スキがありません。

香箱座りができない猫

子猫

愛猫の香箱座りに魅了されている飼い主さんが多い一方で、「ウチの子がしているところを見たことがない!!」という悲痛の叫びも聞こえてきます。「ウチはリラックスできない環境なの・・・?」と悲しむ前に、実は、香箱座りができない猫もいるという事実を知っておきましょう!それは子猫だったり、体の大きな猫ちゃんだったりします。香箱座りをしているときは基本的に、じっと動かない状態です。パワーが有り余って好奇心が盛んな子猫では、「香箱座りなんかして、じっとしているヒマはにゃい!」ということがあるようです。

また、体の大きな猫は前足を折り畳むのが難しい場合があるようで、猫によってはリラックスはしているけれども、香箱座りはしない、というよりできない子がいるのです。ですから、愛猫の香箱座りを見たことがない方も、御安心ください。子猫でも体が大きくもない!という場合は、何か他に理由があるのかもしれませんね。愛猫に、聞いてみてくださいね!

「香箱座り」は猫の専売特許ではない

猫と犬

香箱座りは、猫特有の座り方だ、という話もありますが、実はそうでもないようなのです。猫以外にも、香箱座りをしている姿を目撃されている動物は、多数います!それは、犬やうさぎ、トラ、ライオン、アルパカ、ひつじ、ヤギなどです。トラやライオンは体が大きいのでしない、とされてきましたが、ネット上を検索すると、香箱座りをしている写真を見ることができます。うさぎやアルパカは元々体つきが丸っこいので、香箱座りをしているとよりまん丸さが強調され、思わずぎゅ〜っとしたくなってしまいますね!レアな所では、ひつじとヤギです。もし写真が合成されていたらガセネタとなってしまいますが、そうでない限り、香箱座りをしている姿が、激写されています。

まとめ

香箱座りをする3匹の猫

様々な姿を見せてくれる猫は、本当に面白く可愛いですね。「手足はドコにいっちゃったの?」とキュンキュンしながら思わず話しかけてしまう香箱座りは、飼い主を幸せにしてくれる、魔法の座り方です!

スポンサーリンク

人気のキーワード